“カイザー”ベッケンバウアー、バラックを批判 | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2004/03/16
“カイザー”ベッケンバウアー、バラックを批判

バイエルン・ミュンヘンがこのところ低迷している理由を模索していた“カイザー(皇帝)”ことフランツ・ベッケンバウアーは、ドイツ代表MFミヒャエル・バラックに狙いを定めたようだ。
「彼のプレーはいつも同じテンポで、熱さが欠けている」
バイエルン・ミュンヘンの会長を務めるベッケンバウアーは、大衆紙『ビルト』月曜版に掲載されたコラムの中で、「リズムに変化がなく、ジョギングをしているようだ」「バラックにはキャプテンシーをほとんど期待できない」とバラックを非難した。
<A HREF=”http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/headlines/20040316-00000049-spnavi-spo.html” TARGET=”_blank”>スポナビ</A>



バイエルン・ミュンヘンがこのところ低迷している理由を模索していた“カイザー(皇帝)”ことフランツ・ベッケンバウアーは、ドイツ代表MFミヒャエル・バラックに狙いを定めたようだ。
「彼のプレーはいつも同じテンポで、熱さが欠けている」
バイエルン・ミュンヘンの会長を務めるベッケンバウアーは、大衆紙『ビルト』月曜版に掲載されたコラムの中で、「リズムに変化がなく、ジョギングをしているようだ」「バラックにはキャプテンシーをほとんど期待できない」とバラックを非難した。
<A HREF=”http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/headlines/20040316-00000049-spnavi-spo.html” TARGET=”_blank”>スポナビ</A>

チャンピオンズリーグの敗退が決まり、土曜日(13日)のハンザ・ロストック戦で3-3と引き分けた今、“カイザー”の意見を簡単に無視するわけにはいかない。ベッケンバウアーは記事の中で「私は、自分たちが苦境に立っている原因を究明すべきだと考えている。バラックの問題はどこにあるのか? 彼はチームの中で十分に受け入れられないのだろうか? 体調に問題があるのだろうか? オットマー・ヒッツフェルト監督はどうすれば選手たちに本来の力を発揮させることができるのだろうか?」と問いかけている。

ベッケンバウアーは「話し合い」こそが奇跡的な効果をもたらすとして、全員が「思っていることを言い合う」チーム内におけるトップ会談の開催を支持している。彼はまた、バイエルンがチャンピオンズリーグへの直接出場権を獲得できないのではないかという懸念も表明している。
「私にできるのは、チャンピオンズリーグに出場しなければならない経済的意義を選手たちが理解しているよう、望むことだけだ」