パリSGの18歳DFを獲得 | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2020/07/03
パリSGの18歳DFを獲得

パリサンジェルマン所属でU-18フランス代表の
タンギ・クアシ18歳を獲得
サリハミジッチは“ヨーロッパで最高の才能の1つだ”と

バイエルンがPSGのU-18フランス代表DFクアシをフリーで獲得、2024年まで契約
7/1(水) 18:02配信
超WORLDサッカー!から

バイエルンは1日、パリ・サンジェルマン(PSG)のU-18フランス代表DFタンギ・クアシ(18)を完全移籍で獲得したことを発表した。
バイエルンの発表によると、契約期間は2024年6月30日までの4年間。フリートランスファーでの加入となる。
クアシはPSGのユースで育ち、今シーズンからファーストチームに昇格。リーグ・アンで6試合に出場し2ゴール、チャンピオンズリーグで2試合に出場していた。
世代別のフランス代表を経験し、2019年のU-17ワールドカップにも出場。6試合にフル出場し、フランスの3位に貢献していた。なお、フランスとコートジボワールの二重国籍となる。
バイエルン加入が決定したクアシは「バイエルンでプレーできてとても嬉しい。素晴らしい伝統のあるビッグクラブだ。僕はここで自分を確立させ、多くの試合に出場できることを望んでいる。そのために一生懸命頑張る」と移籍を喜んだ。
また、スポーツ・ディレクター(SD)を務めるハサン・サリハミジッチ氏は「タンギ・クアシをバイエルンに連れてこられたことをとても嬉しく思う。我々の見立てでは、ヨーロッパで最高の才能の1つだ」とクアシを高く評価。また、「彼のベストポジションはセンターバックだが、いくつかのポジションでもプレーできる。ミュンヘンで素晴らしいキャリアを築き、チームを強化してくれることは間違いない」と、若き才能に期待を寄せた。

バイエルン、PSGからフリーで18歳DFを獲得…SD「欧州最高のタレントの一人」
7/1(水) 17:23配信
(Goal)

バイエルン・ミュンヘンがパリ・サンジェルマン(PSG)からフリーで18歳のDFタンギ・クアッシを獲得したことを発表した。契約は2024年まで。
クアッシは14歳でパリ・サンジェルマンのアカデミーに加入。2019年12月にリーグ・アンでトップチームデビューを果たし、チャンピオンズリーグでもドルトムントとのセカンドレグに出場した。2019-20シーズンはリーグ戦6試合に出場しており、トーマス・トゥヘル監督も成長に期待を寄せていたが、今夏の契約満了に伴いバイエルン移籍を選択している。
クアッシは移籍に際して「バイエルンでプレーできることになってとても嬉しい。伝統のあるビッグクラブだからね。ここで成功し、多くの試合に出られることを望んでいる。そのためにハードワークするよ」と喜びを伝えた。
また、ハサン・サリハミジッチSD(スポーツディレクター)はこのように期待を寄せている。
「クアッシを獲得できて嬉しい。私の目から見て、彼は欧州最高のタレントの一人だ。ベストポジションはCBだが、様々なポジションでプレーできる。彼が我々とともに素晴らしいキャリアを歩み、チームを強化してくれると確信している」