ローマがボアテングを狙う | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2021/05/31
ローマがボアテングを狙う

ローマが、モウリーニョがボアテングに興味あり
しかしボアテングはCL出場クラブがいい、
でもローマはEL
競合はラツィオ、フェネルバフチェ

バイエルン退団のボアテングにローマが興味? 新任のモウリーニョが高く評価
5/31(月) 17:53配信
超WORLDサッカー!から

元ドイツ代表DFジェローム・ボアテング(32)の獲得に対して、ローマが興味を持っているようだ。ドイツ『シュポルト・ビルト』が伝えている。
ボアテングは2011年7月にバイエルンへ加入。不動のセンターバックとして、公式戦通算363試合の出場で10ゴール25アシストを記録した。チームとしても8度のブンデスリーガ優勝や2度のチャンピオンズリーグ(CL)制覇に多大な貢献を果たしてきたが、今季限りで満了の契約が延長されることなく、退団が決定している。
32歳となった現在も依然として高いパフォーマンスを続けるボアテングに対して、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によれば、ローマが興味を抱いているようだ。ローマは今季限りでパウロ・フォンセカ監督の退団が決定しており、来季からジョゼ・モウリーニョ監督が指揮。モウリーニョ監督はマンチェスター・ユナイテッドで指揮官を務めていた時代もボアテングの加入を望むなど、高く評価しており、新天地で改めて獲得に動く可能性がある模様だ。
一方で、『シュポルト・ビルト』によると、ローマからボアテングに対して具体的なオファーはまだ出されていないという。加えて、ボアテングはCLに出場できるクラブへの加入を希望しているとされており、来季は新設のヨーロッパカンファレンスリーグ(ECL)参戦が決まっているローマへの移籍を希望するかは不透明なようだ。
ボアテングに対してはローマのほか、ラツィオ、モナコ、フェネルバフチェなどのクラブも獲得に興味を示している様子。新天地がどこになるか注目される。

ボアテング争奪戦にローマが参戦、すでにオファーを提示か…ラツィオとのダービーに?
5/31(月) 16:04配信
(Goal)

来シーズンからジョゼ・モウリーニョが指揮を執るローマが、バイエルン・ミュンヘンのDFジェローム・ボアテング獲得を目指していると、イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が30日、報じている。
今夏、元トッテナム指揮官のモウリーニョを招へいすることを決定したローマ。クラブはすでに、来シーズンに向けた補強へと乗り出しており、モウリーニョが獲得を要望するアーセナルのスイス代表MFグラニト・ジャカへの関心が報じられた。
そんなローマは続いて、来月末にバイエルン・ミュンヘンとの契約が満了を迎えるボアテングのフリーでの獲得を検討している。モウリーニョはマンチェスター・ユナイテッドを率いていた2018年にもバイエルンDFの獲得を熱望。しかしボアテングがバイエルンを離れることに難色を示したため、実現しなかった。ポルトガル人指揮官は今夏、あらゆる手段を使ってでもボアテングを引き抜きたいと考えており、ローマはすでに選手に対し、オファーを提示したと伝えられている。
しかしボアテングを巡っては、トルコの強豪フェネルバフチェも関心を寄せているほか、ローマのライバルクラブであるラツィオも獲得を検討。次期監督候補マウリツィオ・サッリとの交渉を行う際に、共通の代理人であるファリ・ラマダニ氏に問い合わせを行ったとみられる。ボアテングを巡るローマダービーの行方は、今後も注目されるところだ。