サッカー選手長者番付、カーンも結構がんばった | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2004/05/04
サッカー選手長者番付、カーンも結構がんばった

レアル・マドリーのデイビッド・ベッカムは、現在最も多額の収入を稼ぎ出しているサッカー選手である。フランスの週刊誌『フランス・フットボール』の行った試算によれば、ベッカムは2004年中に2240万ユーロ(約29億3440)を稼ぐと見積もられている。
現在28歳のベッカムの収入の内訳は、レアル・マドリーからの給料(640万ユーロ:約8億3840万円)、出場給(10万ユーロ:約1310万円)、広告契約(1140万ユーロ:約14億9340万円)、自伝出版の印税の前払い(300万ユーロ:3億9300万円)、アジアツアーでの収益(150万ユーロ:1億9650万円)となっている。
同誌のランキングによる2番手はロナウドで、3位にはジダンが続く。ロナウドの年収は1650万ユーロ(約21億6150万円)で、ジダンは1400万(約18億3400万円)で、1位から3位までをレアル・マドリーに所属する選手たちが独占。
4位と5位はイタリアのクリスティアン・ビエリ(インテル/1110万ユーロ:約14億5410万円)とアレッサンドロ・デルピエロ(ユベントス/1010万ユーロ:約13億2310万円)。
さらにロナウジーニョ(バルセロナ/1000万ユーロ:約13億1000万円)、ラウル(レアル・マドリー/930万ユーロ:12億1830万円)、マイケル・オーウェン(リバプール/910万ユーロ:約11億9210万円)、オリバー・カーン(バイエルン・ミュンヘン/884万ユーロ:約11億5804万円)、ルイス・フィーゴ(レアル・マドリー/850万ユーロ:約11億1350万円)と続いている。
<A HREF=”http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/headlines/20040504-00000011-spnavi-spo.html” TARGET=”_blank”>スポナビ</A>