チアゴを狙うプレミア勢にイライラ | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2020/09/14
チアゴを狙うプレミア勢にイライラ

チアゴを狙うリヴァプール、マンチェスター・ユナイテッド
しかしなかなか進展せず
チアゴはトレーニングにも参加し
退団したいなんて言ったこと無いとコメント
もう売らなければいい

はっきりせずのチアゴ、バイエルン前会長は選手とPLクラブの「合意済み」を推測
9/14(月) 16:15配信
超WORLDサッカー!から

なかなか去就がはっきりしないスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラ(29)だが、バイエルン元会長のウリ・ヘーネス氏がすでにプレミアリーグ行きが決定している可能性を主張した。
バイエルンとの契約が来季失効に迫るものの、クラブとの延長交渉に進展がなく、今夏の移籍が取り沙汰されるチアゴ。新たな挑戦を求め、有力な移籍先に挙がるリバプールのほか、マンチェスター・ユナイテッドの関心も浮かび上がっているが、チアゴが先日に「去りたいなんて一度たりとも言ったことなんてない」と発言するなど、不透明さを極めている。
そうしたなか、昨年11月に任期満了でバイエルン会長の座を後進に譲ったヘーネス氏がドイツ『Sport1』で、その件に言及。水面下でいずれかのプレミアリーグクラブと合意済みの可能性を推測した。
「我々は彼に4年契約の素晴らしいオファーを打診したが、最後の最後に心変わりして、新たな挑戦がしたいと言ってきた。彼はきっとリバプールか、マンチェスター・ユナイテッド、あるいはその両方と合意しているのだろう」
そう語ると、バイエルンが移籍金3000万ユーロ(約37億6000万円)のオファーが届けば手放す意向を示しているといわれるなか、いまだ動きがないというリバプールやユナイテッドの姿勢にも触れ、苦言を呈した。
「まだ彼らからオファーがない。我々を揺さぶろうと、今夏ウィンドーの最終週まで安価なオファーを出すのを待っているのだろう。バイエルンはそのゲームに乗るのか、それとも自分たちのフィールドに立ち、チアゴをキープするのかを決断する必要がある」

バイエルン前会長がチアゴ狙うプレミア勢に苦言「リヴァプールとユナイテッドは我々をゆすろうと…」
9/14(月) 14:32配信
(Goal)

バイエルン・ミュンヘン前会長のウーリ・ヘーネス氏は、チアゴ・アルカンタラ移籍の件でリヴァプールとマンチェスター・ユナイテッドを非難した。
今夏の移籍市場でその去就に注目の集まるチアゴ。来夏に契約満了を迎える現行契約の延長に至っていない同選手は、移籍金の得られる今夏の売却が濃厚とされており、その新天地としてリヴァプールやマンチェスター・Uが候補に挙がり、プレミアリーグ行きに大きく近づくと報じられる。
そんな中、ヘーネス氏はドイツ『シュポルト1』でチアゴの去就に関して「難しいシチュエーションだ。以前に我々は4年間の新契約で合意していた。しかし、数日後に彼は“新たなチャレンジを探している”と言ってきた。ここまでに関してはまったく問題はない」と話し、プレミアリーグの両クラブへの不満を口にした。
「彼はリヴァプールかマンチェスター・ユナイテッド、もしくは両方のクラブと合意していると思う。そして今、両方のクラブはぶっきらぼうな態度を取り、バイエルン・ミュンヘンに対して公式な接触をしてこない。彼らは我々をゆすろうとしていて、低額のオファーができる最終週まで動かないつもりだ」
「バイエルン・ミュンヘンは彼らに問いただしたい。彼らはこのような状況を継続したいのか、それとも選手に動くなと指示しているのか?(国際移籍市場閉幕の)10月5日までホットな3週間になるだろう」