公開日:2004/03/30

代表戦バイエルンの選手が代表戦に出場

代表戦バイエルンの選手が代表戦に出場
バイエルンはすごいんだぞ!合計14人が代表戦
—-
月曜日にセーベナー通りの練習を見に訪れたファンは、選手の少なさに驚いたはずだ。チームの半分以上が代表戦に出場するためにミュンヘンを離れており、ミヒャエル・バラック、ロイ・マカーイ、ロケ・サンタ・クルスといった選手の姿はグラウンドにはなかった。
FCバイエルンからは合計14人の選手が、代表戦のためにチームを離れている。水曜日にベルギー代表とケルンで対戦するドイツ代表チームのルーディ・フェラー監督は、ミヒャエル・バラックとイェンス・イェレミースをメンバーに召集した。しかしオリバー・カーンはベルギー戦を休むことになっており、バイエルンと代表チームのキャプテンのカーンに代わって、控えキーパーのイェンス・レーマンがゴールマウスを守る。
今週はドイツ代表対ベルギー代表の試合のほかにも、多くの代表戦でバイエルンの選手が出場する予定だ。特にヨーロッパチャンピオンのフランス代表対オランダ代表の試合は見逃せない。“エキップ・トリコロール”のメンバーに選ばれたウィリー・サニョールとビセンテ・リザラズが、FCBストライカー、ロイ・マカーイを擁する“オラーニェ”と対戦する。
<A HREF=”http://www.fcbayern.t-online.de/jp/club/archive/news/13398.php?fcb_sid=6f1a15ac0b29e6ed8d83379ddd10fc05″ TARGET=”_blank”>Official Site</A>



ツヴェツダン・ミシモヴィッチとハサン・サリハミジッチは水曜日の夜に、ルクセンブルク代表と対戦するが、ボスニア・ヘルツェゴビナにとっては当然勝利が要求されるゲームだ。さらにオーウェン・ハーグリーヴスが召集されたスヴェン=ゴラン・エリクソン監督率いるイングランド代表は、エーテボリでスウェーデン代表と対戦する。
南アメリカ出身のトリオは南米で行われるワールドカップ予選のために、長旅を余儀なくされる。南米でもバイエルンの選手同士の直接対決が予定されており、アスンシオンでロケ・サンタ・クルス率いるパラグアイ代表と、ゼ・ロベルトが召集されているブラジル代表が対戦する。ペルー代表のクラウディオ・ピサロはリマでコロンビア代表を迎え撃つ。
しかしA代表だけではなく、ユースの代表チームにもレコードマイスターの選手が召集されている。2月のスイス戦で見事なデビューを果たしたバスティアン・シュヴァインシュタイガーが、火曜日にマンハイムでグルジアと対戦するU21代表のメンバーに選ばれた。さらにミヒャエル・レンシングとピォトル・トロホスフキーがU20代表チームと共に、水曜日にブルクハウゼンでオーストリア代表と対戦する。
以上の合計14選手が今週、代表戦のためにチームを離れている。全選手がけがをせずに代表チームから帰って来ることを祈るばかりだ。