リーグ終了 | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2004/05/23
リーグ終了

フライブルクをホームに迎えたバイエルンは、半年ぶりにスタメン入りしたダイスラーの第10節以来のゴールなどで2対0と快勝し、シーズンを締めくくった。リーグ優勝4回、CL優勝1回という栄光を築き、今季限りでの退団が決まっているヒッツフェルト監督は、「今日はゲームを支配し、やるべきことができた。振り返ると、バイエルンでは素晴らしい時間を過ごすことができた」とコメント。セレモニーで花束を受け取って、満員のサポーターからスタンディング・オベーションが起こったときにはうっすらと涙を浮かべていたという。なお、リーグ戦最後の2試合に出場し、代表復帰が期待されているダイスラーだが、EURO2004メンバー入りについては「絶対にないよ。(代表の)フェラー監督にも選ばないと言われたからね」ときっぱり否定している。
これでブンデスリーガは今季日程をすべて終了。優勝がブレーメン、2位バイエルン、3位レヴァークーゼンという結果になり、この3チームがCLへ。4位シュトゥットガルトと5位ボーフム、そしてドイツカップ決勝進出のアーヘンがUEFAカップへ出場する。下位では、ケルン、フランクフルト、1860ミュンヘンの古豪3チームが2部へ降格することになった。
<A HREF=”http://sports.yahoo.co.jp/soccer/headlines/ism/20040523/spo/13150200_ism_00000050.html” TARGET=”_blank”>Yahoo!</A>