バイエルン vs パリ・サンジェルマン寸前 | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2021/04/08
バイエルン vs パリ・サンジェルマン寸前

いよいよ大一番
チャンピオンズリーグ準々決勝
バイエルン vs パリ・サンジェルマン
しかし両クラブともコロナにやられ
怪我にやられでベストの状態ではない

レヴァンドフスキ・・・怪我
ニャブリ・・・コロナ
トリッソ・・・負傷
ドウグラス・コスタ・・・負傷
ロカ・・・怪我

ベルナト・・・怪我
イカルディ・・・負傷
ヴェッラッティ・・・コロナ
フロレンツィ・・・コロナ
クルザワ・・・負傷
パレデス・・・出場停止

ハンジ・フリック:「ポゼッション時の秩序だったポジショニングは重要だ。またボールロストの際素早く対処できるよう、残りのディフェンスについても考えている必要がある。だが決定打となるのは、相手のポゼッション時にどうなるかに頭を悩ませるぎるのではなく、ライプツィヒ戦よりも一層覚悟を決めて、自信を持って攻撃を展開することだライプツィヒ戦よりもより巧みに、安定してプレーしなければならない局面も出てくるだろう。(バイエルン公式サイト)

マウリシオ・ポチェッティーノ(パリ・サンジェルマン監督):「バイエルンはタイトルホルダーでありワールドチャンピオンだ。彼らはバランスのとれた攻撃陣を揃えている。危険なエリアでボールを失わないようにする必要がある。我々は彼らが素晴らしいチームであることを知っています。だが我々には自信があり、自分たちのクオリティについても知っている。この1戦に勝ちたいと思っている」(バイエルン公式サイト)

レヴァンドフスキの欠場にPSGエース・ムバッペ「ケガを喜ぶのは好きではないけど…」
4/5(月) 21:10配信
(Goal)

パリ・サンジェルマン(PSG)のFWキリアン・ムバッペが、バイエルン・ミュンヘンのFWロベルト・レヴァンドフスキの負傷離脱について言及した。フランス『テレフット』が報じている。
バイエルンは先日、レヴァンドフスキが右膝の靭帯損傷により、4週間の離脱となることを発表。そのため、チャンピオンズリーグ準々決勝のパリ・サンジェルマンとの2試合を欠場することが決定的となっている。
PSGのムバッペは「レヴァンドフスキは素晴らしい選手だ。他人のケガを喜ぶのは好きではないが、彼の不在は僕らにとって朗報になる」と認めた。
一方で、PSGのDFプレスネル・キンペンベが「レヴァンドフスキがいたほうがよかった」と話す。
「僕は競争者だし、偉大な選手と対戦するのが好きだからね。でも、彼がいてもいなくても、あまり変わらない。バイエルンは今でも素晴らしいチームだよ」

バイエルンにまたも痛手…CL・PSG戦を前にニャブリが新型コロナ陽性
4/7(水) 6:10配信
(Goal)

バイエルン・ミュンヘンのFWセルジュ・ニャブリが新型コロナウイルス陽性であることが明らかとなった。
ニャブリは喉の痛みにより6日の練習を欠席。体調不良であることは明らかだったが、新型コロナ陽性であることが発表。クラブは「セルジュ・ニャブリはコロナ陽性反応を示しました。体調はいいが、現在は自宅で隔離されています」と声明を発表している。なお、ニャブリは昨年10月にも陽性反応を示したが、その後偽陽性であることがわかっていた。
ニャブリはコロナ感染により、7日に行われるチャンピオンズリーグ準々決勝パリ・サンジェルマン戦の欠場が決定。PSG側もアレッサンドロ・フロレンツィ、マルコ・ヴェッラッティがコロナで欠場することが決まっていた。
すでにロベルト・レヴァンドフスキが負傷で欠場することが決まっていたバイエルンにとって、ニャブリの欠場は大きな痛手に。最前線でセンターフォワードに入ることも予想されていたが、レヴァンドフスキの代役はエリック・マキシム・チュポ=モティングが務めることになりそうだ。

負傷のエースに続き…バイエルンに痛手、新型コロナ陽性のニャブリがCLパリSG戦欠場
4/7(水) 6:49配信
ゲキサカ[講談社]

バイエルンは6日、FWセルジュ・ニャブリが新型コロナウイルス陽性と診断されたことを発表。ニャブリの健康状態は良いようだが、現在は自宅での自主隔離を行っている。
バイエルンは7日に、UEFAチャンピオンズリーグ準々決勝でパリSGをホームに迎えることになる。『キッカー(日本語版)』によると、前日会見に出席したハンジ・フリック監督は、喉の痛みのために「(ニャブリは)おそらく欠場することになるだろう」と説明しており、その後、陽性反応が明らかになった。
エースのFWロベルト・レワンドフスキを負傷のために欠場することが決まっていたバイエルン。再び攻撃のカードを失うことになってしまった。

バイエルンに痛手…体調不良のニャブリがPSG戦欠場へ
4/6(火) 22:34配信
超WORLDサッカー!から

バイエルンはパリ・サンジェルマン(PSG)戦に向けて新たなアタッカーが不在になるようだ。
バイエルンは7日、本拠地フースバル・アレーナ・ミュンヘンで開催されるチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグでPSGと対戦する。
昨季のCLファイナル以来のビッグマッチに向けては、すでにポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ、ブラジル代表FWドグラス・コスタ、フランス代表MFコランタン・トリソの3選手の欠場が確定。だが、新たに2選手が起用できないことが明らかになった。
PSG戦の前日会見に出席したハンジ・フリック監督は、ドイツ代表FWセルジュ・ニャブリ、スペイン人MFマルク・ロカの欠場の可能性に言及。前者が体調不良、後者が4日のトレーニングで負傷したことを明かした。クラブ公式サイトがドイツ人指揮官のコメントを伝えた。
「セルジュは喉に痛みを抱えている。間違いなく、欠場することになるだろう」
「(ロカに関して)彼は日曜(4日)に負傷を抱えていた」
なお、ニャブリの離脱を受けて、前線のバックアッパーはトップ下を主戦場とするドイツ代表MFジャマル・ミュージアラのみとなっており、フリック監督は左サイドバックのカナダ代表MFアルフォンソ・デイビスの1列前での起用など、プラン変更を余儀なくされるかもしれない

バイエルン、パリSG戦前にニャブリまでコロナ離脱
4/7(水) 9:39配信
日刊スポーツ : nikkansports.com

バイエルン・ミュンヘンは7日(日本時間8日)に欧州チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝第1戦で、昨季覇者としてパリ・サンジェルマンをホームに迎える。昨季決勝の再戦として、注目される中、ニャブリが新型コロナウイルス検査で陽性と診断され、出場できなくなった。同クラブによると、健康状態はよく、自宅での自主隔離となっている。
バイエルン・ミュンヘンは既にエースFWのレバンドフスキが右ひざの靱帯(じんたい)損傷で離脱。トリソとドウグラスコスタも故障中、ロカも4日に負傷して招集外となった。
またパリ・サンジェルマンでは、いずれもイタリア代表のフロレンツィとベラッティが新型コロナウイルス検査陽性で、イカルディやクルザワ、元バイエルン・ミュンヘンのベルナトが故障、パレデスが累積警告による出場停止処分となっている。

王者バイエルンにさらなる痛手…FWニャブリがコロナ陽性でPSG戦欠場
4/7(水) 0:34配信
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

バイエルンは6日、ドイツ代表FWセルジュ・ニャブリが新型コロナウイルスの検査で陽性を示したことを発表した。
ニャブリの体調は良好で、現在は自宅隔離の措置を取っているという。また、7日に行われるチャンピオンズリーグ・決勝トーナメント準々決勝のパリ・サンジェルマン戦の前日会見では、ハンス・ディーター・フリック監督が同選手の体調不良による欠場を明かしていた。
バイエルンは既にポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキもケガ人による欠場も決まっており、攻撃陣の相次ぐ離脱で大一番を前に頭を抱えることとなった。

バイエルンFWニャブリがコロナ陽性…体調不良でPSG戦欠場伝えられた直後に判明
4/7(水) 0:57配信
超WORLDサッカー!から

バイエルンは6日、ドイツ代表FWセルジュ・ニャブリに新型コロナウイルスの陽性判定が出たことを明かした。
なお、ニャブリは無症状であり、すでにプロトコルに従って自宅での隔離措置を講じている。
バイエルンは7日、本拠地フースバル・アレーナ・ミュンヘンで開催されるチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグでパリ・サンジェルマン(PSG)と対戦する。
その一戦に向けた前日会見に出席したハンジ・フリック監督は、直近のトレーニングを欠席していたニャブリに関して、「セルジュは喉に痛みを抱えている。間違いなく、欠場することになるだろう」と、体調不良を理由にPSG戦欠場の可能性を認めていた。

PSGがCLバイエルン戦に向けた招集メンバーを発表! コロナ感染の伊代表2選手や負傷イカルディが選外…
4/6(火) 23:00配信
超WORLDサッカー!から

パリ・サンジェルマン(PSG)は6日、チャンピオンズリーグ(CL)のバイエルン戦に向けた遠征メンバー23名を発表した。
PSGは7日、敵地フースバル・アレーナ・ミュンヘンで開催されるCL準々決勝1stレグで昨シーズンのファイナルで敗れた因縁の相手にリベンジを狙う。
マウリシオ・ポチェッティーノ監督はそのリベンジマッチに向け、FWネイマールやFWキリアン・ムバッペ、DFマルキーニョス、MFアンヘル・ディ・マリアなど主力を順当に選出した。
その一方で、イタリア代表での活動中に新型コロナウイルスに感染したMFマルコ・ヴェッラッティ、MFアレッサンドロ・フロレンツィの2選手や、負傷のFWマウロ・イカルディ、DFレイヴァン・クルザワがサスペンションのMFレアンドロ・パレデスと共にメンバー外となった。

パリSGフロレンツィが陽性 欧州CL8強は欠場
4/6(火) 14:45配信
日刊スポーツ : nikkansports.com

パリ・サンジェルマンはイタリア代表DFフロレンツィが新型コロナウイルス検査で陽性反応を示したため、7日の欧州チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝バイエルン・ミュンヘン戦を欠場すると発表した。
先月下旬のW杯欧州予選の際にイタリア代表では4人のスタッフが感染、同クラブのMFベラッティも陽性反応によって既に隔離されており、フロレンティも自主隔離に入っていたという。フランスでは陽性者に10日の隔離が義務づけられている。イタリア代表勢ではユベントスDFボヌッチも陽性反応で離脱している。

PSGがフロレンツィの新型コロナ感染を発表…プロトコル遵守で隔離措置へ
4/5(月) 19:19配信
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

パリ・サンジェルマン(PSG)は5日、イタリア代表DFアレッサンドロ・フロレンツィの新型コロナウイルス感染を発表した。
イタリア代表は2022 FIFAワールドカップ カタールの欧州予選として北アイルランド代表、ブルガリア代表、リトアニア代表と対戦し3連勝を飾った。しかしイタリア代表ではテクニカルスタッフの他、MFマルコ・ヴェッラッティ(パリ・サンジェルマン)、DFレオナルド・ボヌッチ(ユヴェントス)と複数人が新型コロナウイルスに感染しクラスターの発生が疑われていた。
今回PSGは「最新のPCR検査の結果、アレッサンドロ・フロレンツィが陽性であることが確認されました」と感染を発表。続けて「彼は隔離措置に入り、今後プロトコルに従うことになります。また、同選手は予防措置として念のため数日間隔離されていました」と伝えている。

PSG、フロレンツィもコロナ感染…ヴェッラッティに続いて今月2人目
4/5(月) 19:25配信
超WORLDサッカー!から

パリ・サンジェルマン(PSG)は5日、イタリア代表DFアレッサンドロ・フロレンツィが、新型コロナウイルスに感染したことを報告した。
PSGでは先日、MFマルコ・ヴェッラッティのコロナ再感染が判明。この2選手は、7日に控えるチャンピオンズリーグ準々決勝のバイエルン戦1stレグの欠場が確定した。
なお、フロレンツィは3日に行われたリーグ・アン第31節のリール戦は欠場しており、現在もプロトコルに従って隔離状態にあるようだ。

PSGのフロレンツィも新型コロナ陽性でバイエルン戦欠場へ…ヴェッラッティに続き
4/6(火) 8:31配信
(Goal)

パリ・サンジェルマン(PSG)のDFアレッサンドロ・フロレンツィが新型コロナウイルス陽性反応を示したようだ。
6日にはチャンピオンズリーグ準々決勝ファーストレグでバイエルン・ミュンヘンと対戦するPSG。だが、フロレンツィはクラブのメディカルチェックで新型コロナ陽性と診断されたため、ドイツ遠征には帯同しないこととなった。
クラブの公式声明では「アレッサンドロ・フロレンツィは、 PCR検査で陽性が確認されました。念のため、同選手は数日間、予防のために隔離されていた」とされている。
フロレンツィは今後10日間の静養を余儀なくされ、その後検査で陰性と判定されなければ、トレーニングへの復帰が認められない。そのため、来週末にストラスブール戦、4月13日にパルク・デ・プランスで行われるバイエルンとのセカンドレグでも欠場することとなる。
PSGはすでに新型コロナ陽性反応を示していたマルコ・ヴェッラッティとともにフロレンツィを欠いて、バイエルン戦へと挑む。

フロレンツィ陽性で欧州CLバイエルン戦欠場 伊代表で5人目
4/6(火) 11:07配信
AFP BB

【AFP=時事】フランス・リーグ1のパリ・サンジェルマン(Paris Saint-Germain、PSG)は5日、DFアレッサンドロ・フロレンツィ(Alessandro Florenzi)が新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示したため、7日に予定されている欧州チャンピオンズリーグ(UEFA Champions League 2020-21)の準々決勝バイエルン・ミュンヘン(Bayern Munich)戦を欠場すると発表した。先日の代表ウイークが終了してから、イタリア代表メンバーで陽性反応を示したのは同選手で5人目となる。
PSGがツイッター(Twitter)に投稿した内容によれば、フロレンツィの陽性は最新のPCR検査によって確認されたという。
フロレンツィについて「隔離を順守し、適切な健康プロトコルに従う」と記したPSGは、「同選手は予防措置として数日間の隔離に入っている」と付け加えた。
ASローマ(AS Roma)からローンで加入しているフロレンツィは、チームが0-1で敗れた3日のリール(Lille OSC)戦で登録メンバーに入っていなかった。
イタリア代表メンバーでは、同じくバイエルンとの準々決勝第1戦を欠場することになるPSGのMFマルコ・ヴェッラッティ(Marco Verratti)や伊セリエA・ユベントス(Juventus)のDFレオナルド・ボヌッチ(Leonardo Bonucci)、同リーグのカリアリ(Cagliari Calcio)に所属するGKアレッシオ・クラーニョ(Alessio Cragno)、ドイツ・ブンデスリーガ1部のSCフライブルク(SC Freiburg)のMFビンチェンツォ・グリフォ(Vincenzo Grifo)の陽性が明らかになっている。

パリSGベラッティが2度目の感染 欧州CLは欠場
4/3(土) 10:51配信
日刊スポーツ : nikkansports.com

パリ・サンジェルマンのイタリア代表MFベラッティが、新型コロナウイルス検査で陽性反応となり、隔離措置に入った。ベラッティは1月にも陽性反応となっており、2度目の感染とみられる。
ベラッティは先月下旬のW杯欧州予選に出場。イタリア代表では複数スタッフが感染したとのことで、ユベントスはDFボヌッチの陽性反応と隔離を発表していた。
パリ・サンジェルマンは3日にホームでリール戦、7日に敵地での欧州CL準々決勝バイエルン・ミュンヘン戦が控えているが、ベラッティの欠場は決定的となった。リーグ戦でパリ・サンジェルマンは現時点で首位だが、2位リールはともに勝ち点63で並んでおり、今回の対戦はいわゆる首位攻防戦だ。欧州CLでは、決勝トーナメント1回戦で4季前に屈辱的逆転負けを喫したバルセロナを下して8強入り。準々決勝では、昨季の決勝で敗れたバイエルン・ミュンヘンとの対戦で、再びリベンジできるか、注目されている。

PSGヴェッラッティが新型コロナウイルス2度目の陽性…CLバイエルン戦1stレグ欠場が確実に
4/3(土) 9:02配信
(Goal)

パリ・サンジェルマン(PSG)のイタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティが、新型コロナウイルスの検査で陽性となったことが判明した。これにより、同選手はUEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝、バイエルン戦のファーストレグに出場できないことになった。
所属先のPSGは次のような声明を公表している。
「最新のPCR検査の結果、マルコ・ヴェッラッティは陽性であることが確認された。保険当局のガイドラインに従い、マルコは隔離措置に入っている。彼はプロトコルの対象となり、引き続き経過を見ていくことになる」
これにより10日間の隔離が確実となり、ヴェッラッティは3日のリール戦(ホーム)、7日のCLバイエルン戦(アウェー)、10日のストラスブール戦(アウェー)で欠場する見通し。もし隔離期間を経て陰性と診断された場合、13日予定のバイエルン戦(ホーム)に間に合う可能性があるという。
なお、ヴェッラッティは今年1月にも新型コロナウイルスの検査で陽性となっていたため、今回が2度目の感染確認となった。
同選手は先日までイタリア代表に招集され、3月25日の北アイルランド戦、同28日のブルガリア戦に出場していた。この間、アッズーリのチームスタッフからは複数名の新型コロナウイルス感染者が出ており、先日はユヴェントスDFレオナルド・ボヌッチも所属チーム帰還後にCOVID-19の検査で陽性と診断されていた。

ヴェッラッティが2度目のコロナ陽性に、CLバイエルン戦欠場へ
4/3(土) 6:30配信
超WORLDサッカー!から

パリ・サンジェルマンは2日、イタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティが新型コロナウイルスの検査で陽性となったことを発表した。ヴェッラッティは1月にもコロナ陽性判定を受けていた。
イタリア代表に招集されていたヴェッラッティはカタール・ワールドカップ欧州予選2試合に出場。直近の3月31日に行われたリトアニア代表戦は太ももの負傷により欠場していた。
イタリア代表ではユベントスのDFレオナルド・ボヌッチがコロナ陽性となっていた。
PSGは7日にチャンピオンズリーグ準々決勝1stレグのバイエルン戦を控えるが、ヴェッラッティの欠場が確実となった。

PSGのヴェラッティが2回目の新型コロナ陽性…バイエルンとの第1戦を欠場へ
4/3(土) 4:46配信
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

パリ・サンジェルマン(PSG)は2日、同クラブに所属するイタリア代表MFマルコ・ヴェラッティから新型コロナウイルス陽性反応が確認されたことをクラブ公式ツイッターで発表した。
ヴェラッティは2日の夜に行われた検査で陽性判定を受けたようだ。これにより、同選手は健康保護プロトコルに従い、隔離されることになる。PSGは3日にリーグ・アン第31節でリールと、6日にはチャンピオンズリーグ(CL)の準々決勝でバイエルンとのファーストレグをアウェイで戦うが、同日付けのフランス紙『レキップ』によると、少なくともファーストレグは出場不可能となるようだ。
ヴェラッティが新型コロナウイルス陽性判定を受けたのは2回目のことで、1回目は今年1月30日のことだった。そのため、同選手は1月31日の第23節ロリアン戦と2月3日のニーム・オリンピック戦を欠場していた。ヴェラッティは3月31日に行われたカタール・ワールドカップ欧州予選の第3節リトアニア戦を左太ももの負傷で欠場していたが、離脱はPSGにとって痛手となりそうだ。
2012年夏からPSGに所属する現在28歳のヴェラッティは今季ここまで、負傷により離脱することもあったが公式戦26試合に出場している。