言うねレアル・ケイロス監督 | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2004/03/02
言うねレアル・ケイロス監督

カルロス・ケイロス監督は「このやり方ではフットボールはいい方向へ進まない。しかし、本当に大切なのは私の選手たちがいい体調で夢を維持していること。そしてバイエルン・ミュンヘンに勝とうと思う」と語った。
さらに、ケイロスはこう続けた。
「ロベルト・カルロスの出場停止に答える最高の方法は、グラウンドでいいプレーを見せ、バイエルンに勝ち抜くことだ」
第1戦ではロベルト・カルロスのフリーキックとカーンのミスで、敵地で1対1と引き分けている。
ロベルト・カルロスはノーコメントで通している。レアル・マドリーは異議申し立てをする見込みで、それに悪影響がないようにするためだ。一方、当事者バイエルン・ミュンヘンのデミチェリス選手は「他の人が意見し決めること」と論争に加わっていない。
<A HREF=”http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/headlines/20040302-00000027-spnavi-spo.html” TARGET=”_blank”>スポナビ</A>



レアル・マドリーのケイロス監督「いいプレーを見せバイエルンに勝つ」

 レアル・マドリーのカルロス・ケイロス監督は、ロベルト・カルロスの出場停止処分を受けて、記者会見を開いた。ロベルト・カルロスはバイエルン・ミュンヘン戦の後半8分、激しいタックルを受けたあと、手で相手の顔をはたいた。UEFA(ヨーロッパ・サッカー連盟)の懲罰委員会はこのプレーをビデオで検討し、2試合の出場停止を決めた。レアル・マドリーには異議申し立ての権利がある。

カルロス・ケイロス監督は「このやり方ではフットボールはいい方向へ進まない。しかし、本当に大切なのは私の選手たちがいい体調で夢を維持していること。そしてバイエルン・ミュンヘンに勝とうと思う」と語った。
さらに、ケイロスはこう続けた。
「ロベルト・カルロスの出場停止に答える最高の方法は、グラウンドでいいプレーを見せ、バイエルンに勝ち抜くことだ」
第1戦ではロベルト・カルロスのフリーキックとカーンのミスで、敵地で1対1と引き分けている。
ロベルト・カルロスはノーコメントで通している。レアル・マドリーは異議申し立てをする見込みで、それに悪影響がないようにするためだ。一方、当事者バイエルン・ミュンヘンのデミチェリス選手は「他の人が意見し決めること」と論争に加わっていない。

あわせて読みたい