ペナルティーキックの末、6:5カタール・オール・スターズに勝利 | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2004/04/07
ペナルティーキックの末、6:5カタール・オール・スターズに勝利

FCバイエルン、カタールのドーハから、勝利を手にミュンヘンに戻って来た。火曜日の晩、オットマール・ヒッツフェルト監督率いるチームは、1部リーグ(Qリーグ)のオールスター・チームに、フリーキックの末、6:5で勝利した。観衆1万5千の前、FCB側は、トーステン・フィンク(60分)とクラウディオ・ピサロ(80分)が、オールスター側は、Shami(73分)とPedro(78分)がゴールした。
リザラズ、ゼ・ロベルト、ロケ・サンタ・クルツのトリオ以外は、ブンデスリーグのグラッドバッハとカイザースラウテルン戦と同じスタメンを、ヒッツフェルト監督は、起用した。代わりに、ラウ、ピョートル・トロコフスキ、クラウディオ・ピサロがスタメンとして出場した。
一方、カタール「オールスター」の面々だが、元ミュンヘンのシュテファン・エッフェンベルグとマリオ・バースラーの他、有名人が勢ぞろい、元リアル・マドリッドのFernando Hierro、元FCバルセロナのJosep Guardiola、元Paris St. GermainのAli Bernarbia、超豪華スタメンだった。



ドーハのAl-Rayyanスタジアムで行われた試合の前半、特に試合開始20分、ホストが攻勢、チャンスを数回得た。だが、Fahan(10分)のシュートは、支柱内側、Mubarak(16と20分)、エッフェンベルグ(20分)のシュートも得点にはつながらなかった。

バイエルンだが、なかなかテンポをつかめずにいた。18分、ようやくマカーイがチャンスを得、ペナルティエリア寸前からシュート、ゴールキーパーEnazは、苦労しながらも、失点を免れた。

前半の半ば以降、FCBが流れを支配するようになる。特にオールスター、開始直後のスピード攻撃がたたったのか、動きが悪くなり始めた。だが、これといったゴールチャンスは、見られなかった。ハーフタイム直前(42分)、マカーイがチャンスを得、シュート、惜しくも支柱をかするに終わった。

後半、ヒッツフェルト監督は、ミヒャエル・レンシング、アンドレアス・オットル、トーステン・フィンクを起用した。カーン、ラウ、太股をいためたバラックは、キャビンに残った。マカーイ(47分)、ピサロ(50分)、シュヴァインシュタイガー(56分)とゴールチャンスが続くものの得点につながらない。

試合開始1時間後、待ちに待ったゴール。シュヴァインシュタイガーが、センタリング、やる気満々のフィンクがヘディングで1:0の先取点を入れた(60分)。オールスター、失点にショックを受けたのか、攻撃を開始するが、カーンの代理で入ったミヒャエル・レンシングの防衛を破ることはできないでいた。

72分、バイエルンのNr.2、ついにゴールを許してしまう。Zhippoのシュートは、防いだものの、リバウンドをShamiに入れられ1:1。6分後には、ホストが、リード。Pedroは、オットルをかわし、ペナルティーエリア角からゴール角を直撃、レンシングにチャンスは無かった。

2分後、バイエルンがそれに答える。トロコフスキーが、20mのシュート、ポストに跳ね返されるが、リバウンドをピサロが決め2:2の同点とする(80分)。終了間際、ピサロ(86分)、マカーイ(88分)がチャンスを得るものの、ゴールにつなげることができなかった。

ペナルティーキックで決着となり、6:5でバイエルンが勝利した。夕食後、バイエルンは早速帰途に尽き、明日水曜日には、早朝トレーニング(7時30分)が待っている。

カタール・オールスター – FC バイエルン 6:5 (ペナルティ)(2:2、0:0)

カタール・オールスター: Enaz – Basler, Sebut, Hierro, Al-Shummery – Mubarak, Bernarbia, Effenberg, Guardiola, – Fahan, Kamil
交代: Kaabi, Fahrez, Bilal, Al-Enazi, Shami, Amaral, Zhippo, Hamza, Roucky, Abdullah, Pedro

FCバイエルン:カーン(46分、レンシング) – サリハミジッチ、クフォー、イェレミース、ラウ(46分、オットル) – シュヴァインシュタイガー(80分、オックス)、ハーグリーヴス、バラック(46分、フィンク)、トロコフスキー – マカーイ、ピサロ
控え: サバ、グイエロ

審判: Abdullah Al-Khahtani
観客: 15,000
ゴール: 0:1 フィンク (60.), 1:1 Shami (73.), 2:1 Pedro (78.), 2:2 ピサロ (80.)
ペナルティー: 0:1 サリハミジッチ、 1:1 Pedro、トロコフスキー 失敗、2:1 Roucky、2:2 ハーグリーヴス、 Hamza 失敗、ピサロ 失敗, 3:2 Zhippo、3:3 マカーイ、Shami 失敗, 3:4 クフォー、Amaral 失敗
イエローカード: – / フィンク