ウパメカノ獲得! | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2021/02/15
ウパメカノ獲得!

ダヨ・ウパメカノ獲得決定
アラバ、ボアテングが微妙な中
確実に埋めていくバイエルン

バイエルン、DFウパメカノの今夏加入を発表! 2026年までの契約を締結へ
2/14(日) 20:12配信
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

バイエルンは14日、ライプツィヒに所属するフランス代表DFダヨ・ウパメカノについて、2021年7月1日に完全移籍で加入することを発表した。
バイエルンとウパメカノは、2026年6月30日までの契約を結ぶ予定。ライプツィヒの発表によると、バイエルンは同選手の契約に含まれていた契約解除条項を発動して同選手を獲得した。現地の報道では、バイエルンがライプツィヒに支払う移籍金は4250万ユーロ(約54億円)になると伝えられている。
現在22歳のウパメカノは2015年7月、ザルツブルクでプロとしてのキャリアをスタートさせた。2017年1月にライプツィヒに加入し、通算139試合に出場している。クラブの主力に定着し、昨季はチャンピオンズリーグ(CL)ベスト4進出に貢献した。また、昨年9月にはフランス代表デビューを果たし、通算3試合に出場している。
強さと巧さを兼ね備えるウパメカノの獲得には、バイエルンのほかにもマンチェスター・Uやリヴァプール、チェルシーなどが獲得を示していたと報道されていた。バイエルンは今夏にオーストリア代表DFダヴィド・アラバが退団することが有力視されており、その後釜として注目株のウパメカノを獲得することに成功した。

バイエルンが争奪戦制す! ライプツィヒDFウパメカノと来季から5年契約締結
2/14(日) 21:57配信
ゲキサカ[講談社]

バイエルンは14日、ライプツィヒに所属するフランス代表DFダヨ・ウパメカノ(22)と契約を締結したことを発表した。今年7月1日から2026年6月30日までの5年契約となり、今季はライプツィヒでプレーする。
ウパメカノにはバイエルンのほか、マンチェスター・ユナイテッドやリバプール、チェルシーなどビッグクラブが関心を示し、今夏の争奪戦が予想されていたが、バイエルンが契約締結に至った。ウパメカノは17年にオーストリアのザルツブルクからライプツィヒに加入。ブンデスリーガやUEFAチャンピオンズリーグで活躍を遂げ、チームの躍進に貢献してきた。
スポーツディレクターのハサン・サリハミジッチ氏は「FCバイエルン・ミュンヘンがダヨ・ウパメカノを獲得できて嬉しい。ダヨは今後我々のチームにとって非常に重要なメンバーになるだろう。我々は確信している」と期待を語っている。
『ESPN』によると、ウパメカノには約4250万ユーロ(約54億円)の契約解除条項があり、バイエルンはライプツィヒにこの額を支払って契約を結んだという。今夏オーストリア代表DFダビド・アラバの退団が濃厚となっているが、本命だった若手センターバックの補強に成功した。

DFウパメカノの今夏加入を受け…マテウス氏が持論「私ならズーレを…」
2/15(月) 1:32配信
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

かつてバイエルンやドイツ代表で活躍し、現在は解説者を務めるローター・マテウス氏が古巣バイエルンの守備陣の補強について持論を展開した。14日、ドイツメディア『スカイスポーツ』が報じている。
バイエルンは14日、ライプツィヒからフランス代表DFダヨ・ウパメカノを今夏に獲得することを正式に発表。契約期間は5年間で、2026年6月30日までとなっている。移籍金は4250万ユーロ(約54億円)と報じられ、新型コロナウイルスの感染拡大で多くのクラブが財政難に陥るなか、大型の補強となった。また、チェルシーやリヴァプール、マンチェスター・Uも関心を寄せていたなかの獲得となった。
来季からウパメカノが完全移籍でチームに加わるバイエルンだが、契約期間が今季末までとなっている元ドイツ代表DFジェローム・ボアテングの去就は不透明となっており、2022年6月末まで契約を残すドイツ代表DFニクラス・ズーレも例外ではないという。このようななか、マテウス氏はウパメカノの獲得を受け、バイエルンの守備陣の補強に関して、以下のように持論を展開した。
「ズーレはクラブに資金をもたらす。カール・ハインツ・ルンメニゲ(バイエルンのCEO)は、クラブにはパンデミック以前ほど資金はないと言っていた。それに、バイエルンはズーレに100パーセント満足しているわけではないというのは聞く話だ」
「もしイングランドのクラブから彼に関心があるのなら、私ならズーレを売却し、ボアテングとの契約を延長するだろうね。そうすれば、3000万~4000万ユーロ(約38億円~50億円)を得て、他のポジションを補強することができる」