ニューベル、移籍検討中 | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2021/03/05
ニューベル、移籍検討中

シャルケからやってきたニューベル24歳
ノイアーの後の選手としてきたが
まだまだ衰え知らずのノイアーが
ベンチになることもなく、出場機会を求めて
モナコにレンタルか

バイエルンGKニューベル、来季はモナコにレンタル移籍?…代理人は現状に不満
3/4(木) 18:41配信
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

バイエルンに所属するドイツ人GKアレクサンダー・ニューベルは、来季にモナコへと期限付き移籍する可能性があるようだ。4日、ドイツ誌『kicker』が報じた。
現在24歳のニューベルはパダーボルンの育成組織出身で、2015年にシャルケへ完全移籍。同クラブでは若くしてキャプテンを務めるなど中心選手の一人だったが、契約満了に伴い、昨年夏に2025年6月30日までの契約でバイエルンへとフリー移籍した。
しかし、バイエルンではドイツ代表GKマヌエル・ノイアーの存在もあり、出場機会をほとんど得られていない。『kicker』によると、バイエルンとニューベルは契約時に10試合の出場で合意していた模様だが、公式戦出場はチャンピオンズリーグ(CL)の1試合とDFBポカールの1試合のみ。同選手の代理人を務めるステファン・バックス氏は、「この状況には満足していない。これ以上ニューベルが出場しないのならば、夏にレンタル移籍で去ることも検討せざるをえないだろう」と、現状への不満を公にしている。
そんなニューベルのレンタルには、昨年11月までバイエルンを指揮していたニコ・コヴァチ監督率いるモナコが関心を示しているようだ。モナコはリーグ・アンで現在4位。10試合を残してCL出場圏内の3位リヨンとは勝ち点差「4」、5位RCランスとは勝ち点差「11」」となっており、来季のCLまたはヨーロッパリーグへの参戦が濃厚な状況にある。

“ノイアー二世”ニューベルが移籍を検討か…今季バイエルンに加入もノイアーの陰に埋もれる
3/4(木) 15:57配信
超WORLDサッカー!から

バイエルンのドイツ人GKアレクサンダー・ニューベルが移籍を検討しているようだ。ドイツ『キッカー』が伝えている。
昨シーズン限りでシャルケを契約満了で退団し、今シーズンからバイエルンへステップアップしたニューベル。5年過ごしたシャルケではドイツ屈指の若手GKとして名を挙げ、その経歴から、現在バイエルンやドイツ代表で正GKを務めるマヌエル・ノイアーの後継者とうたわれてきた。
しかしながら、そのノイアーが守護神に君臨するバイエルンでは全く出場機会を得られず、ここまでの出場はチャンピオンズリーグとDFBポカールの2試合のみ。移籍が内定した昨年1月には、クラブOBなどから「早すぎる移籍」だと懐疑的な目が向けられていたが、予想通りの結果となってしまっている。
契約が2025年までとなっているニューベルは、やはりこの状況に不満を抱いており、アドバイザーのステファン・バックス氏は「この状況は不十分だ。夏のローンについて考える必要がある」と移籍を示唆している。
『キッカー』によると、そんなニューベルの移籍先候補としてモナコが挙がっている模様。現在でリーグ・アンで4位につけており、来季のヨーロッパリーグ内氏はチャンピオンズリーグ出場に手をかけている状況だ。また、率いるのがかつてバイエルンやフランクフルトなどブンデスリーガでの指揮歴も持つニコ・コバチ監督で、ドイツ語も話せるため、ニューベルにとって可能性のある選択肢と言えるだろう。