パリ・サンジェルマンのケーラーに興味 | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2021/08/15
パリ・サンジェルマンのケーラーに興味

パリ・サンジェルマン所属でドイツ代表の
ティロ・ケーラー24歳に興味
獲得には32億円必要

バイエルンがPSGのケーラーに関心か
8/14(土) 18:32配信
超WORLDサッカー!から

バイエルンが、パリ・サンジェルマン(PSG)のドイツ代表DFティロ・ケーラー(24)に関心を示しているようだ。『フットメルカート』が報じている。
豪華補強を敢行するPSGでは、その裏で出番をなくす可能性のある選手に退団の噂が流れている。スペイン代表DFセルヒオ・ラモスが加入したセンターバックではすでに、DFティモシー・ペンベレが買い取りオプション付きでボルドーにレンタルしている。
そして、ケーラーも退団候補に挙がっており、バイエルンの他にもヴォルフスブルクやフランクフルト、ボルシアMGなど、母国ドイツから熱烈なラブコールを受けている模様。その中で、最近具体的な動きを見せたのがバイエルンだ。
伝えられるところでは、13日に行われたブンデスリーガ開幕戦のボルシアMG戦に両クラブの関係者が出席していたことが判明しており、そこでケーラーに関する会談があったとされている。
シュツットガルトやシャルケの下部組織で育ったケーラーは、2018年夏に3700万ユーロの移籍金でPSGに加入。2023年まで契約を残しているが、『GOAL』によれば、PSGは最低でも2500万ユーロは要求する姿勢のようだ。