フランス代表のカマヴィンガを狙う | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2021/04/24
フランス代表のカマヴィンガを狙う

レンヌ所属でフランス代表のカマヴィンガ18歳を狙う
またもフランス代表
78億円必要とのことだが

バイエルンが逸材カマヴィンガに急接近! リクルート部門はノイハウスより高評価?
4/21(水) 7:00配信
超WORLDサッカー!から

バイエルンがスタッド・レンヌに所属するフランス代表MFエドゥアルド・カマヴィンガ(18)の獲得に本腰を入れ始めたようだ。フランス『フランス・フットボール』が報じている。
レンヌの下部組織出身のカマヴィンガは本格デビューとなった昨シーズンに大ブレイク。リーグ・アンでチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の3位フィニッシュを果たしたチームの絶対的な主力に君臨した。
また、背番号を「10」に変更した今シーズンもここまで公式戦35試合に出場しており、昨年には待望のレ・ブルーデビューも飾っている。
同胞のエンゴロ・カンテ、ポール・ポグバのハイブリッド型とも評される逸材に関してはレアル・マドリーが長らく補強候補の1人としてリストアップしてきたが、財政的な制限のある中で前線の補強を最優先とするエル・ブランコの獲得に向けた動きは鈍くなっている。
そういった中、スペイン代表MFチアゴ・アルカンタラの退団以降、中盤の選手層に問題を抱えるバイエルンが、今夏のトップターゲットとしてカマヴィンガをリストアップしている模様だ。
マルコ・ネッペ氏とローラン・ブッセ氏が主導するバイエルンのリクルートチームは、ボルシアMGのドイツ代表MFフロリアン・ノイハウス(24)と共にカマヴィンガの動向を注視しているが、より獲得を望んでいるのは後者だという。
4500万ユーロ(約58億5000万円)で獲得可能と言われるノイハウスに対して、カマヴィンガの移籍金は6000万ユーロ(約78億円)程度に見積もられているが、その将来性やプレースタイルをより買っているとのことだ。
バイエルンでは将来のキャプテン候補であるMFヨシュア・キミッヒと、2026年までの新契約締結に近づいているMFレオン・ゴレツカのドイツ代表コンビが不動の地位を築いているが、ここに18歳の逸材が新たに加わることになるのか…。