へーネス「カーンは2006年まで残留する」 | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2004/06/02
へーネス「カーンは2006年まで残留する」

クラブを出たいという意思を明らかにしたサッカードイツ代表GKオリバー・カーンに対して、バイエルン・ミュンヘンは厳しい態度を取っている。「カーンが何か問題を抱えているのなら、まずわれわれと話をし、それからマスコミに言うべきだ」とバイエルンのエグゼクティブ・ディレクター、ウリ・ヘーネスは念を押した。また、へーネスはカーンには2006年までの契約を遵守する義務があるとも付け加えている。
オットマー・ヒッツフェルトに代わってバイエルンの新監督となったフェリックス・マガトは、34歳のカーンは来季のチーム構想に含まれていると語っている。
一方、マンチェスター・ユナイテッドも彼に興味を持っているようだ。カーンはマスコミに対して、国外のクラブへ移籍することになれば彼にとっては「刺激的な新しい挑戦」になるだろうと話していた。
<A HREF=”http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/headlines/20040602-00000013-spnavi-spo.html” TARGET=”_blank”>スポナビ</A>