重傷のキミッヒ、練習再開 | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2020/12/04
重傷のキミッヒ、練習再開

ドルトムント戦でハーランドと激突し負傷
右膝の手術を終え11月30日にランニング
朝から晩までグラウンドで練習している

右ひざ手術のキミッヒが復帰へ一歩前進…指揮官「朝から晩まで練習場にいる」
12/2(水) 1:21配信
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

負傷離脱中のバイエルンに所属するドイツ代表DFジョシュア・キミッヒが11月30日に個別練習を再開した。クラブ公式サイトが同日に伝えた。
キミッヒは11月7日に行われたブンデスリーガ第7節のドルトムント戦に先発出場したが、右ひざを痛めて36分に負傷交代を余儀なくされていた。翌8日には右ひざ外側半月板の手術を受け、クラブは来年1月に復帰する見込みと発表していた。
クラブ公式サイトによると、キミッヒは11月30日に手術後初めて練習場のグラウンドでランニングを実施。1月の復帰に向けて一歩前進したようだ。ハンジ・フリック監督は同日の会見で、「毎日、ジョシュアを見ているよ。彼は朝から晩まで練習場にいて、復帰に向けて汗を流している」と同選手の様子を伝え、「彼はチームにとって非常に重要な存在だ」と復帰を待ち望んでいる。
現在25歳のキミッヒは今シーズンの公式戦で11試合に出場。DFLスーパーカップのドルトムント戦やチャンピオンズリーグのロコモティフ・モスクワ戦で決勝点を決めるなど、これまで3ゴールを記録している。

キミッヒが復帰に向けて個人練習を再開! フリック「朝から晩まで練習場にいる」
12/1(火) 22:50配信
超WORLDサッカー!から

バイエルンのドイツ代表MFヨシュア・キミッヒが来年1月の復帰に向けて個人トレーニングを再開している。ドイツ『ビルト』が伝えている。
キミッヒは先月7日に行われたブンデスリーガ第7節、ドルトムントとのデア・クラシカーで右ヒザ外側半月板を損傷し、すぐさま手術を受けた。復帰時期に関しては来年1月中と見られているが、すでに個人トレーニングを再開しているという。
バイエルンを率いるハンジ・フリック監督は12月1日に開催されるチャンピオンズリーグ(CL)のアトレティコ・マドリー戦に向けた前日会見の場で、キミッヒの状態について言及している。
「私は毎日ヨシュアを見ている」
「彼は朝から晩までここ(練習施設)にいて、汗を流し復帰に向けて取り組んでいる。彼はこのチームにとって非常に重要だ」
また、フリック監督はキミッヒ不在の中で中盤でリーダーシップを発揮するドイツ代表MFレオン・ゴレツカの存在を頼もしく感じている。
「彼は現在、ヨシュア・キミッヒの不在を補う助けとなっている中盤のプレーヤーの一人だ」
「ピッチで大声を張り上げ、チームを引っ張っている。それは私が好んでいる姿だ。現在、彼は自分のリーダーシップの資質を示す過程にある」