ゴレツカ、移籍もある | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2021/07/25
ゴレツカ、移籍もある

ゴレツカの契約延長がなかなかうまくいかず
年俸もゴレツカの要求額がすごくて厳しく
そこをレアル・マドリーが移籍金ん氏で狙っている

Rマドリード、再び移籍金なしでBミュンヘンのゴレツカ獲得を熱望と独紙
7/22(木) 13:56配信
日刊スポーツ : nikkansports.com

バイエルン・ミュンヘンとの契約が満了となったオーストリア代表DFダビド・アラバを獲得したばかりのレアル・マドリードが、再び移籍金なしでバイエルン・ミュンヘンの選手を狙っている。
独ビルト紙によると、21-22年シーズン終了後にBミュンヘンとの契約が満了となるドイツ代表MFレオン・ゴレツカ(26)の獲得を熱望するRマドリードがすでに同MFの代理人に連絡を取ったという。
Bミュンヘンはゴレツカに契約延長のオファーを出したが断られたとみられ、今季終了後に退団となる可能性も徐々に高まってきた。ただRマドリード以外にもマンチェスター・ユナイテッドもゴレツカを狙っており、Rマドリードが簡単に獲得できる状況ではないという。

交渉難航のゴレツカとバイエルン、要求額に2倍の差?
7/21(水) 16:54配信
超WORLDサッカー!から

バイエルンとドイツ代表MFレオン・ゴレツカ(26)の契約延長交渉が上手く進んでいないようだ。ドイツ『ビルト』が伝えている。
2018年夏にシャルケから加入して以降、3シーズンで公式戦112試合に出場し25ゴール27アシストの数字を残してきたゴレツカ。先のユーロ2020でもドイツ代表として3試合に出場し、ハンガリー代表戦では1ゴールを挙げた。
現行契約が残り1年を切った両者は交渉に入っており、先日にオリバー・カーン新会長が「良い話し合いができている」ともコメントしていた。
ところが『ビルト』によるとあまり順調ではないようだ。年俸1000万ユーロ(約13億円)から1200万ユーロ(約15億5000万円)の新契約を提供するバイエルンに対し、ゴレツカ側は2000万ユーロ(約26億円)を要求しているようで、クラブの許容範囲を超えているのだそう。
一方で、ゴレツカに関心を持つクラブは多く、マンチェスター・ユナイテッドやバルセロナ、レアル・マドリーあたりが挙げられている。その中でユナイテッドは、ゴレツカの要求を満たす2000万ユーロの年俸を用意しているとのこと。
ただ、それは契約が切れる来夏に向けたオファーのようで、移籍金を出してまで獲得に動くつもりはないと見られている。