レヴァンドフスキ移籍の噂もいつものこと。ナーゲルスマン監督 | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2021/07/15
レヴァンドフスキ移籍の噂もいつものこと。ナーゲルスマン監督

しょっちゅう出るレヴァンドフスキの移籍話
レアル・マドリー、チェルシーと出るが
ナーゲルスマン監督は
「あまりにも多くのゴールを決めている選手の場合、ほとんどのクラブがオファーを出すのが普通だと思う」

レヴァンドフスキ移籍の噂にナーゲルスマン監督「普通のこと。彼とは話した」
7/15(木) 7:07配信
(GOAL)

バイエルン・ミュンヘンのユリアン・ナーゲルスマン監督は、FWロベルト・レヴァンドフスキに各チームが興味を持っても不思議ではないと語った。ドイツ『スカイ』が伝えている。
32歳のレヴァンドフスキは昨シーズン、全公式戦で48ゴールを記録。バイエルンのリーグ優勝に貢献した一方で、今夏は新たな挑戦に臨む可能性も伝えられる。この噂について新指揮官はすでにレヴァンドフスキと話し合ったことを明かす。
「レヴァンドフスキの噂は彼がバイエルンに加入した当初からあったと思う。あまりにも多くのゴールを決めている選手の場合、ほとんどのクラブがオファーを出すのが普通だと思う」
「ロベルトは、自分がミュンヘンで何をしているのか、このチームで何をしているのかを知っていると思う。私は彼と話したし、メールもした。私は、選手との最初の公式行動が、すぐに彼の契約状況について話し合うことであるというのは、あまり好きではないんだ」
レヴァンドフスキは5月に、夏の移籍について“オープンマインド”であるとコメント。「常に新しい言語や文化を学ぶことに興味がある」と話していた。

レヴァンドフスキ、来夏にレアル・マドリーへ?バイエルンとの契約は2023年まで
7/14(水) 12:12配信
(GOAL)

バイエルン・ミュンヘンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキは、来夏にレアル・マドリーへと移籍する可能性があるようだ。スペイン『アス』が報じた。
2014年のバイエルン加入以降ゴールを量産し続け、一昨季のチャンピオンズリーグ制覇を含む3冠の立役者となったレヴァンドフスキ。昨季は負傷で離脱する期間もあったが、最終的にはゲルト・ミュラーの持つ1シーズン最多得点記録を更新する活躍を見せた。
今夏には新たな挑戦に臨むとも伝えられていたレヴァンドフスキだが、来夏にレアル・マドリーへと移籍する可能性があるようだ。2023年でバイエルンとの契約は満了を迎え、その1年前である2022年に退団を希望すると報じられている。
なお、バイエルンはレヴァンドフスキの長期的な後釜候補としてPSVのコディ・ガクポをリストアップ。すでにエースの退団に向け、準備を進めているのかもしれない。