2020.09.27:バイエルン vs ホッフェンハイム(A) | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2020/09/28
2020.09.27:バイエルン vs ホッフェンハイム(A)

アウェイのホッフェンハイム戦
スタメンはレヴァンドフスキからザークツィー
ゴレツカからトリッソに変更
コーナーからデイビス防ぎきれず先制点を許す
さらにパヴァールのクリアミスからダブールに抜けられ0-2
しかしキミッヒの素晴らしいミドルのシュートで1-2

バイエルンが高いといっても
かなりホッフェンハイムに攻められる

後半もホッフェンハイムがなかなかで
バイエルンはポストに当たったりで運も無く
レヴァンドフスキ、ゴレツカを投入
ノイアーじゃなかったら4失点
しかしその後もするっと行かれ1-3
さらにキミッヒ、アラバ、ノイアーを崩してPK1-4!
チャンピオンズリーグで負け無しだったが
ブンデスリーガではそうは行かなかった

2020.09.27:バイエルン・ミュンヘン 1-4 TSG1899ホッフェンハイム(A)

  • サネ
    (73:コマン)
  • ツィルクツェー
    (57:レヴァンドフスキ)
  • ニャブリ
  • ミュラー
  • トリッソ
    (73:ムシアラ)
  • キミッヒ
  • デイヴィス
  • アラバ
  • ボアテング
  • パヴァール
    (57:ゴレツカ)
  • ノイアー
  • 36:キミッヒ
  • ウルライヒ、ズーレ、マルティネス、エルナンデス、リチャーズ

フリック監督
「いつかは負ける時が来る。それは当然のことだ。ホッフェンハイムとセバスティアン・ヘーネス監督に賛辞を送りたい。彼らはとてもよく試合に入っていた。私は敗因のすべてを疲れのせいにしようとは思わない。ホッフェンハイムの選手は我々のスペースを消し、コンビネーションを発揮することができなかった。いつも通りの連係と決断力でチャンスをものにすることができなかっただけだ」
「敗因はいくつかある。試合には非常によく入ったと思う。私は、チームのコミットメントと姿勢について非難することはできない。メンタリティは今日も良かった。ホッフェンハイムには多くのチャンスを与えてしまったが、我々はオフェンス面でそれほど効果的ではなかった。それを改善しなければならない」
「ジョシュア・キミッヒとトーマス・ミュラーは今日も何度となく走り、試合をひっくり返すためにハードワークしていたよ。それは素晴らしかったし、突出していた選手たちだ」(サッカーキング)

ホッフェンハイム・ヘーネス監督
「バイエルンが4日前に120分間プレーしたことは忘れるべきでないが、われわれも素晴らしいパフォーマンスを披露した」(AFP BB)

ノイアー
「言い訳をするつもりはない。(過密日程は)僕らが直面すること。それを受け入れなければならない」(日刊スポーツ)

3冠王者バイエルンまさかの大敗。5大リーグ最長記録の23連勝がストップ
9/28(月) 9:12配信
フットボールチャンネル

ドイツ・ブンデスリーガ第2節のホッフェンハイム対バイエルン・ミュンヘン戦が現地時間27日に行われ、ホームのホッフェンハイムが4-1で勝利を収めた。バイエルンは公式戦の連勝記録が23試合でストップしている。
試合は序盤からホッフェンハイムが2点を先行する展開。バイエルンもヨシュア・キミッヒが1点を返したが、終盤には開幕戦でもハットトリックを達成していたFWアンドレイ・クラマリッチが2点を加えてホッフェンハイムが突き放した。
バイエルンは24日に行われたUEFAスーパーカップのセビージャ戦に勝利を収めた時点で公式戦23連勝。レアル・マドリードが2014年に達成していた22連勝を上回り、欧州5大リーグのクラブとしては史上最長の連勝記録を樹立したが、その記録も途切れることになった。
バイエルンが前回勝てなかった試合は今年2月9日にRBライプツィヒと0-0で引き分けた試合。その後はリーグ戦で14勝、DFBポカール(ドイツ杯)で3勝、チャンピオンズリーグで5勝、UEFAスーパーカップで1勝の計23勝を重ねて昨季の全タイトルを獲得していた。
バイエルンの敗戦は昨年12月7日のボルシア・メンヒェングラッドバッハ戦以来。ハンジ・フリック監督はその時点では暫定監督だったが、正式に就任してからは初の黒星となった。

33戦ぶり敗戦バイエルン「いつかそれは起こる」
9/28(月) 11:40配信
日刊スポーツ : nikkansports.com

昨季の欧州チャンピオンズリーグ(CL)など3冠を達成した王者バイエルン・ミュンヘンが、公式戦で33戦ぶりに敗れた。
開幕戦でシャルケに8-0で大勝したが、アウェーで行われた第2節のホッフェンハイム戦で1-4と今季初黒星を喫した。
前半に2点を先行され、36分にキミヒが1点を返したが、開幕戦でハットトリックを達成した絶好調FWクラマリッチに2点を奪われた。
Bミュンヘンの敗戦は19年12月7日のボルシアMG戦以来で、連勝も23でストップ。フリック監督は「いつかはそれが起こると思っていた。今日は簡単にチャンスを与えすぎたが、チームを責めることはできない。気持ちを切り替えて取り組んでいく」と話した。
優勝した24日の欧州スーパー杯セビリア(スペイン)戦から中2日。エースFWレバンドフスキも2年ぶりにリーグ戦でベンチスタートとなった。GKノイアーは「言い訳をするつもりはない。(過密日程は)僕らが直面すること。それを受け入れなければならない」と話した。

公式戦33戦ぶり敗戦も…フリックはバイエルン選手を擁護「責めることはできない」
9/28(月) 13:10配信
(Goal)

バイエルン・ミュンヘンのハンジ・フリック監督は、久しぶりの黒星も選手を擁護している。
27日のブンデスリーガ第2節でホッフェンハイムと対戦したバイエルン。過密日程を考慮してロベルト・レヴァンドフスキをベンチスタートとすると、24分までに2失点を喫する展開に。36分にヨシュア・キミッヒが1点を返したが、後半にさらに2点を失って1-4で敗れている。
昨季三冠を達成するなど、圧倒的な強さを見せていたフリック・バイエルンだったが、公式戦33試合ぶりの敗戦となった。24日にUEFAスーパーカップでセビージャと延長戦(2-1)を戦ってから中2日と、厳しい日程の中で黒星を喫している。
試合後、フリック監督は「敗戦には多くの理由がある。しかし、コミットメントや意志の面ではチームを責めることはできない」と選手たちを擁護。また「木曜日に120分の試合を終えた後のメンタリティは素晴らしかった。今は次のステップに進んでいる」と語り、過密日程の中での選手たちの姿勢を評価している。
バイエルンはこの後、30日にドイツ・スーパーカップでドルトムントと激突。さらに、その4日後にはブンデスリーガ第3節でヘルタと激突する。

バイエルンがホッフェンハイムに黒星、連勝は23でストップ
9/28(月) 11:04配信
AFP BB

【AFP=時事】20-21ドイツ・ブンデスリーガ1部は27日、第2節が行われ、欧州王者バイエルン・ミュンヘン(Bayern Munich)は1899ホッフェンハイム(1899 Hoffenheim)に1-4で敗れ、公式戦の連勝数が23でストップした。
DFエルミン・ビチャクチッチ(Ermin Bicakcic)とFWムナス・ダブール(Munas Dabbur)にゴールを決められ、敵地で早々に2点リードされたバイエルンは、前半のうちにヨシュア・キミッヒ(Joshua Kimmich)が1点を返したが、後半にはFWアンドレイ・クラマリッチ(Andrej Kramaric)にPKを含む2得点を許した。
この結果、ホームで金星を挙げたホッフェンハイムは首位に浮上し、前年王者バイエルンは2試合を終え7位というらしからぬ順位に沈んでいる。
ハンジ・フリック(Hansi Flick)監督の就任後、バイエルンが公式戦で敗れるのは、1-2でボルシア・メンヘングラッドバッハ(Borussia Moenchengladbach)に黒星を喫した昨年12月7日以来約10か月ぶりとなる。
疲労感あるチームのパフォーマンスについて質問が繰り返されたことにいら立ったフリック監督は、「ホッフェンハイムに祝福の言葉を。彼らはわれわれのスペースを消し、ほとんどチャンスは与えてもらえなかった」とコメントした。
「チャンスを生かしたり、いつものようなインテンシティー(強度)でプレーしたりすることさえできなかった」
バイエルンのウリ・ヘーネス(Uli Hoeness)名誉会長のおいに当たるホッフェンハイムのセバスチャン・ヘーネス(Sebastian Hoeness)監督は、バイエルンBチームの指揮官を務めていたが、今年7月に同チームを率いることになった。
セビージャFC(Sevilla FC)を2-1で下した24日のUEFAスーパーカップ(UEFA Super Cup 2020)で、120分の戦いを強いられた影響を示すなど、バイエルンには疲れが見えた。
ヘーネス監督は「バイエルンが4日前に120分間プレーしたことは忘れるべきでないが、われわれも素晴らしいパフォーマンスを披露した」と話した。【翻訳編集】 AFPBB News

「勝利への疲れ?」「フリック監督の策略だ」絶対王者バイエルンがまさかの大敗!ドイツ・メディアにも衝撃走る
9/28(月) 15:10配信
SOCCER DIGEST Web

現地時間9月27日にブンデスリーガ第2節のホッフェンハイム対バイエルンの一戦が行なわれ、絶対王者は1-4という完敗を喫した。
2019-20シーズンのドイツで三冠を達成し、チャンピオンズ・リーグを制した絶対王者は、24日にUEFAスーパーカップのセビージャ戦に2-1で勝利し、優勝カップを掲げたばかり。今後も続く過密日程のためか、主力のロベルト・レバンドフスキ、レオン・ゴレツカらはベンチからスタートしていた。
それでも主導権は王者が握るだろうというのが大方の見解だったが、16分、24分と立て続けに失点。36分にヨシュア・キミッヒが一矢報いるものの、後半にホッフェンハイムのFWアンドレイ・クラマリッチに2点を奪取され、なす術もなく敗れた。
バイエルンにとって今シーズン初の敗戦、そしてリーグ戦では2019年12月7日に行なわれたボルシアMG戦以来の黒星だ。ハンス・フリック監督としては、正式に就任してから初めての負け試合となる。
まさかの敗戦に、ドイツでは衝撃が走っている。現地紙『Deutsche Welle』は、「疲弊したバイエルンが2020年初の負け」と報じ、「彼らは勝利に疲れているように見えた。無敗ショーは終わりを告げ、頭はつるされたまま足は止まっていた。彼らのパスは平たんで、走り込むことさえ面倒そうだった。守備網を突破されても何もできなかった」と伝えた。
さらには、現地紙『BILD』のように「これはフリック監督の策略なのでは?」と“深読み”するメディアも現われている。
「バイエルンは今シーズンに三冠を守りたいのであれば、254日間で57試合をこなさなければならない。これは、ブンデス史上最も過酷なスケジュールだ。このチームには世界レベルのパフォーマンスを発揮できる14人のトッププレーヤーがいるが、彼らが必ずしも先発の11人に名を連ねられるとは限らないのだ。
この14人では、三冠を繰り返せるほどではないが、ダブルを達成するにも少なすぎる戦力かもしれない。フリック監督は以前からそう認識しており、ホッフェンハイムとの1-4で敗れた後、公の場で補強を呼び掛けている。つまり、この試合を意図的に“消化”し、フロントに補強の圧力をかけるために使ったのではないだろうか」
フリック監督の真意は知れないが、試合後の会見では「選手たちを責めることはできない」とプレーヤーを庇う発言をしている。
バイエルンは9月30日、ドルトムントとDFLスーパーカップの決勝で相まみえる。果たして、中2日で“強者”はどこまで回復できるだろうか。

大敗で連続無敗を「32」で止められたバイエルン指揮官「敗北を受け入れる」
9/28(月) 17:05配信
超WORLDサッカー!から

バイエルンのハンジ・フリック監督がホッフェンハイム戦での完敗を受け入れた。クラブ公式サイトが伝えている。
27日に敵地で行われたブンデスリーガ第2節でホッフェンハイムと対戦したバイエルンだが、25分までに2失点。36分にMFヨシュア・キミッヒのゴールで1点を返したものの、後半にも2失点を重ねて、1-4の完敗を喫した。
昨季から続いた公式戦無敗が「32」でストップしたフリック監督。試合には上手く入れたと語りながらも、完敗であったと認めた。
「今日は対戦相手に簡単にチャンスを作らせすぎた。我々はいつも通りの効果的な攻撃ができなかった」
「だが、試合には上手く入れていた。チームを責めることはできない。彼らは戦い、全力を尽くした。私は敗北を受け入れる」

「いつかは負ける時が来る」…バイエルン指揮官、今年初の敗戦も選手を擁護
9/28(月) 5:13配信
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

バイエルンを率いるハンジ・フリック監督が、敗北を喫したブンデスリーガ第2節のホッフェンハイム戦後にコメントを残した。27日、ドイツメディア『tz』が伝えている。
バイエルンは27日、ブンデスリーガ第3節でホッフェンハイムとアウェーで対戦し、1-4で敗れた。公式戦で黒星となったのは2019年12月7日第4節のボルシアMG戦以来、295日ぶりのことで、連勝記録は23でストップした。
フリック監督は試合後の記者会見に出席し、敗因や出場した選手たちについて以下のようにコメントを残している。
「いつかは負ける時が来る。それは当然のことだ。ホッフェンハイムとセバスティアン・ヘーネス監督に賛辞を送りたい。彼らはとてもよく試合に入っていた。私は敗因のすべてを疲れのせいにしようとは思わない。ホッフェンハイムの選手は我々のスペースを消し、コンビネーションを発揮することができなかった。いつも通りの連係と決断力でチャンスをものにすることができなかっただけだ」
「敗因はいくつかある。試合には非常によく入ったと思う。私は、チームのコミットメントと姿勢について非難することはできない。メンタリティは今日も良かった。ホッフェンハイムには多くのチャンスを与えてしまったが、我々はオフェンス面でそれほど効果的ではなかった。それを改善しなければならない」
「ジョシュア・キミッヒとトーマス・ミュラーは今日も何度となく走り、試合をひっくり返すためにハードワークしていたよ。それは素晴らしかったし、突出していた選手たちだ」

開幕戦大勝のバイエルンがアウェーで4失点大敗
9/28(月) 0:50配信
日刊スポーツ : nikkansports.com

<ブンデスリーガ:ホッフェンハイム4-1Bミュンヘン>◇27日◇ジンスハイム
開幕戦でシャルケに大勝したバイエルン・ミュンヘンはアウェーでホッフェンハイムに1-4で敗れ、今季初黒星を喫した。
前半16分、ホッフェンハイムのDFビカクチッチに先制ゴールを決められると、24分にも失点。後半に入るとクラマリッチに2点を奪われた。

バイエルンがホッフェンハイムにまさかの完敗… 公式戦無敗記録が32でストップ《ブンデスリーガ》
9/28(月) 0:28配信
超WORLDサッカー!から

バイエルンは27日、ブンデスリーガ第2節でホッフェンハイムとのアウェイ戦に臨み、1-4で敗れた。
開幕戦のシャルケ戦を8発圧勝とした王者バイエルンは、3日前に行われたセビージャとのUEFAスーパーカップを延長戦の末に勝利した。そのバイエルンはセビージャ戦のスタメンから4選手を変更。レヴァンドフスキ、ゴレツカ、ジューレ、リュカに代えてアルフォンソ・デイビス、J・ボアテング、トリソ、ザークツィーを起用した。
ケルン相手に3-2と競り勝って白星スタートとしたホッフェンハイムに対し、3トップに右からニャブリ、ザークツィー、サネ、トップ下にミュラーを据える[4-2-1-3]で臨んだバイエルンが立ち上がりから押し込む展開とする。
しかし、攻めあぐねる状況が続くと、16分に先制された。左CKからビカクチッチにヘディングシュートを決められた。
さらに24分、クリアボールに抜け出したダブールにGKノイアーと一対一の局面を作られると、チップキックシュートでネットを揺らされてしまった。
その後もディフェンスライン背後を取られる形からピンチを立て続けに迎えたバイエルンだったが、36分に1点を返す。ミュラーのパスを受けたボックス手前左のキミッヒがコントロールシュートでゴール右上に流し込んだ。
追加タイム1分にはクラマリッチに決定的なシュートを許すも、ここはGKノイアーが凌ぎ、バイエルンは1-2で前半を終えた。
迎えた後半もバイエルンが押し込む展開としたが、51分にピンチ。自陣でJ・ボアテングがボールをロストし、ダブールに決定的なシュートを打たれたが、枠を外れて助かった。
57分にザークツィーのシュートがバーを直撃したバイエルンは、レヴァンドフスキとゴレツカを投入。
それでもギアが上がりきらず、72分にはコマンを投入。直後にはスコフに決定的なシュートを許すも、ここもGKノイアーが立ちはだかった。
しかし77分、ホッフェンハイムに決定的な3点目を献上する。ベブの右クロスを受けたクラマリッチにトラップからシュートを蹴り込まれた。
さらに追加タイムにはPKを献上してクラマリッチに決められ、1-4で敗れたバイエルンは、昨季からの公式戦無敗記録が32でストップした。

バイエルンが295日ぶりの敗戦で今年初黒星…ホッフェンハイムに完敗で公式戦連勝は23で終了
9/28(月) 0:26配信
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

ブンデスリーガ第2節が27日に行われ、ホッフェンハイムとバイエルンが対戦した。
王者バイエルンは開幕戦でシャルケに8-0で圧勝し、9連覇に向けて白星スタートを切った。24日にはチャンピオンズリーグ王者としてUEFAスーパーカップに臨み、ヨーロッパリーグ王者のセビージャを撃破して今季初タイトルを獲得。中2日で今試合は、ロベルト・レヴァンドフスキが2018年9月25日の第5節アウクスブルク戦以来、2年ぶりのリーグ戦ベンチスタートとなり、代わりに19歳のジョシュア・ザークツィーがスタメン入りした。
バイエルンは公式戦23連勝中と絶好調だが、この試合で先手を取ったのは昨季までバイエルンのセカンドチームで指揮をとっていたセバスティアン・ヘーネス監督が率いるホッフェンハイムだった。16分、デニス・ガイガーの左CKにエルミン・ビチャクチッチが頭で合わせてゴール右隅に流し込み、貴重な先制点を挙げた。さらに24分にはモアネス・ダブールがエリア内に抜け出し、GKマヌエル・ノイアーとの一対一で絶妙なループシュートを沈めて追加点を決めた。
その後もホッフェンハイムはカウンターからチャンスを作り、29分にクリストフ・バウムガルトナーが、32分にもアンドレイ・クラマリッチがエリア内からシュートを打ったが、どちらも得点には結びつかず。
するとバイエルンは36分に反撃が実る。トーマス・ミュラーから落としを受けたジョシュア・キミッヒがエリア前からミドルシュートをゴール右上隅に決めて1点を返した。だが、前半アディショナルタイム1分にはピンチを迎え、エリア内に侵入したクラマリッチに左足シュートを打たれたが、GKノイアーのセーブとクロスバーに救われた。
1点ビハインドで折り返したバイエルンは後半も好守に噛み合わず、57分にはザークツィーとベンジャマン・パヴァールを下げて、ついにレヴァンドフスキとレオン・ゴレツカを投入して反撃に力を入れる。
バイエルンは主導権こそ握るが、その後も決定機を作れず苦戦が続く。すると77分、ホッフェンハイムはGKからのロングパスをシンプルにつなぎ、最後はエリア中央のクラマリッチがゴール左隅に流し込んで大きな追加点を挙げた。さらに後半アディショナルタイム2分には、カウンターで抜け出したイーラス・ベブがエリア内でGKノイアーに倒されてPK獲得すると、これをクラマリッチがゴール左上に決めてダメ押しゴールを奪った。
試合はこのままタイムアップを迎え、バイエルンが今シーズンのリーグ戦2試合目で初黒星を喫し、公式戦連勝が23試合でストップ。公式戦では2020年初黒星で、2019年12月7日の第14節ボルシアMG戦以来、295日(約9カ月)ぶりの敗戦となった。
バイエルンは次戦、9月30日にドイツ・スーパーカップでドルトムントと対戦し、10月4日にリーグ戦第3節でヘルタ・ベルリンをホームに迎える。ホッフェンハイムは次節、10月3日にアウェイでMF長谷部誠とMF鎌田大地が所属するフランクフルトと対戦する。

バイエルン、公式戦33試合ぶりに黒星!最強王者から伏兵ホッフェンハイムが4発
9/28(月) 0:25配信
(Goal)

ブンデスリーガ第2節が27日に行われ、ホッフェンハイムとバイエルン・ミュンヘンが対戦した。
ミッドウィークにUEFAスーパーカップを戦い、中2日となったバイエルン。ロベルト・レヴァンドフスキ、レオン・ゴレツカといった選手を温存した一方で、トーマス・ミュラー、ヨシュア・キミッヒ、リロイ・サネ、セルジュ・ニャブリといった選手がスタメンシートに並んだ。レヴァンドフスキ、ゴレツカの代わりにはジョシュア・ザークジー、コランタン・トリッソが入っている。
近年、バイエルンとは相性のいいホッフェンハイムが、そのデータをピッチで示す。16分、コーナーキックにDFエルミン・ビチャクチッチがニアで合わせ、ファーサイドへと流し込む。さらに24分、バイエルン守備陣のクリアミスにムナス・ダブールが反応。マヌエル・ノイアーとの1対1をループシュートで制し、リードを2点に広げる。
それでも、公式戦32試合負けなしのバイエルンは、36分にキミッヒがコントロールされた美しいミドルシュートで1点を返し、前半を終える。
後半はバイエルンがボールを持ちながらも、ホッフェンハイムがスキを突いてチャンスを作っていく。バイエルンはレヴァンドフスキ、ゴレツカを投入して勝負に出るが、再びホッフェンハイムが一歩前へ出る。77分、ロングボールをつなぎ、右サイドからの浮き球の折り返しをアンドレイ・クラマリッチがワントラップからボレーシュート。見事なシュートをゴール左隅に流し込み、スコアは3-1に。
試合は終盤オープンな展開となり、両チームにチャンスが訪れる中、再びチャンスを作ったのはホッフェンハイム。カウンターからイーラス・ベブゥーが抜け出すと、ノイアーが倒してPKを献上。これをクラマリッチが沈め、王者バイエルンから4点目を奪う。そのまま試合は終了し、ホッフェンハイムが4-1で勝利している。バイエルンに対して公式戦33試合ぶりに土を付けたのは伏兵ホッフェンハイムとなった。

欧州王者に33試合ぶり土を付けたホッフェンハイム。指揮官は元バイエルンで、ヘーネス元会長の甥
9/28(月) 14:40配信
(Goal)

ドイツ王者、そして欧州王者であるバイエルン・ミュンヘンの無敗記録を止めたのはホッフェンハイムとなった。
バイエルンは27日、ブンデスリーガ第2節でホッフェンハイムと対戦。ミッドウィークにセビージャと戦っていたバイエルンは、ロベルト・レヴァンドフスキやレオン・ゴレツカといった選手を温存。すると、ホッフェンハイムが2点をリードし、後半にもアンドレイ・クラマリッチが少ないチャンスを活かし、計4ゴールを奪う。最終的にホッフェンハイムが4-1とバイエルンを寄せ付けず、王者に公式戦33試合ぶりの黒星を付けている。
試合後、ホッフェンハイムを率いるセバスティアン・ヘーネス監督は「チームの資質は明らかだ。我々はフットボールをすることができる、特にプレーの切り替えに関してはね。今日、我々はまさにそれを示した」とチームを称賛した。
38歳のヘーネス監督は昨シーズンまではバイエルンのセカンドチームを指揮。バイエルンのセカンドチームにとって昇格1年目となった昨季だが、ドイツ3部リーグで見事優勝を果たした。ヘーネスはその功績が認められ、今季からホッフェンハイムで指揮を執る。バイエルンの元会長ウリ・ヘーネスの甥でもある、指揮官が今後どのような手腕を見せるのか注目だ。