サネ獲得に10番を用意 | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2020/05/26
最終更新日:2020/07/04
サネ獲得に10番を用意

どうしてもサネを獲得したい
そこでコウチーニョが付けている10番を用意
そして3割の減給を要求、それでも税抜き後には
シティよりも増えるとのこと

バイエルン サネに10番を用意か、コウチーニョは居場所なし
5/22(金) 17:03配信
SPORT.es/スポルト

マンチェスター・シティのウィンガーであるレロイ・サネは来季、バイエルン・ミュンヘンの10番を背負う可能性がある。
ドイツメディアによると、フィリペ・コウチーニョはバイエルンに残ることはなく、10番は空き番号になるという。
このブラジル人MFはFCバルセロナからレンタル移籍中で、バイエルンは彼の買取オプションを行使する場合は、1億2,000万ユーロ(約141億円)を支払わなければならない。バイエルンはこの金額が高すぎると考えており、買い取ることは無いようだ。
サネは昨夏、既にバイエルンのターゲットとなっていたが、コミュニティ・シールドで前十字じん帯損傷の大怪我を負ったことで、移籍は成立しなかった。だが、24歳のサネは既に回復しているようだ。
監督ペップ・グアルディオラは2016年にシャルケ04からサネを獲得した。それ以降は怪我にも苦しみ、スタメンに定着することは難しかった。

サネ獲得を狙うバイエルン、背番号「10」を用意も…3割の減給を要求?
5/21(木) 16:22配信
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

マンチェスター・Cに所属するドイツ代表FWレロイ・サネは、バイエルンに移籍した場合、減給に応じる必要があるようだ。20日、ドイツ紙『ビルト』を引用してイギリス紙『デイリースター』が伝えている。
昨年夏の移籍市場でもサネ獲得に動いていたバイエルンだが、移籍金の提示額でマンチェスター・Cと折り合いが付かず。さらに同選手が右ひざの前十字じん帯を損傷し、長期離脱を余儀なくされた影響もあり、移籍は実現しなかった。
それでもバイエルンは今夏もサネ獲得を狙っている模様。今季バルセロナからの期限付き移籍で加入しているブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョが着用している背番号「10」を、来季は同選手に渡す準備をしているという。
その一方で、バイエルンは財政問題を解決するためにサネが要求している給与から3割の減給を求めるようだ。仮に、3割の減給になったとしても税抜き後の収入は現在マンチェスター・Cで稼いでいるものよりも増えることが予想されているが、移籍するためには同選手はその要求に応じる必要がありそうだ。

サネのバイエルン移籍は確実?マン・C同僚が予想。一方で「7キロ太った」とも…
5/23(土) 13:02配信
(Goal)

マンチェスター・シティのDFオレクサンドル・ジンチェンコは、リロイ・サネのバイエルン・ミュンヘン行きは確実とみているようだ。『One football』が報じた。
昨夏にもバイエルンからの具体的な動きが報じられたL・サネだが、当時同選手がひざの重傷を負ったことで移籍は実現せず。しかし、ここに来てバイエルンは再びアタッカーの獲得に力を入れ、本人側との交渉も、すでにサラリー面や5年契約を結ぶことでまとまりつつあると伝えられている。
いまだ正式発表には至っていないが、ジンチェンコは移籍の実現は近いと語っている。
「僕はサネと話して、バイエルンについて少しからかったけど、何も漏らしてはくれなかったね。彼はバイエルンに移籍しようとしていると思う」
一方で、サネの“変化”にも言及。新型コロナウイルスによる外出自粛期間中に太ったことを明かしている。
「サネは外出自粛中に7キロも太ったらしいよ。最初は見分けがつかず、バスの運転手かと思ったよ。バイエルンに移籍する前に体重を落とす必要があるね」
サネはマン・Cでは134試合で39ゴール45アシストを記録。主力選手として活躍してきたが、ドイツに戻ることになるのだろうか。