チェルシーがレヴァンドフスキに76億円でオファーか | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2021/07/20
チェルシーがレヴァンドフスキに76億円でオファーか

ハーランドを獲得できなかったらレヴァンドフスキだ、と
こうなったらトゥヘル率いるチェルシーは
レヴァンドフスキ、ヴェルナー、ハフェルツ、リュディガー
ブンデスリーガがプレミアリーグを荒らすというのも見てみたい

ハーランド獲得失敗のチェルシーがレバンドフスキ獲得へ 移籍金75億円超
7/18(日) 16:01配信
東スポweb

イングランド・プレミアリーグのチェルシーがドイツ1部バイエルン・ミュンヘンのポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキ(32)の獲得に乗り出すと、英紙「メトロ」など各メディアが伝えている。
同紙によると、欧州チャンピオンズリーグを制したチェルシーは、得点力アップのため、ドイツ1部ドルトムントのノルウェー代表FWエーリングブラウト・ハーランドの獲得へ移籍金1億5000万ポンド(約226億5000万円)で正式オファーを出したものの、断られたため、代わりにレバンドフスキにシフトチェンジしたという。
レバンドフスキはBミュンヘンに7季在籍し、リーグ219試合で203ゴールを記録しているストライカーで今夏の移籍が希望していると各メディアで報じられている。チェルシーのトーマス・トゥヘル監督も「お気に入り」の選手で、移籍金は最低でも5000万ポンド(約75億5000万円)とみられているが、Bミュンヘン側は移籍を認めない方針だ。
チェルシーは新シーズンに向けてフランス代表FWオリビエ・ジルーをイタリア1部ACミランに売却。また、スペイン1部バルセロナのフランス代表FWアントワヌ・グリーズマンの獲得にも乗り出しているが、新戦力獲得では他のビッグクラブに遅れを取っている中、新たなストライカーを手に入れられるか。

チェルシー、ハーランドからレヴァンドフスキへ路線変更 75億円用意か
7/18(日) 20:25配信
超WORLDサッカー!から

チェルシーが、バイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ(32)の獲得に動き出すようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。
今夏の移籍市場でストライカーを探すチェルシー。昨季は新加入のドイツ代表FWティモ・ヴェルナーが期待したほど得点が伸びず、実績のある点取り屋の補強の必要性が叫ばれた中、先日にフランス代表FWオリヴィエ・ジルーがミランへ完全移籍したことで、トップを張れる選手の獲得はより重要性が増した。
しかし、ターゲットとしていたドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドは、1億5000万ポンド(約227億円)の移籍金を用意するも失敗に終わる可能性が高いというのがここ数日の報道で、本人にも移籍の意思がないとされ、現実的なオプションではない。
そんな中伝えられたのがレヴァンドフスキへの方向転換だ。同選手に関しては以前からチェルシー関心の噂はあったが、『スカイ・スポーツ』によると、ここで具体的に交渉に乗り出す様相を呈しているとのこと。初手として5000万ポンド(約75億8000万円)の入札を行うと見られている。
なお、レヴァンドフスキとバイエルンの契約は2023年まで。同クラブではユリアン・ナーゲルスマン監督が就任し新体制を迎えているが、果たして32歳の意向は…。

チェルシーがレバンドフスキに触手と英報道 ハーランドに断られ意欲再燃
7/18(日) 10:23配信
日刊スポーツ : nikkansports.com

チェルシーがバイエルン・ミュンヘンのポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキ(32)を5000万ポンド(約78億円)で獲得しようとしていると、17日に英メディアが報じた。
当初は、1億5000万ポンド(約234億円)でドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ハーランド(20)の獲得を目指したが、断られたもよう。そのため、トゥヘル監督がレバンドフスキへ獲得への意欲を再燃させたという。マンチェスター・シティーもレバンドフスキ獲得へ動いていたが、頓挫したという情報があった。
レバンドフスキは昨季リーグ戦41得点で、49年ぶりにG・ミュラーの記録を塗り替えて新記録。本人は全盛期のうちに新たな挑戦として、プレミアリーグを望んでいると伝えられる。
Bミュンヘンとは23年夏までの契約で、移籍するなら来夏という見方があった。Bミュンヘンとしては代わりとなるストライカーが準備できない中、交渉に応じるのは容易ではない。一方で、移籍金的にはピークのうちに売却する手は否めない。チェルシーの強みは、やはり財源だ。

マンCがレバンドフスキ獲得へ動き始めると英報道 ケーンから方向転換
7/16(金) 13:05配信
日刊スポーツ : nikkansports.com

マンチェスター・シティーが、Bミュンヘンのポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキ(32)獲得に向けて、状況を精査しはじめたと、英デーリーメール電子版が報じた。
マンチェスターCはこれまでトットナムのイングランド代表FWケーン獲得に注力してきたが、トットナム側にケーンを手放す意思がなく、獲得は困難な様相となってきた。そのためマンチェスターCは、グアルディオラ監督がBミュンヘン指揮官時代に指導したレバンドフスキに方向転換しつつあるという。
レバンドフスキもグアルディオラ監督をしたっており、16年に同監督がBミュンヘンを退団する際には「グアルディオラは我々1人1人を向上させてくれた。彼の足跡は偉大で、何か言うとすれば良いことしか思いつかないよ。彼との2年間は素晴らしい時間で、多くを学ばせてもらった」と話している。
マンチェスターCは昨季、典型的な9番(ストライカー)をそれほど使わずにプレミアリーグを制した。ただケーンと同様にレバンドフスキも純粋な9番の役割だけでなく、さまざまな戦術に対応できる万能型FW。仮にマンチェスターCがレバンドフスキを獲得できれば、さらなる戦力アップは間違いない。

ハーランド獲得難航のチェルシー、狙いをレヴァンドフスキに変更?
7/19(月) 15:18配信
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

チェルシーが、バイエルンに所属するポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキに関心を示しているようだ。17日、イギリス紙『サン』が伝えている。
チェルシーは今夏、ドルトムントに所属するノルウェー代表FWアーリング・ハーランド獲得を画策していることが明らかとなっている。1億5000万ポンド(約223億円)と評価されている同選手にチェルシーは、金銭に選手のトレード移籍を含めた非公式の提案を行なったようだが、これがドルトムントに断られたことが報じられている。
ドルトムントとしては今夏すでにイングランド代表FWジェイドン・サンチョをマンチェスター・Uに放出することで合意していることから、同時にハーランドを失うことを避けたい模様で、チェルシーのオファーを受け入れるつもりはないという。このことから、今夏のストライカー補強を目指しているチェルシーは、レヴァンドフスキ獲得の可能性も探っているようだ。
報道によると、バイエルンは現行契約が2023年6月30日までとなっているレヴァンドフスキとの契約延長を望んでいるという。しかし、2020-21シーズンにブンデスリーガで41ゴールを挙げて、同リーグのシーズン最多得点記録を49年ぶりに更新したレヴァンドフスキとしては、キャリアを終える前に新たな挑戦を望んでおり、プレミアリーグでのプレーに前向きとなっていることが伝えられている。
同選手の意向を受けて、バイエルンとしても来月21日に33歳となるレヴァンドフスキの移籍金が来年夏には割安になる可能性があることから、今夏のオファーを受け入れる可能性が指摘されている。
チェルシーは5000万ポンド(約76億円)の移籍金でバイエルンに同選手の獲得を打診するようだが、果たして合意することはできるのだろうか。

チェルシー、FWレバンドフスキ獲得へ “76億円オファー”提示の意向と英報道
7/19(月) 7:30配信
SoccerMagazine ZONE WEB/サッカーマガジンゾーンウェブ

2020-21シーズンにUEFAチャンピオンズリーグ(CL)を制したチェルシーは、新たな9番を探している。ドルトムントに所属するノルウェー代表FWアーリング・ブラウト・ハーランドの獲得に乗り出したが、交渉は不調に終わったとされる。フランス代表FWオリビエ・ジルーをACミランに放出したクラブは、新たにバイエルンのポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキをターゲットにしたようだ。英紙「ザ・サン」が報じている。
チェルシーは市場価格が1億5000万ポンド(約228億円)とされるハーランドの獲得に向けてオファーを提示したが、交渉は不調に終わったとされる。そこで、以前にも関心を持っていたレバンドフスキ獲得に方向転換したものの、バイエルンは2023年まで契約を結んでいるレバンドフスキに対して、契約延長をオファーしているという。
昨シーズン、元ドイツ代表FWゲルト・ミュラー氏が長期にわたって持っていた、ブンデスリーガのシーズン最多ゴール記録を「41」に塗り替えたレバンドフスキは、そのキャリアの最後に新たな挑戦を求めており、プレミアリーグへの移籍を望んでいるようだ。
記事では「マンチェスター・シティが長らくレバンドフスキに関心を示していたが、先週、彼らは獲得を否定した。だが、チェルシーは経済的なリソースがあり、ドイツのクラブを試すことができる」と指摘。さらに「レバンドフスキは来月33歳になるため、契約延長に応じなければ価格が下がっていくことから、バイエルンは高額なオファーがあれば、耳を傾けるかもしれない」と、移籍の可能性があることを綴った。
17日にフランス代表FWジルーのミラン移籍を発表したチェルシーは、レバンドフスキの獲得に向けて、ハーランドの3分の1程度の5000万ポンド(約76億円)のオファーを出す意向だという。果たして新シーズンを前に、新たなストライカーを獲得できるだろうか。