カーン、少年の応援旗に感激 | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2004/03/02
カーン、少年の応援旗に感激

サッカーのドイツ1部リーグ、バイエルン・ミュンヘンの守護神GKオリバー・カーンが、ボルフスブルグとのリーグ戦で11歳の少年サポーターが掲げた応援旗に感動。レアル・マドリード戦の大ミスから立ち直れると語った。
2月28日に2〓0で勝利したボルフスブルグ戦の前半終了直後、控え室に戻ろうとしたカーンは、「オリー(オリバーの愛称)、レアル戦は忘れろ」とのメッセージが書かれた応援旗を発見。「プロ選手人生の中で、感動した瞬間の一つ。少年が一生懸命に旗を作る姿を想像した」と、感激した面持ちだった。
<A HREF=”http://number.goo.ne.jp/wsoccer_03_04/news/detail.html?news_param=20040302-0&news_param2=20040302/JAPAN-139405.html” TARGET=”_blank”>Number</A>



サッカーのドイツ1部リーグ、バイエルン・ミュンヘンの守護神GKオリバー・カーンが、ボルフスブルグとのリーグ戦で11歳の少年サポーターが掲げた応援旗に感動。レアル・マドリード戦の大ミスから立ち直れると語った。
2月28日に2〓0で勝利したボルフスブルグ戦の前半終了直後、控え室に戻ろうとしたカーンは、「オリー(オリバーの愛称)、レアル戦は忘れろ」とのメッセージが書かれた応援旗を発見。「プロ選手人生の中で、感動した瞬間の一つ。少年が一生懸命に旗を作る姿を想像した」と、感激した面持ちだった。
カーンは試合後、この少年に試合で使用した勝利グローブをプレゼント。彼を見て、スポーツ選手に憧れていた少年時代の自分を思い出し、気持ちが吹っ切れたという。
先週の1〓1で引き分けた欧州チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦のレアル・マドリード第1戦で、カーンはロベルトカルロスのFKをキャッチミスし、非難を浴びていた。

あわせて読みたい