アラバはまだまだ決まらない | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2020/08/04
アラバはまだまだ決まらない

バルセロナ、レアル・マドリー
マンチェスター・シティとアラバをどこも欲しがり
アラバも移籍の方向かと思われるも
ルンメニゲはバイエルンで引退もあるかもしれよ
と楽観視

バイエルンCEOはアラバ去就を楽観視「ここでキャリアを終える解決策が見つかるだろう」
7/31(金) 18:11配信
(Goal)

バイエルン・ミュンヘンのカール・ハインツ・ルンメニゲCEOが、所属するオーストリア代表DFダヴィド・アラバへの信頼を強調した。ドイツ『スカイ』に語っている。
2010年1月にバイエルンの下部組織からトップチームに昇格し、超一流選手として活躍を続けるアラバ。本職はサイドバックだが、2019-20シーズンは負傷者が出た影響もありセンターバックとしてプレーし、そこでもトップクラスの実力を示した。
ルンメニゲCEOはまず、アラバの今シーズンの出来を称賛している。
「ダヴィド(アラバ)についてまず第一に言わなければならないのは、彼が素晴らしいシーズンを過ごしたということだ。何人かの負傷者がいたので、ハンジ(フリック監督)がやむを得ずセンターバックのポジションに置いたが、彼は見事にこなした」
また、リーダーとしての役割をまっとうしたことにも賛辞を送った。
「私たちにはディフェンスのリーダーと呼ばれるような選手が久しくいなかったが、彼が手綱を握ってトーンを決め、守備組織の要としての役割を果たした。誰もいない(声の通る)スタジアムでは、彼の指示がいかに後方で組織を作っていたかを示された。私たちにとってとても、とても重要な選手であり、そのことについては話すまでもない」
一方で、アラバとバイエルンの現行契約は2021年までとなっており、その去就には注目が集まる。マンチェスター・シティ、チェルシー、バルセロナなどからの関心が囁かれているが、ルンメニゲCEOはそれほど流出の心配をしていないようだ。
「最終的にはダヴィドがここでキャリアを終えることすらできる解決策が見つかるだろうと、私は楽観視している。ダヴィドが本当にフランツ・ベッケンバウアーのような選手だと私はいつも言ってきた。あのレベルでプレーした選手はフランツ以来初めてだ。ダヴィドは自身がバイエルンで何をつかんでいるか分かっていると思うし、私たちもダヴィドが何をもたらしてくれたか分かっている」
かつてバイエルンでブンデスリーガを4度、チャンピオンズカップ(現チャンピオンズリーグ)を3度制し、“皇帝”と称されたベッケンバウアー氏。ディフェンスの要でありながら攻撃でも多くの役割を担うリベロとしてプレーした同氏だが、ルンメニゲCEOは同じくディフェンダーでありつつも最高峰の攻撃性能を発揮するアラバの姿を“皇帝”と重ねているようだ。

バルサ、2年越しのアラバ獲得なるか!?
7/31(金) 6:50配信
SPORT.es/スポルト

FCバルセロナは、ダビド・アラバとの契約を過去2シーズンに渡って試みて来た。現在、同選手は高額な報酬を要求してバイエルンとの契約更新の綱渡りをしているが、合意に至らない可能性が高い。
アラバは移籍を考慮しているが、候補の一つであるバルサは今夏のオペレーションは不可能と見ているものの、2021年にフリーで放出されれば獲得に動くだろう。
2年前からダビド・アラバを意中の一人として注目しているバルサのテクニカル部門は、彼がバルセロナのスタイルに完璧に適応し、左サイドバック、センターバック、セントラルミッドフィールダーを高水準でプレーできる希少な選手だと評価している。
すでにアラバも様々な場面でバルサに“OK”を出しているが、バイエルンは常に移籍不可を宣言してきた。
しかし、バイエルンは2021年にアラバをフリーで放出することを恐れていることから状況が変わってきており、アラバの新エージェントであるピニ・ザハヴィ氏は約2000万ユーロ(約24億7000万円)の年俸を要求していることから交渉は行き詰まっている。
また、アラバの父親はバルサと直接連絡を取り合っていることからも、交渉の内容は十分知られている。
アラバが新契約にサインしないようであれば、バルサにはまたとないチャンスが巡ってくるかもしれない。
ただ、人気沸騰の人材であることから争奪戦は必至だ。