ヒッツフェルトの後任はマガト? | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2004/04/30
ヒッツフェルトの後任はマガト?

サッカー選手の移籍ニュースサイト『transfermarkt.de』は、シュツットガルト監督フェリックス・マガトが、2005-06シーズンにバイエルンの監督に就任する予定だと報道した。このニュースが掲載された当日午前中、バイエルンはオットマー・ヒッツフェルトが2005年まで監督ポストに残留すると発表したばかりだった。この記事が本当なら、ヒッツフェルト監督の7年契約が終了した後、マガトがそのポストを継ぐということになる。
フェリックス・マガトはここ数カ月間、ことあるごとにバイエルンの名を口にしてきた。「バイエルン・ミュンヘンが、僕の一番好きなクラブだ」と、現在リーグのライバル、シュツットガルトの監督を務めるマガトは述べている。
マガトは「バイエルンは、ドイツ国内で最も管理の行き届いたクラブだ」として、とりわけフランツ・ベッケンバウアー、ウリ・ヘーネス、カール=ハインツ・ルンメニゲの首脳部トリオを賞賛している。
「昔は自らプレーしていた3人が陣頭指揮をとっている。これはほかのクラブに対する良い見本となるのではないか」
<A HREF=”http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/headlines/20040429-00000020-spnavi-spo.html” TARGET=”_blank”>スポナビ</A>

あわせて読みたい