ザークツィー、武者修行検討 | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2020/10/10
ザークツィー、武者修行検討

ザークツィー19歳
出場機会も厳しく、この状況も続きそうなので
武者修行も考えていると

出場減見込まれるザークツィー、レンタル移籍の可能性を示唆
10/10(土) 13:49配信
超WORLDサッカー!から

バイエルンのU-21オランダ代表FWジョシュア・ザークツィー(19)は出場機会を得るために将来的なレンタル移籍を希望している。昨季、ブレイクを果たした大器がオランダ『AD』で自身の去就について語っている。
ナイジェリアにルーツを持つオランダ生まれのザークツィーは、2017年にフェイエノールトの下部組織からバイエルンのユースチームに加入。オランダ代表の世代別チームの常連は、193cmの恵まれた体躯と得点感覚、足元の細かい技術にも長けた万能型のストライカーだ。
ユースやリザーブチーム時代からゴールを量産してきた逸材は、2019年11月に行われたトッテナムとのチャンピオンズリーグ(CL)でトップチームデビュー。その1カ月後にはブンデスリーガデビューとなったフライブルク戦で試合終了間際に決勝点を挙げる鮮烈なデビューを飾り、3日後のヴォルフスブルク戦でもゴールを記録。結局、デビューシーズンは公式戦12試合4ゴール1アシストの数字を残した。
トップ2年目を迎える今シーズンは1-4で敗戦したブンデスリーガ第2節のホッフェンハイム戦でスタメンを飾るなど、公式戦3試合に出場している。ただ、絶対的なエースであるポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキや既存の主力選手の存在に加え、今夏の移籍市場終盤にカメルーン代表FWエリック・マキシム・チュポ=モティング(31)が加入し、十分な出場機会を得るのは困難な状況だ。
そういった中、母国メディアのインタビューに応じたザークツィーは、出場機会を求めて武者修行に出る可能性があることを認めている。
「僕にとって難しい状況と言えるね。 今はバイエルンにいるけど、将来的に何かが起こるかもしれない。 まだ正確にはわからないけどね」
その一方で、今夏の移籍市場で囁かれていた古巣フェイエノールトへのレンタル移籍の可能性について問われると、「フェイエノールトとの間で話しはなかったよ」と、ディック・アドフォカート監督との接触を含め、具体的な動きがなかったと主張している。