1人でも勝つカーン | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2004/02/26
1人でも勝つカーン

がんばれカーンでも1人じゃむりだよ

〓〓同点ゴールにつながったあのミスを犯した後、どのように感じましたか?
「頭の中には、逃げ出すことしか浮かばなかった。こういう時、人はただその場を離れたくなるものだ」

<A HREF=”http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/headlines/20040226-00000017-spnavi-spo.html” TARGET=”_blank”>スポナビ</A>



チャンピオンズリーグのレアル・マドリー戦で致命的なミスを犯してから一夜明け、バイエルン・ミュンヘンのドイツ代表GKオリバー・カーンは、内省的な態度でインタビューに応じ、レアル・マドリーの同点ゴールが自分の責任だと感じていることを明らかにした。だが、バイエルンの守護神は、マドリーで行われる第2戦で今回の失敗を穴埋めするつもりだ。

〓〓同点ゴールにつながったあのミスを犯した後、どのように感じましたか?
「頭の中には、逃げ出すことしか浮かばなかった。こういう時、人はただその場を離れたくなるものだ」

〓〓チームメートたちの反応はありましたか?
「一番いいのは放っておいてもらうことだ」

〓〓試合から1日たった今日の気持ちは?
「これもゴールキーパーの人生だ。こういうことが今後も起こるかもしれない。ゴールキーパー稼業では、たった数秒のうちに世界がまるで変わってしまうこともある。だが、まだ第2戦も残っているぞ、と考えている」

〓〓マドリーでの第2戦には何を望みますか?
「第2戦でのチャンスは十分にある。私は非常に大きな責任を負っている。私のことを理解している人なら、私が文字どおり自分の実力以上の働きをするつもりだと分かっているはずだ。もしあの同点ゴールがバイエルンの敗退の原因となったら、その責任は私がすべて引き受けるつもりだ。だが、状況はそこまで切羽詰まっていない。今こそスポーツ選手として全力を尽くすべき時だ。必要であれば、1人でも試合に勝ってみせる」

〓〓背中の負傷が、あのミスに影響を与えたのでは?
「ケガはもうすっかり良くなっていた。あのボールは押さえなくてはいけなかったんだ。そういうことだ。だれが見ても止められるボールだった」

〓〓クロアチア戦後に、イェンス・レーマンがあなたを批判した騒ぎの影響はありませんか?
「それだけが問題だったわけではない。丸一週間というもの、クロアチア戦に関してマスコミの大騒ぎに付き合わされた。私自身は、あのミスを犯すまで非常に良いプレーができたと思う。だが、私でさえ今回は限界を越えてしまった」

〓〓含みのある言葉に聞こえますが……
「キャリアを積み重ねるうちには、実際まだ自分に価値があるのかと問いかける時がある。そんな時、人は、続けるか終わりにするか、自分で答を出さなくてはならないのさ」

〓〓引退を考えているのですか?
「間違ってほしくない。今すぐ引退する気はない。まだ数年は続けるよ」

〓〓今の状況にどのように対応しますか?
「今まで私はいつだって、自分の目標を達成するためより厳しいトレーニングを積んできた」

〓〓少しリラックスする必要は?
「そう考えるべきなのかもしれない。だが、私はあきらめる気はちっともない。マドリーで何が起こるかは、だれにも分からない。私たちが勝つ可能性もある。そして私は勝つために準備するよ」