ウパメカノを狙う | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2021/01/22
最終更新日:2021/02/12
ウパメカノを狙う

ライプツィヒ所属のウパメカノ22歳を狙う
プレミア勢からも欲しがられている
人気銘柄も56億円でバイエルンに来るか

バイエルンがウパメカーノ代理人と“良い会談”…今夏にはプレミア勢と争奪戦へ
1/31(日) 12:12配信
(Goal)

バイエルン・ミュンヘンがRBライプツィヒのダヨチャンクレ・ウパメカーノの代理人と“ポジティブな会談”ができたことを認めた。
その去就に大きな注目の集まるウパメカーノ。昨シーズンのチャンピオンズリーグ準決勝進出を果たしてライプツィヒの守備の要として活躍する同選手が2023年までの契約を残す中、今夏以降4300万ユーロ(約55億円)と報じられる契約解除金が発生し、争奪戦が繰り広げられることが予想される。
マンチェスター・ユナイテッドやリヴァプール、チェルシーも獲得に興味を持つとされるフランス代表DFに対して、バイエルンも強い関心を示す模様。先日にはクラブCEOのカール=ハインツ・ルンメニゲ氏がウパメカーノへの関心を公言していた。
そして、ドイツ『ビルト』の報道によると、代理人のサッシャ・ブリーズ氏とフォルカー・シュトルート氏がバイエルンのオフィスの地下駐車場に入った場面が目撃された様子。
さらに、スポーティングディレクターのハサン・サリハミジッチ氏はドイツ『スカイスポーツ』で「もちろん、我々は彼のことを考えている。昨日、彼の代理人たちと良い会談を行った。何が起きるかそのうちにわかるだろう」と明かしていた。

バイエルン、ウパメカノ獲得に関心か…契約解除金約56億円の支払いへ
1/22(金) 12:45配信
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

バイエルンはライプツィヒに所属するフランス人DFダヨ・ウパメカノの獲得に関心を示している。21日にイギリス紙『ミラー』が報じた。
ウパメカノは今シーズン限りでライプツィヒを退団するとの噂が浮上している。同選手は複数のトップクラブから注目を集めており、プレミアリーグ初上陸を果たす可能性もあるようだ。
しかし、同紙によるとバイエルンがウパメカノ獲得競争をリードしているという。同クラブはライプツィヒに対して契約解除金として設定されている4000万ポンド(約56億円)を支払う予定で、獲得に本腰を入れている模様だ。
ウパメカノ自身も新しいチャレンジに前向きな姿勢を見せているとのことで、今シーズン限りでの退団を示唆していたと報じられている。果たして同選手は、バイエルンへのステップアップ後も継続して活躍することができるのであろうか。

バイエルンからの興味も…ライプツィヒ指揮官はウパメカノを信頼「我々には全く影響のないこと」
1/23(土) 19:32配信
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

ライプツィヒのユリアン・ナーゲルスマン監督が、同クラブに所属するフランス代表DFダヨ・ウパメカノについて語った。23日付けでスペイン紙『アス』が報じている。
現在22歳のウパメカノに対しては、これまでリヴァプールやチェルシー、マンチェスター・Uなど国外のビッグクラブからの熱視線が報じられてきた。しかしつい先日、同じブンデスリーガのバイエルンのカール・ハインツ・ルンメニゲCEOが同選手への興味を明らかにし、その去就により一層の注目が集まっている。
そんな中、取材に応じたナーゲルスマン監督はウパメカノとの将来について以下のように語った。
「(バイエルンは)しばしばライバルチームをナーバスにさせているが、我々には全く影響のないことだ。ウパメカノとの契約については、我々がよく分かっている。彼は毎試合ライプツィヒのために全力でプレーしてくれていることからも、彼の将来がどこにあるかは明らかだ」
「とはいえ、他のチームが彼に興味を持つのは、サッカー界ではごく普通のことだ。ただ、どこまで公言すべきかを判断しなければならない。私は特に反対しないが、正しい判断が求められると思う。先ほども言ったように、ライプツィヒとしては別に何も気にしていないけどね」
昨シーズンのチャンピオンズリーグで活躍を見せ、フランス代表のフル代表デビューも飾ったウパメカノだが、果たして今後どのようなキャリアを歩んでいくのだろうか。