スター選手が激突! バイエルン対R・マドリー | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2004/02/24
スター選手が激突! バイエルン対R・マドリー

「レアルは何者も恐れない。バイエルンとの試合に向け、私たちのモチベーションは非常に高まっている。私はまったく心配していない」
 ジネディーヌ・ジダンはこう語り、リラックスして落ち着いた表情を見せた。レアル・マドリーは、もちろん今回も優勝候補の筆頭だ。1998年、2000年、2002年と2年ごとのリズムで欧州チャンピオンのタイトルを制覇し、「世界で最も優れたプレーヤーを集め、世界一のクラブとなる」というポリシーを再び掲げてきたレアル。今回ミュンヘンのオリンピック・スタジアムに乗り込み、バイエルンと一戦を交える。
スポナビ



「レアルは何者も恐れない。バイエルンとの試合に向け、私たちのモチベーションは非常に高まっている。私はまったく心配していない」
 ジネディーヌ・ジダンはこう語り、リラックスして落ち着いた表情を見せた。レアル・マドリーは、もちろん今回も優勝候補の筆頭だ。1998年、2000年、2002年と2年ごとのリズムで欧州チャンピオンのタイトルを制覇し、「世界で最も優れたプレーヤーを集め、世界一のクラブとなる」というポリシーを再び掲げてきたレアル。今回ミュンヘンのオリンピック・スタジアムに乗り込み、バイエルンと一戦を交える。

 2001年のこの大会の覇者であるバイエルンは、ブンデスリーガではやや遅れを取っていたものの、最近になって調子を取り戻し、昨シーズンのチャンピオンズリーグでの1次リーグ敗退という屈辱を葬り去ろうとしている。

 しかし、レアルがとりわけ攻撃面でその主力選手を完全にそろえているのに対し、バイエルンは、オリバー・カーン、ミヒャエル・バラックというチームのかなめとなる2人の選手を欠いて試合に臨むこととなる。背中の痛みに悩まされているカーンは、21日のブンデスリーガ、ハンブルグ戦で休養を言い渡された。バラックは、気管支炎のためにクロアチア対ドイツの親善試合(バラックは欠場)以降、トレーニングを行なっていない。

 レアルは、いわゆる「スランプ」から抜け出した状態のバイエルンに戦いを挑むわけだが、ケイロス監督に言わせると、「バイエルンのスランプは、対戦相手がレアルならば実際にはあってないようなものだ。モチベーション、フィジカルなぶつかり、集中力は常にそろっている」。ケイロス監督は、レアルの準々決勝進出はこのミュンヘンでの第1戦にかかっていると確信している。そして、カーン、バラックがいなくとも、バイエルンの全体的な競争力には変わりはない。それに対し、バイエルンのFWロイ・マカーイも、「レアルは一度もここで勝ったことがない。今回、そのジンクスが覆されるという理由も見当たらないね」と強気の構えだ。

スポナビ