2020.09.18:バイエルン vs シャルケ(H) | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2020/09/19
2020.09.18:バイエルン vs シャルケ(H)

三冠王者の開幕戦
バイエルンは最初からクライマックス
無観客のアリアンツアレーナ
新戦力の10番サネ
紫のボアテング
7番のニャブリと新しい風景

最初にサネにボールが渡った
4分でニャブリ
18分にゴレツカ
30分にレヴァンドフスキのPK
もう反則でしか止められないシャルケ

後半に入っても1分ちょっとでニャブリで4点目
そしてニャブリのハットトリックで5-0
まだまだ止まらず
レヴァンドフスキの魅せるパスからミュラー
そしてサネ、すごい飛び出しから7点目
ここで若手三銃士を投入
(キュイザンス21歳、リチャーズ20歳、ムシアラ17歳)
まだ止まらずムシアラ17歳が8点目

ベンチに戻ったニャブリとサネは何かに2人で爆笑
ニャブリとサネは新世代のリベリー&ロッベン
2人で攻撃してきたときの迫力は十分

9.18:バイエルン・ミュンヘン 8-0 シャルケ(H)

  • サネ
    (73:キュイザンス)
  • レヴァンドフスキ
  • ニャブリ
    (73:ムシアラ)
  • ミュラー
    (82:ツィルクツェー)
  • ゴレツカ
    (51:トリッソ)
  • キミッヒ
  • エルナンデス
  • ボアテング
    (73:リチャーズ)
  • ズーレ
  • パヴァール
  • ノイアー
  • 4:ニャブリ、19:ゴレツカ、31:レヴァンドフスキ、47:ニャブリ、59:ニャブリ、69:ミュラー、71:サネ、81:ムシアラ
  • ウルライヒ、ニューベル、デイヴィス、マルティネス

フリック監督
「卓越した結果だ。この試合を我々の立ち位置を確定するものだと位置付けたが、見事にやり遂げた。今季に向けても準備ができていることを示したかったんだ。今日の試合であのようなパフォーマンスをピッチで体現でき、嬉しく思う」(超WORLDサッカー!)

オリバー・カーン
「チームが即座に昨季のパフォーマンスを披露したのは驚きべきこと。プレシーズンも非常に短かったにもかかわらずね。あのようなパフォーマンスを発揮した事実はすべての称賛に値する」
「選手たちはあの試合を楽しみ、喜びとともにプレーした。向上しようとする姿勢もあり、常にレベルアップしようとする思いもある」
「今日はレロイ・サネがデビューした。それはチームの変化にも繋がる。彼は最初から準備ができていることを示したいと思っている」(超WORLDサッカー!)

サネ
「すごくハッピーだ。このチームは昨季の段階で、すごく良い選手と連帯感で頂点に立った。3冠を達成したとはいえど、ここの選手たちは今もハングリーだ。ホームでシャルケ相手にこんな形でスタートを切れたのは素晴らしいこと。やっとみんなと一緒にプレーができて、素晴らしい気持ちだ」
「良い試合ができ、たくさんのゴールも生まれ、すごく良い日になったよ。気の緩みも全くなかった。もちろん、僕もフルスロットルで臨みたい思いだが、まだ100%の状態じゃない。常にベストを尽くして、チームが良い戦いをして勝てるようヘルプしていきたい」(超WORLDサッカー!)

サネのデビュー弾にニャブリがハット!王者バイエルンがシャルケに8発圧巻スタート!《ブンデスリーガ》
9/19(土) 5:21配信
超WORLDサッカー!から

バイエルンは18日、ブンデスリーガ開幕戦でシャルケをホームに迎え、8-0で圧勝した。
昨季ブンデスリーガ8連覇を達成し、チャンピオンズリーグ制覇を果たしたバイエルンの新シーズン初戦。そのバイエルンはチアゴがリバプールに移籍した中、新戦力のFWサネが先発となった。
新戦力のパシエンシアがスタメンとなった昨季12位のシャルケに対し、バイエルンは[4-3-3]を採用。3トップに右からニャブリ、レヴァンドフスキ、サネと並べ、トップ下にミュラーが入った。
そのバイエルンは開始1分、パシエンシアにGKノイアー強襲のシュートを打たれた中、4分に先制する。キミッヒのロングフィードに抜け出したニャブリがDFのマークを外し、ペナルティアーク中央から左足を一閃。シュートがゴール左に決まった。
あっさりと先制に成功したバイエルンは、19分に加点する。ニャブリの右クロスをミュラーが収めて後方に落とし、ゴレツカがダイレクトでゴール左へグラウンダーのシュートを蹴り込んだ。
さらに30分、レヴァンドフスキがボックス内でカバクに倒されてPKを獲得すると、レヴァンドフスキ自ら決めて3-0とした。
バイエルンが圧倒して前半を終えて迎えた後半、開始2分に4点目を挙げる。サネがディフェンスライン裏を突いてルーズとなったボールをニャブリが拾ってゴールへ流し込んだ。
止まらないバイエルンは59分、サネがディフェンスライン裏を取ってDFを引き付けラストパス。並走していたニャブリが確実にゴールへ流し込み、5-0とした。
ニャブリがハットトリックとした容赦ないバイエルンは69分、ボックス右に流れたレヴァンドフスキのラボーナによるクロスからミュラーがボレーで決めて6-0。
そして2分後にはサネにデビュー弾が生まれる。キミッヒのロングスルーパスに抜け出し、GKとの一対一を制した。
81分には17歳のイングランド人FWミュージアラにもトップチーム初ゴールが生まれ、バイエルンが8発圧勝。王者が圧巻のスタートを切っている。

「飢えた」王者バイエルン、開幕戦で歴史的大勝 ナブリーがハット
9/19(土) 13:07配信
AFP BB

【AFP=時事】20-21ドイツ・ブンデスリーガ1部は18日、第1節が行われ、バイエルン・ミュンヘン(Bayern Munich)は8-0という歴史的スコアでシャルケ04(Schalke04)を粉砕。イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティ(Manchester City)から移籍後初得点を記録したリロイ・ザネ(Leroy Sane)は、昨季すべてを勝ち取ったチームはもっと多くのタイトルを求めていると話した。
ゴールラッシュとなった本拠地アリアンツ・アレーナ(Allianz Arena)で、1得点に加えハットトリックを記録したサージ・ナブリー(Serge Gnabry)に二つのアシストを提供したザネは、「昨季3冠を達成したが、チームは今も飢えている。最初のホームゲームで8-0は最高の結果」とコメントした。
昨季は序盤に膝の十字靱帯(じんたい)を損傷し、ほぼシーズンを棒に振ったザネは、「やっとここの選手と一緒にプレーできて本当にうれしい。多くのゴールが生まれて素晴らしい日になった」と喜んだ。
わずか26日前に欧州チャンピオンズリーグ(UEFA Champions League 2019-20)を制覇したバイエルンは、昨季から続く連勝を22試合に伸ばした。
バイエルンで取締役を務める元主将のオリバー・カーン(Oliver Kahn)氏は、「昨シーズンのパフォーマンスを足場にチームをうまく築いている。驚異的だ」と称賛した。
ブンデスリーガ開幕戦の最多得点記録を更新したバイエルンは、5週間前にチャンピオンズリーグ準々決勝でFCバルセロナ(FC Barcelona)に8-2で勝利している。
レオン・ゴレツカ(Leon Goretzka)、トーマス・ミュラー(Thomas Muller)、ロベルト・レワンドフスキ(Robert Lewandowski)もスコアシートに名を連ねたバイエルンは、最後にイングランドの年代別代表で17歳のジャマル・ムシアラ(Jamal Musiala)が途中出場から8点目をマークし、リーグ戦におけるクラブ史上最年少の得点者となった。【翻訳編集】 AFPBB News

バイエルンFWミュラーが通算200ゴール達成、ブンデスリーガ創設後バイエルンで3人目の快挙
9/19(土) 9:50配信
超WORLDサッカー!から

バイエルンの元ドイツ代表FWトーマス・ミュラーが偉業を達成した。
バイエルンは18日、2020-21シーズンのブンデスリーガ開幕戦でシャルケと対戦し、8-0の大勝を収めた。
ブンデスリーガ9連覇を目指すバイエルンは、開始4分でセルジュ・ニャブリがゴールを決めると、レオン・ゴレツカ、ロベルト・レヴァンドフスキなどがゴールを重ね、マンチェスター・シティから加入したドイツ代表MFレロイ・サネも初ゴールを記録していた。
この試合に先発したミュラーは5-0で迎えた69分、ボックス内右からレヴァンドフスキがラボーナでクロス。これを後方から走り込み豪快に蹴り込んでゴールを記録した。
このゴールは、ミュラーにとってバイエルンで200ゴール目のメモリアルゴールに。バイエルンで歴代4位、ブンデスリーガが始まってからは3人目の快挙達成となった。
バイエルンではブンデスリーガ創設前に活躍したゲルト・ミュラー氏が515ゴールでクラブ最多。2位にはレヴァンドフスキが247ゴールでつけ、3位はカール=ハインツ・ルンメニゲ氏が217ゴールで続いている。ミュラーが順調にゴールを重ねれば、今シーズン中にも3位に入る可能性がある。

バイエルンの新たな10番サネ、1ゴール2アシストの上々デビュー 「すごく良い日に」
9/19(土) 11:15配信
超WORLDサッカー!から

バイエルンのドイツ代表FWレロイ・サネが上々のデビューに喜びの心境を語った。クラブ公式サイトが伝えている。
バイエルンは18日に行われたブンデスリーガ開幕節でシャルケと対戦して、8-0の白星。左ウィングの位置で先発入りのサネは古巣シャルケを相手に1得点2アシストの活躍をみせ、新たな背番号「10」としてもインパクトを残した。
チームが大勝発進を切ったなか、個人としても最高の形でバイエルンでのキャリアをスタートさせたサネ。試合後、チームの快勝スタートとともに、自身の鮮烈な公式戦デビューを喜び、さらなる活躍を誓った。
「すごくハッピーだ。このチームは昨季の段階で、すごく良い選手と連帯感で頂点に立った。3冠を達成したとはいえど、ここの選手たちは今もハングリーだ。ホームでシャルケ相手にこんな形でスタートを切れたのは素晴らしいこと。やっとみんなと一緒にプレーができて、素晴らしい気持ちだ」
「良い試合ができ、たくさんのゴールも生まれ、すごく良い日になったよ。気の緩みも全くなかった。もちろん、僕もフルスロットルで臨みたい思いだが、まだ100%の状態じゃない。常にベストを尽くして、チームが良い戦いをして勝てるようヘルプしていきたい」

爆勝発進のバイエルン指揮官フリック「卓越した結果」 役員カーンも賛辞
9/19(土) 12:10配信
超WORLDサッカー!から

バイエルンのハンジ・フリック監督が3冠王者としての力強い白星発進に満足感を示した。クラブ公式サイトが伝えている。
バイエルンは18日にホームで行われたブンデスリーガ開幕節でシャルケと対戦。9連覇がかかるリーグ戦の初戦を8-0の記録的な快勝撃で飾った。
開幕戦から盤石の戦いぶりでワンサイドゲームを演じてみせたフリック監督は試合後、文句のつけようのない結果を喜んだ。
「卓越した結果だ。この試合を我々の立ち位置を確定するものだと位置付けたが、見事にやり遂げた。今季に向けても準備ができていることを示したかったんだ。今日の試合であのようなパフォーマンスをピッチで体現でき、嬉しく思う」
また、バイエルンの役員を務めるオリバー・カーン氏もチームの開幕ゲームに言及。チームを称え、デビュー戦から1ゴール2アシストを記録したドイツ代表FWレロイ・サネにも触れた。
「チームが即座に昨季のパフォーマンスを披露したのは驚きべきこと。プレシーズンも非常に短かったにもかかわらずね。あのようなパフォーマンスを発揮した事実はすべての称賛に値する」
「選手たちはあの試合を楽しみ、喜びとともにプレーした。向上しようとする姿勢もあり、常にレベルアップしようとする思いもある」
「今日はレロイ・サネがデビューした。それはチームの変化にも繋がる。彼は最初から準備ができていることを示したいと思っている」

バイエルン8発! ニャブリがハット V9へ好発進
9/19(土) 6:43配信
日刊スポーツ : nikkansports.com

バイエルン・ミュンヘンがホームでの開幕戦でシャルケに8-0で大勝し、9連覇へ好発進した。
FWニャブリがハットトリック、新加入のFWサネが1ゴール2アシストと活躍した。まずは前半4分、MFキミヒの自陣からの相手DF裏への縦パスにニャブリが反応し、左足ミドルシュートで先制点を奪い、同19分には右クロスからFWミュラーの落としをMFゴレツカが右足でたたき込んで2点目。同31分にはFWレバンドフスキが倒されて得たPKを自らが決め、前半を3-0で折り返した。
後半に入るとゴールショーが始まり、同2分にカウンターからサネが抜け出しラストパスをニャブリが押し込み、同14分には縦パスを受けたサネのキープからニャブリが右足で流し込んでハットトリックを達成。同24分にはペナルティーエリア右からのレバンドフスキのラボーナのラストパスをミュラーが左足ボレーで決めて6点目。さらに同26分、キミヒのグラウンダーの縦パスにサネがフリーで抜け出し、相手GKとの1対1を冷静に左足で決めて移籍後初ゴールをマーク。同36分にも交代出場の17歳MFムシアラが左サイドからのカットインから右足でニアサイドに突き刺して8点目を決めた。

サネ、バイエルンデビュー戦で1ゴール2アシスト「とてもいい一日だった」
9/19(土) 8:07配信
(Goal)

バイエルン・ミュンヘンのFWリロイ・サネがデビュー戦で鮮烈なインパクトを残した。
バイエルンは18日、ブンデスリーガ第1節でシャルケと対戦。サネはデビュー戦で先発出場を果たした。試合はバイエルンの一方的なペースに。前半で3-0とすると、後半にはサネが2アシストでセルジュ・ニャブリのゴールをお膳立て。71分には、スピードを生かした抜け出しから自身も初ゴールをマークし、8-0の勝利に貢献した。
サネは試合後、デビュー戦についてこのように話して喜んだ。
「皆と一緒にピッチに立てて、気分がよかった。とてもいい一日だったよ。気持ちが楽だったし、チームとの関係もうまくいくと思った。今日は全員がハングリーだったし、攻撃し、全力を尽くそうとしていた」
一方で、古巣でもあるシャルケから8ゴールを奪う結果となり、「シーズン開幕からこうした敗戦は厳しい。もちろん、彼らには申し訳ないと思っている」と同情心も口にした。

強すぎる欧州王者バイエルン、開幕戦で8ゴール圧勝。9連覇に向けて完璧スタート
9/19(土) 5:20配信
フットボールチャンネル

ブンデスリーガ開幕戦のバイエルン・ミュンヘン対シャルケが現地時間18日に行われた。試合はホームのバイエルンが8-0で勝利した。
ブンデスリーガ8連覇中のバイエルンは、昨季のチャンピオンズリーグも制している。ただ、その影響で他クラブよりも準備期間が短く、コンディション面は心配された。
しかし、バイエルンはすぐに周囲の不安を払しょくする。開始4分、自陣からのフィードを受けたニャブリが先制点を決めてリードを奪うと、バイエルンが完全にゲームを支配した。
19分にゴレツカ、31分にレヴァンドフスキが決めて3点リードで折り返すと、後半立ち上がりにニャブリが決めて4点差。59分にはザネのお膳立てからニャブリがハットトリックを達成して5-0とする。
69分にはレヴァンドフスキがラボーナで上げたクロスにミュラーがボレーで合わせて6点差とすると、その2分後にはザネが移籍後初ゴール。81分には17歳のミュージアラにもゴールが生まれて8-0。最後までシャルケを圧倒し続け、開幕戦で圧倒的な強さを披露した。

王者バイエルン、開幕節シャルケ戦で8発大勝! ニャブリはハットトリック
9/19(土) 5:26配信
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

ブンデスリーガ開幕節が18日に行われ、バイエルンとシャルケが対戦した。
昨季3冠を達成したバイエルンは現在、ブンデスリーガ8連覇中。対するシャルケは昨季、クラブ史上ワースト記録となる18戦連続未勝利を記録し、12位で終えた。ブンデスリーガ9連覇を目指すバイエルンが、今季から立て直しを図りたいシャルケをホームに迎えた。
試合を動かしたのは王者バイエルン。4分、ジョシュア・キミッヒからボールを受けたセルジュ・ニャブリが相手DFを交わし、ゴール左上にシュートを突き刺した。試合序盤から主導権を握るバイエルンは19分、ニャブリが右サイドからクロスを送ると、最後はレオン・ゴレツカが冷静に流し込んで追加点を奪った。
バイエルンは31分にPKを獲得すると、ロベルト・レヴァンドフスキがゴール左隅に流し込み、前半で早くも3点のリードを奪った。後半へ折り返しても勢いが止まらないバイエルンは47分、カウンターからサネが前線へボールを運ぶと、最後はゴール中央に走りこんだニャブリにパス。これを冷静に決めて4-0とした。さらに59分にもニャブリが得点を挙げてハットトリックを達成。リードを5点に広げた。
バイエルンは69分、右サイドを崩すと、レヴァンドフスキの折り返しにミュラーがボレーシュートで合わせ、6得点目を奪った。その2分後の71分、カウンターからサネが相手DFの背後へ抜けると、そのままGKとの1対1を制し、7点目を奪った。バイエルンは試合終盤の81分、ジャマール・ムシアラが左サイドから中央へ切り込むと、相手DFを交わしてゴール左下にシュートを決めた。
シャルケは為すすべなく、試合はこのまま終了。ニャブリのハットトリック、ゴレツカとサネの古巣戦でのゴールなどで、バイエルンが大量得点で勝利した。次節、バイエルンは27日にアウェーでホッフェンハイムと、シャルケは26日にホームでブレーメンと対戦する。

欧州王者バイエルン、新シーズン開幕戦で8発大勝!新7番ニャブリがハットトリック
9/19(土) 5:39配信
(Goal)

バイエルン・ミュンヘンがブンデスリーガ開幕戦でシャルケを相手に快勝を収めた。
バイエルンはロベルト・レヴァンドフスキ、ヨシュア・キミッヒ、トーマス・ミュラー、セルジュ・ニャブリといった主力選手が先発。また、新加入のリロイ・サネも先発に名を連ねた。
試合は開始4分にキミッヒのパスに抜け出したニャブリが、ワントラップから巧みなターンを見せて左足を振り抜き、先制点を奪う。19分には右サイドのクロスから、ミュラーが落とし、レオン・ゴレツカが右足インサイドで流し込む。31分にはレヴァンドフスキが得たPKを自ら決め、前半で3-0とする。
後半に入ると、47分、59分と、ともにサネのアシストからニャブリが追加点を挙げ、新たな背番号7はハットトリックを達成。69分にはミュラー、71分にはサネの加入後初ゴールも決まり、81分には途中出場でチャンスを得た17歳ジャマル・ムシアラも見事なシュートを叩き込み、8-0に。
バイエルンが開幕戦を8-0と圧倒的なスコアで制し、2020-21シーズンを最高の形でスタートさせた。

容赦ない王者バイエルン、圧巻8発で最高のスタート!! ニャブリ開幕ハットにサネ初ゴール
9/19(土) 5:46配信
ゲキサカ[講談社]

18日、2020-21シーズンのブンデスリーガが開幕した。昨季8連覇を達成した王者バイエルンはホームでシャルケと対戦し、8-0で完勝。先制点のMFセルジュ・ニャブリがハットトリックを達成するなど8ゴールで圧倒し、前人未到の9連覇へ白星スタートを切った。
昨季7シーズンぶりにUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)を制し、3冠を達成したバイエルンは短い準備期間だったが、隙のない強さで蹴散らした。まずは前半4分、自陣からMFヨシュア・キミッヒがロングボールを蹴り込むと、DFラインの裏に抜け出したニャブリがぴたりとおさめ、鋭い切り返しで相手をかわし、左足に持ち替えてシュートを沈めた。
バイエルンの今季第1号を挙げたニャブリ。その後も容赦ない攻撃を畳み掛け、前半19分にはショートカウンターから右サイドを崩し、ニャブリの低いクロスを起点にFWトーマス・ミュラーが落とすと、MFレオン・ゴレツカが右足シュートをゴール左隅に突き刺した。さらに30分、ドリブル突破したエースFWロベルト・レワンドフスキがPKを獲得。自らキッカーを務めると、右足でGKの逆を突いた。
3-0で折り返した後半2分、カウンターから快速を飛ばした新加入のFWリロイ・サネが一気にペナルティエリア内に侵入。飛び出したGKに対応されたが、こぼれ球に反応したニャブリが無人のゴールに押し込んだ。後半14分にはキミッヒのフィードに抜け出したザネがポストプレーからラストパスを届け、再びニャブリが右足で押し込んだ。
欧州CLで好調だったニャブリは開幕ハットを達成。バイエルンは攻撃の手を緩めず、後半24分、レワンドフスキからのクロスをミュラーが左足ボレーで突き刺し、6-0。その1分後にはキミッヒの縦パス一本で走り込んだザネが自慢のスピードで駆け上がり、GKとの1対1を制した。
今季マンチェスター・シティから加入したザネもゴールラッシュの波に乗り、デビュー戦で移籍後初ゴールを挙げた。後半40分には昨季クラブ史上最年少デビューを飾った17歳の新星MFジャマル・ムシアラがとどめの一撃。バイエルンは8-0で圧勝し、前人未到の9連覇に向けて最高のスタートを切った。