ダイスラーの担当医が「セバスチャン完治」 | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2004/04/11
ダイスラーの担当医が「セバスチャン完治」

セバスティアン・ダイスラーとFCバイエルンにいいニュースが入ってきた。担当医の話では、セバスティアン・ダイスラー(24)が、うつ病から回復、しかもポルトガルEMにも出場できる可能性が出てきた。
「セバスチャンは、完治しました。彼の治療が成功して、とてもうれしいです。」とマックス・プランク研究所、精神学部部長のFlorian Holsboer氏が、ミュンヘン新聞夕刊のインタビューで語った。ダイスラーは、11月から治療を受けていたが、ブンデスリーグへのカムバックまでもう少しだ。
<A HREF=”http://www.fcbayern.t-online.de/jp/club/archive/news/13485.php?fcb_sid=7d1f60b52646d0a511a26e35a55ad008″ TARGET=”_blank”>Official Site</A>



木曜日の晩、レギオナール・リーグのアマチュア・チームの一員として、キッカーズ・オッフェンバッハ戦でカムバックする。「医学的には、問題なくプレーできます。OKを出しました。」とHolsboer氏、ブンデスリ-グへの復帰も2週間と予想する。「そうですね、4月24日の1860とのダービー戦には、出場するでしょう」
もっと早くカムバックする可能性も出てきた。オットマール・ヒッツフェルト監督は、木曜日:「今日、いい試合をしたら、土曜日にも考慮する必要がある。」と言うことは…シャルケ04戦で、セバスチャンは、少なくともベンチ入りする可能性があるということだ。
Halsboer氏は、「治療中、彼の態度はプロ的でした。」とも語った。そして、再発する可能性は、少ないと見ている。だが、トークショーなどには、出ない方が良いと医師は、警告するものの…「忠告を守って、体力が戻れば、ポルトガルEMも大丈夫です。」とHolsboer氏。