ヒッツフェルト、イングランド代表監督就任への打診を認める | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2004/01/07
ヒッツフェルト、イングランド代表監督就任への打診を認める

イングランド・サッカー協会(FA)が、スベン・ゴラン・エリクソンの後任となる代表監督として、バイエルン・ミュンヘンのオットマー・ヒッツフェルト監督に興味を持っている〓〓このうわさについて、当のヒッツフェルトが事実であることを認めた。
「何人かのFAの人間から連絡があった。彼らは私に興味を持っているとのことだ」
<A HREF=”http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/headlines/20040106-00000008-spnavi-spo.html” TARGET=”_blank”>スポーツナビ</A>



イングランド・サッカー協会(FA)が、スベン・ゴラン・エリクソンの後任となる代表監督として、バイエルン・ミュンヘンのオットマー・ヒッツフェルト監督に興味を持っている〓〓このうわさについて、当のヒッツフェルトが事実であることを認めた。

「何人かのFAの人間から連絡があった。彼らは私に興味を持っているとのことだ」

 だが、ヒッツフェルトは「現時点では一つの可能性に過ぎず、そのことについて話すのは時期尚早だ。私はバイエルンとの2005年までの契約を満了したいと考えている」とも付け加えている。

 一方、同クラブのカール・ハインツ・ルンメニゲ副会長は「監督というものは、何かを変える必要性について、常に考えていなければならない」とコメントしている。