人事プラン、バイエルンが必要とするのは、「フレッシュなブラッド」 | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2004/05/11
人事プラン、バイエルンが必要とするのは、「フレッシュなブラッド」

来シーズン、FCバイエルンのメンバーに変更があることは間違いないようだ。ヴェルダー・ブレーメンとのトップ争いに敗れ、今年のバイエルン、タイトル無しでシーズンを終える。
「2位は、バイエルンの目標ではありません。」と土曜日、オットマール・ヒッツフェルト監督。だがその低すぎる2位こそが、少なくともチャンピオンズ・リーグ直接出場権となるのだ。チームにとって、「Koigsklasse(王様クラス)」への出場は、経済的に重要であり、選手トランスファーを有利にする。
フレッシュな選手が必要なことは、今シーズンを見れば明らかだろう。「各ポジションに、助っ人が必要です。フレッシュなブラッドが必要なんです。」と惨敗に終わった対ブレーメン戦の後に、オットマール・ヒッツフェルト監督は、語った。
<A HREF=”http://www.fcbayern.t-online.de/jp/club/archive/news/13760.php?fcb_sid=32beffd220af676d90315db6783b4a01″ TARGET=”_blank”>Official Site</A>



新加入のプレーヤーに課される課題は明らかだろう。「チームの要であり、チーム全体を引っ張っていけるだけのリーダーシップを持った人材が必要です。」と監督。
この期待に添えそうな選手の一人が、トルステン・フリングスだ。FCバイエルンとしては、欲しい人材だ。フリングス自身もミュンヘンへの移籍を希望している。だが、ボリシア・ドルトムントも手放したくないのだ。「交渉するにはボリシア・ドルトムントが、その意思を表明してくれないとできることでは有りませんが、現在のところその意志は無いようです。」とウリ・ホーネス氏、先日インタビューに答えていた。
だが、FCバイエルン、このドイツ代表選手にのみ注目しているわけではない。監督、「ヨーロッパ中で交渉しています。」とは、明かしてくれたものの、もちろん名前までは、明らかにしてはくれなかった。
選手をミュンヘンに呼ぶに当たって問題があるとは、監督、思っていないようだ。「FCバイエルンが、魅力的なチームであることは今でも代わりません。」適材適所のプレーヤーを手に入れ、来シーズンは、最高の結果を上げてくれるに違いない。

  • Category

  • キーワードで選ぶ

  • 検索はここから

    月別リスト