メディアの批判他チームの監督陣がヒッツフェルトを援護 | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2004/03/28
メディアの批判他チームの監督陣がヒッツフェルトを援護

オットマール・ヒッツフェルトがFCバイエルンの監督をいつまで務めるのかとメディアが毎日のように報道しているが、ブンデスリーガのその他の監督達の多くはヒッツフェルトを援護している。
木曜日にVfBのフェリックス・マガト監督は“キッカー”誌に対して、ヒッツフェルトに対する報道は「ひどいものだ」とコメントした。「長年に渡ってバイエルンにタイトルをもたらしてきた彼が、ドイツではこのように打ちのめされるのだ。私には信じられないことだ」とマガトは語った。
<A HREF=”http://www.fcbayern.t-online.de/jp/club/archive/news/13372.php?fcb_sid=75e36e52e688ff21b1a8509b1b188602″ TARGET=”_blank”>Official Site</A>



さらにクルト・ヤラもヒッツフェルトを援護するコメントをしている。「少しチームの調子が狂っただけで、このようにすぐに批判されるというのは残念なことだ」と、カイザースラウテルンのヤラ監督はドイツスポーツテレビ(DSF)の番組の中で語った。ボーフムのペーター・ノイルーラー監督も、リーグで二位につけているチームの監督がこのように批判を受けることについて、「あまりにも異常だ」とコメントした。「彼がこれまでに収めてきた成功の数々が、彼の実力を証明している」。

オットマール・ヒッツフェルトに対するメディアの批判は、FCBがチャンピオンズリーグとDFBカップで敗退した頃から始まった。さらにブンデスリーガでも首位のヴェルダー・ブレーメンとの勝ち点差が11に開いており、これまで多くの成功を収めてきたヒッツフェルトにとっても難しい状況だ。

ヒッツフェルトは1998年の夏からFCバイエルンで監督を務めており、これまでに4度のリーグ優勝、DFBカップ優勝二度、そしてチャンピオンズリーグとトヨタカップを制覇している。ヒッツフェルトの契約が切れるのは来年の夏だ。

マガト、ヤラ、ノイルーラーの他にも、トーマス・シャーフもDSFの番組“Bundesliga aktuell”の中で、ヒッツフェルトを援護するコメントを残している。「このような批判が起こるとは、信じられないことだ」と、ヴェルダー・ブレーメンのシャーフ監督は語った。「ヒッツフェルトはこれまでに多くのタイトルをバイエルンにもたらしている。彼のような優れた監督を、このように攻撃するなんてあまりにも酷過ぎる」。