ブレーメンがバイエルンを下し優勝 | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2004/05/10
ブレーメンがバイエルンを下し優勝

ドイツ・ブンデスリーガ、ベルダー・ブレーメンがクラブ史上4度目の優勝タイトルを獲得した。敵地ミュンヘンに遠征したブレーメンは、バイエルン・ミュンヘンを3-1(前半3-0)で下して、優勝を決めた。
マイスターシャーレ(優勝皿)は、来週土曜日にホームで行われるレバークーゼン戦の際に授与されることになっている。
試合終了後、優勝の喜びに沸き返るブレーメンとは対照的に、今季を無冠で終えたバイエルンは重苦しい雰囲気に包まれた。だが、ホームのバイエルンはフェアな敗者だった。すでに68分にはオリンピアシュタディオンの掲示板に「ブレーメン、本当におめでとう」の文字が躍った。
今回の優勝は、トーマス・シャーフ監督のキャリアの中で、1999年のDFB杯優勝と並ぶビッグタイトルである。ブレーメンは第23節から無敗を続けており、優勝にふさわしい実績を積み重ねてきた。ブレーメンは、5月29日に行われるDFB杯決勝戦で、2部アレマニア・アーヘンと対戦し、今季2冠を目指す。

<A HREF=”http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/headlines/20040509-00000002-spnavi-spo.html” TARGET=”_blank”>スポナビ</A>