公開日:2004/03/05

ハーグリーヴスが子供達の前で朗読

オーウェン・ハーグリーヴスはサッカーの日常から離れ、子供達に読書の大切さを伝えるイベントに参加した。イングランド代表選手の彼は、ヨアヒム・マザネックの著書を約30分かけて、集まった“サッカーキッズ”達にもちろんドイツ語!で朗読した。子供達はハーグリーヴスの朗読に感激したようで、朗読の後にオーウェンは数え切れないほどのサインを書くことになった。
<A HREF=”http://www.fcbayern.t-online.de/jp/club/archive/news/13142.php?fcb_sid=b666ca8cc089dfc80d498c065b887b07″ TARGET=”_blank”>official</A>



03.03.2004 | 火曜日の午後、オーウェン・ハーグリーヴスはサッカーの日常から離れ、子供達に読書の大切さを伝えるイベントに参加した。
社団法人Leseweltミュンヘンの招待を受けたハーグリーヴスは、センドリング市立図書館で朗読を披露したのだ。このイベントは大盛況で、100人以上の子供達が親と共に図書館の地下に集まり、ハーグリーヴスの朗読に聞き入っていた。ハーグリーヴスは読み物として“サッカーキッズ物語-突撃ドリブラー・レオンの巻”を選んだ。
イングランド代表選手の彼は、ヨアヒム・マザネックの著書を約30分かけて、集まった“サッカーキッズ”達にもちろんドイツ語!で朗読した。子供達はハーグリーヴスの朗読に感激したようで、朗読の後にオーウェンは数え切れないほどのサインを書くことになった。
Leseweltミュンヘンの設立者で、このイベントを企画したヘルガ・ヴォルフも、オーウェンを選んで正解だったと喜んだ。「彼の自然で、偏見のない性格が、子供達に好かれるのだと思う」とヘルガ・ヴォルフは語り、イベントは大成功だったとコメントした。
“サッカーキッズ”達に囲まれたハーグリーヴス自身もこのイベントを楽しみ、これからも社団法人Leseweltミュンヘンの朗読会に参加したいと語った。