ミュラー、バイエルン以外無いことも無い | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2021/04/06
ミュラー、バイエルン以外無いことも無い

バイエルン一筋のミュラー
監督により出場機会も減り
本当に移籍するかもという時期もあったが
やはりミュラーはバイエルンだろう
シュバインシュタイガーの時も感じたが
バイエルン以外でプレーする姿が想像できない

「退団することになっても問題ない」バイエルン一筋のミュラー、移籍も視野に
3/29(月) 15:45配信
超WORLDサッカー!から

バイエルン一筋を貫くドイツ代表MFトーマス・ミュラーだが、退団も問題ないと考えているようだ。
2000年にバイエルンの下部組織に入団し、2008年のトップチームデビューからここまで歴代4位となる公式戦571試合の出場数を誇るミュラー。以前はマンチェスター・ユナイテッド移籍の噂もあったが、バイエルンでプロ14シーズン目を過ごしている。
イギリス『タイムズ』のインタビューに応じたミュラーは、バイエルンに特別な感情があるとしながらも、移籍することに全く問題はないと話している。
「僕はこのクラブに固執していない。特別な関係があるし、ここでプレーする前からバイエルンを愛している」
「でも、他のクラブでプレーするかどうかを決めなければならない状況になったとき、それは恥ずべきことではないし、全然問題じゃない」
「チアゴ(・アルカンタラ)がそうだったようにね」