ミュラーもコロナ | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2021/02/12
最終更新日:2021/02/13
ミュラーもコロナ

ハビ・マルティネス、ゴレツカ
そしてミュラーもコロナに
ミュラー自身は元気なようだ

クラブW杯の決勝直前…バイエルンFWミュラーが新型コロナ陽性
2/11(木) 21:45配信
ゲキサカ[講談社]

バイエルンのFWトーマス・ミュラーが新型コロナウイルスの検査で陽性判定を受け、クラブワールドカップ決勝を欠場するようだ。ドイツ『キッカー』が11日に伝えている。
記事によると、まもなくFIFAから正式な発表がされるという。
バイエルンは日本時間12日午前3時にキックオフするクラブW杯決勝で、北中米カリブ王者のティグレス(メキシコ)と対戦する。今季13ゴール14アシストを誇るFWの欠場はチームにとって痛手となりそうだ。なお、ミュラーの状態は良好で元気だと伝えられている。

トーマス・ミュラー、新型コロナ陽性。クラブW杯決勝を欠場…帰国後に自主隔離へ
2/12(金) 8:00配信
フットボールチャンネル

バイエルン・ミュンヘンは現地時間11日、MFトーマス・ミュラーの新型コロナウイルス陽性を発表した。クラブ公式サイトで伝えられている。
バイエルンは11日にUANLティグレスを1-0で破り、2度目のクラブワールドカップ優勝に輝いた。だが、この試合にミュラーの姿はなかった。
クラブワールドカップ決勝前にバイエルンが公式サイトでミュラーの新型コロナ陽性を発表。バイエルンの発表によると、ミュラーは即時隔離。ドイツ帰国後に自主隔離に入るという。
なお、バイエルンは11日にチーム全員がPCR検査を受けたが、ミュラー以外に陽性反応者はいなかったという。

クラブW杯決勝控えるバイエルン、ミュラーが新型コロナ陽性…他は全員陰性
2/12(金) 1:42配信
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

バイエルンは11日、元ドイツ代表FWトーマス・ミュラーが新型コロナウイルス感染症の陽性判定を受けたことを発表した。なお、ミュラー以外のチーム関係者は同日中に再検査を受け、全員の陰性が確認されている。
ミュラーは即座にチームから離脱し、同日に行われるFIFAクラブワールドカップ決勝のティグレス戦も欠場が決定。ドイツ帰国後も隔離を行うという。そのため、15日に行われるブンデスリーガ第21節のビーレフェルト戦も欠場することになるようだ。
なお、前日の10日には元ドイツ代表DFジェローム・ボアテングの離脱も発表されていた。元恋人の訃報が報じられたボアテングは「個人的な理由」でドイツに帰国したため、ミュラーと同じく決勝戦欠場が決まっている。
また、バイエルンは先月末、元スペイン代表MFハビ・マルティネスとドイツ代表MFレオン・ゴレツカの新型コロナウイルス陽性を報告。両選手はFIFAクラブ・ワールドカップに出場しているチームには同行していない。

バイエルン MFミュラーがコロナ陽性でクラブW杯決勝欠場…独紙はその他メンバー全員“出場可能”と報道
2/12(金) 1:37配信
スポニチアネックス

FIFAは11日、バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)のMFトーマス・ミュラーが新型コロナウイルスの検査で陽性判定を受け、サッカーのクラブ杯決勝を欠場すると発表した。
ミュラーについては既に大会の医療処置に基づき隔離されていると報告。濃厚接触者などについては触れず、ミュラーの欠場のみが伝えられた。
独紙ビルト(電子版)によれば、チームメートや関係者全員が再度検査を受け陰性判定だったもよう。決勝にはミュラー以外のメンバーは“出場可能”になったと報じた。