チアゴ「バイエルンを去りたいといつ言った?」 | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2020/09/06
チアゴ「バイエルンを去りたいといつ言った?」

もうリヴァプール移籍寸前と思われていた
チアゴがここでちゃぶ台返し
「去りたいなんている言った?バイエルンで幸せ」
と残留宣言とも言えるコメント
「毎年僕を別のチームに移籍させてるよね」と
マスコミ妄想にもチクリ
コロナの影響で移籍金を捻出するのが難しくなったのかもしれない
しかし残留となれば重要な補強とも言える

「去りたいなんていつ言った?」「興味もない」リバプールと相思相愛とされるチアゴがバイエルン残留を示唆!
9/6(日) 16:10配信
SOCCER DIGEST Web

長らくプレミアリーグ挑戦が囁かれてきた名手が、自身の去就に関して口を開いた。バイエルン・ミュンヘンに所属するスペイン代表MFのチアゴ・アルカンタラだ。
現在29歳のチアゴは、契約満了を来年に控えた今夏にプレミアリーグへの移籍が囁かれている。新天地の筆頭候補はリバプールとされ、ユルゲン・クロップ監督とも互いの理念が合致し、相思相愛の関係にあるという。
しかし、3000万ポンド(約42億円)の支払いを要求するバイエルンとリバプールの交渉が難航。新しいチャレンジがしたいという本人の意向を受け、ドイツ王者も2700万ポンド(約37億8000万円)まで要求額を引き下げたものの、いまだ合意に至っていないのだ。
一部ではマンチェスター勢がプレミアリーグ王者を出し抜く可能性も指摘されるなかで、長らく沈黙を続けていたチアゴがコメントを残した。現地時間9月3日に行なわれたドイツ戦後にドイツ公共放送『ZDF』のインタビューに応じ、自身の去就について問われると、こう返している。
「僕は次のウクライナ戦のことしか考えていない。僕にとって今大事な未来は次の試合なんだ。これ以上言うことはないし、興味もない。それに僕がバイエルンを去りたいなんていつ言ったんだい? バイエルンは家のようだし、僕は幸せに感じている。君たち(マスコミ)は、毎年のように僕を別のチームに移籍させているよね」
皮肉交じりに自身の去就について語ったチアゴは、さらに「マンチェスターかリバプールか?」と訊くインタビュアーには、「チャオ(じゃあね)」と言い残してその場を去っている。
ここに来て、自ら残留の可能性をほのめかしたチアゴ。今夏のプレミアリーグの移籍市場は、10月5日(イングランド全体は16日までオープン)まで開いているが、はたしてどのような結末が待っているのだろうか。

移籍噂のチアゴが示唆 「いかなるときも退団したいとは言っていない」
9/6(日) 16:45配信
超WORLDサッカー!から

スペイン代表MFチアゴ・アルカンタラ(29)がバイエルン残留を仄めかしている。イギリス『メトロ』が伝えている。
バイエルンとの現行契約が2021年夏までとなっていることを受けて、今夏の退団が有力視されているチアゴ。バイエルンの最高経営責任者(CEO)を務めるカール=ハインツ・ルンメニゲ氏もチアゴの移籍希望を明言している。
移籍金3000万ユーロ(約37億7000万円)が必要になるチアゴに関して、リバプール行きが盛んに報じられているほか、アヤックスからオランダ代表MFドニー・ファン・デ・ベークを獲得したマンチェスター・ユナイテッドからの関心もまことしやかに浮上している。
しかし、UEFAネーションズリーグ2020-21のスペイン代表メンバーにも選出されているチアゴは6日に開催されるウクライナ代表戦を前にバイエルン残留を示唆している。
「僕は退団したいとは言っていない。毎年、別のチームに僕を入れたがる。傍観しているよ。今は明日の試合について考えている。自分が話していることにも興味はないね」

プレミアリーグ行き濃厚のチアゴ「バイエルンは僕のホーム。ここにいられて幸せ」
9/4(金) 11:09配信
(Goal)

バイエルン・ミュンヘンに所属するスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラが去就について語っている。ドイツ『ZDF』が報じた。
29歳のチアゴはバイエルンとの契約を2021年まで残しているものの、今夏は「新たな挑戦」を求めているとされ、退団が濃厚に。リヴァプールやマンチェスター・ユナイテッドへの移籍が噂される。
そんな中、3日にはスペイン代表としてドイツ代表と対戦。フル出場したチアゴは「ウクライナ戦のことしか考えていない」としつつ、「バイエルンは僕のホームだ。ここにいられて幸せだよ」と話すにとどめている。
また、記者から「リヴァプールかマンチェスターか?」という質問には、笑いながら歩き「チャオ」との言葉を残した。ここに来て残留もほのめかしたチアゴだが、どのような結末が待っているのだろうか。

「存在感、実績は世界最高」チアゴ・アルカンタラが称賛したMFとは
9/6(日) 8:23配信
SPORT.es/スポルト

6日(日本時間7日3時45分)に行われるUEFAネーションズリーグ第2節のスペイン対ウクライナ戦前の記者会見で、チアゴ・アルカンタラがセルヒオ・ブスケツの擁護に回った。
「彼は模範的な選手だ。ここ数年、彼とは個人的にもサッカー選手としてもすばらしい関係を築いてきた。彼がどのように自分のポジションを取るか、どのようにチームをリードするのか、彼のトレーニングやプレーを見ることができるのは最高だ。我々は皆、あまり良くない試合も経験してきたが、ピッチ上での彼の存在感、実績は世界のミッドフィールダーの中でも最高のレベルだ。中盤の選手として、進化を続けるためにはセルヒオ・ブスケツを見習わなければならない」
アルカンタラ兄弟の兄チアゴは、ブスケツのことだけでなく、現在サッカー界を取り巻く様々な事柄についてもコメントしている。
バイエルン・ミュンヘン退団の可能性については、「リヴァプール?僕は移籍するとは言ってない。僕の未来は代表戦だ」と答えた。

チアゴ、メッシの決断にリスペクト「彼がバルサにいるなら…」
9/6(日) 10:02配信
SPORT.es/スポルト

チアゴ・アルカンタラはFCバルセロナ時代の元チームメイトであるレオ・メッシの残留決定に“リスペクト”を示した。
「彼がいるクラブにとって、有益な決断はどんなものでも素晴らしい。レオが加入すれば、どのチームにとってもスーパー重要なことだが、彼がバルサにいるなら、クラブにとってはより良いものになる」と、チアゴはUEFAネーションズのウクライナ代表戦を控えた記者会見で話した。
「レオの発言を見た。私が評価するべきものではない。個人の決定であり、尊重する必要がある。彼はどこにも行かないし、来ない。私は別のクラブにいて、彼の決定を尊重している」とチアゴは付け加えている。
また、チアゴ・アルカンタラは、代表で共にプレーするセルヒオ・ブスケツを自分自身の手本だと述べ、ドイツ戦で好守を連発したGKダビド・デ・ヘアを「十分に信頼している」と繰り返し、バイエルン・ミュンヘンでの将来については明言を避けた。
最後に、スペイン代表の背番号10は、先日『Bild』のインタビューでマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンから受けた賛辞に答えた。バルセロナのドイツ人GKは、「どの選手からでも選んでいいのであれば彼(チアゴ)にサインする」と語っていた。
「マルクが名前を挙げてくれた事は名誉ことだ。彼は素晴らしいゴールキーパーだからね。残念ながら彼はどのチームのスポーツディレクターでもない。私も最高の選手を揃えたいと思っているよ」と締めくくっている。

リバプール、チアゴ獲得資金捻出のためにヴァイナルダムをバルサに売却か!? 英紙が去就をレポート
9/4(金) 6:05配信
SOCCER DIGEST Web

現地時間9月2日、地元紙『Liverpool Echo』をはじめとする複数の英メディアは、リバプールがバイエルン・ミュンヘンに所属するスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラの獲得オファーを出している件で、交渉が進展しつつあると報じた。
現在29歳で今がトップクラブで新たな挑戦をするラストチャンスと考えているチアゴとリバプールを率いるユルゲン・クロップ監督は、互いの理念が合致し、相思相愛の関係と言われている。
ただ、チアゴと21年6月までの契約を結んでいるバイエルンは当初、3000万ポンド(約42億円)の支払いを要求。しばらくクラブ間の交渉は膠着状態にあったものの、ドイツ王者は本人の想いに折れ、2700万ポンド(約37億8000万円)まで要求額を引き下げたというのだ。
このバイエルンの出方を受け、リバプールも大きな決断を下すかもしれない。昨シーズンのレギュラー格だったオランダ代表MFのジョルジニオ・ヴァイナルダムをバルセロナに売却し、その収益をチアゴ獲得資金に充てるプランを検討しているという。
英紙『Daily Mail』によれば、バルサの新監督となったオランダ人のロナルド・クーマンが、ヴァイナルダムの獲得を熱望。これまで売却を拒否してきたリバプールも、チアゴの動向を受け、態度を軟化させているという。
16年の夏にニューカッスルから加入して以来、クロップに重用されてきたヴァイナルダムだけに手放すのは意外ではあるが、今夏のプレシーズンで好調を維持しているギニア代表MFナビ・ケイタの成長も決断の要因となっているのかもしれない。
チームに欠けていた創造性をもたらすチアゴは喉から手が出るほど欲しい人材に違いないが、リバプールはその補強資金捻出のためにヴァイナルダムを売りに出すのか。今後の動向が注目される。