ハーランド獲得に130億円は無理 | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2021/05/14
ハーランド獲得に130億円は無理

ビッグクラブのほとんどが欲しがるハーランド
バイエルンもレヴァンドフスキの後釜候補に。
と噂されるも
バイエルンには(まだまだ活躍できる)レヴァンドフスキがいる
そして130億円は無理

ハーランド争奪戦からバイエルン撤退 カーン氏「移籍金1億ユーロは想像を絶する」
5/12(水) 19:01配信
東スポweb

ドイツ1部バイエルンで執行役員を務める元ドイツ代表GKのオリバー・カーン氏(51)が、同国1部ドルトムントのノルウェー代表FWエーリングブラウト・ハーランド(20)の争奪戦から撤退することを明言した。
ハーランドを巡っては欧州各国のビッグクラブが獲得に乗り出し、バイエルンも獲得レースに参戦していた。
そうした中、ドイツ紙「ビルト」はクラブ幹部のカーン氏がハーランド獲得を見送る方針を明言したと報じた。
「バイエルンはこの夏、ハーランドの獲得に動かない。(移籍金の最低条件である)1億ユーロ(約130億円)は私たちにとって現在は想像を絶するものだ」と新型コロナ禍で影響を受けている現在のクラブの財政事情を踏まえて争奪戦から撤退する方針を明らかにした。
また「我々にはFWロベルト・レバンドフスキ(32)がいる。彼はここであと2年間の契約が残っている。そのため、現時点でハーランドについて考える必要はない」とカーン氏。一時はレバンドフスキの今夏の退団説も浮上していたが、残留の方針でまとまった模様。そこでハーランド獲得に性急に動く必要がなくなったのだ。
バイエルンは同じドイツのクラブで昨季の欧州王者ということもあり有力候補に急浮上していたが、その撤退が今後、争奪戦にどのような影響を及ぼすのか注目が集まる。

バイエルン、ハーランドの“強奪”はなしか…カーン「1億ユーロ以上の買い物は想像もつかない」
5/12(水) 21:51配信
(Goal)

バイエルン・ミュンヘンのドルトムントFWアーリング・ハーランド“強奪”はないのかもしれない。ドイツ誌『シュポルト・ビルト』が報じた。
世界最高の若手ストライカーとして評価を高めるハーランド。バイエルンもロベルト・レヴァンドフスキの後釜としてハーランド獲得に乗り出す可能性が伝えられるが、クラブOBで役員のオリバー・カーンが否定。報道についてこのように答えている。
「申し訳ないが、そのようなことを言う人はまだ状況を理解していない。1億ユーロ以上もする買い物は、今のバイエルンには想像もつかないね」
また、2023年までの契約を残すレヴァンドフスキにも言及。2年後には35歳となるエースストライカーを強く信頼していることを明かした。
「彼のパフォーマンスには疑問の余地はない。彼はこれまでに39ゴールを決めている。そのために、今はハーランドのことを考える必要はない。ロベルトはあと数年、このレベルを維持できる」