U-19スコットランド代表の17歳に興味 | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2020/05/10
U-19スコットランド代表の17歳に興味

スコットランドのハート・オブ・ミドロシアンFC所属
U-19スコットランド代表のアーロン・ヒッキー17歳に興味
スコットランドでかなり有望な左サイドバックらしい

バイエルンが世界的ウイングとスコットランドの新星、二人のレフティに注目
5/2(土) 20:01配信
SPORT.es/スポルト

ヨーロッパのビッグクラブもまた新型コロナウイルス感染拡大による競技中断を理由に経済的打撃を受けている。バイエルン・ミュンヘンはまだレロイ・サネとの契約に興味を持っているが、ミュンヘンのクラブの条件は明らかだ。
英メディア『Sky』によると、バイエルンはマンチェスター・シティのウインガーと接触し、契約への関心を確認したというが、クラブ役員たちはサネに7,000万ユーロ(約83億円)以上は出せないと伝えたようだ。ペップ・グアルディオラのクラブは、同選手の売却で遥かに多くの金額を得ることを望んでいた為、返事を保留している状態だという。
また英メディアは、バイエルンがハート・オブ・ミドロシアンFC(スコットランド1部)に所属する17歳の若きスコットランド人SBアーロン・ヒッキーに注目していると報じている。このディフェンダーは、スコットランドで最も有望な選手の一人であり、プレミアリーグのいくつかのチームがすでに狙いを定めている。

バイエルン、食野同僚の17歳逸材SBに関心か
5/1(金) 15:07配信
超WORLDサッカー!から

バイエルンがスコットランドのハート・オブ・ミドロシアン(ハーツ)に所属するU-19スコットランド代表DFアーロン・ヒッキー(17)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『デイリー・レコード』が報じている。
ハーツとセルティックの下部組織に在籍経験があるヒッキーは、2019年5月にハーツでトップチームデビューを飾った両利きのサイドバック。
今シーズンは左サイドバックを主戦場に、公式戦30試合1ゴール1アシストの数字を残すなど、17歳とは思えない存在感を放っている。
スコットランド国内でリバプールDFアンドリュー・ロバートソン、アーセナルDFキーラン・ティアニーに続くサイドバックの大器と期待される逸材に関しては現行契約が2021年までとなっている。だが、新契約にサインする可能性は低く、今夏あるいは来冬の退団が既定路線となっている。
そして、『デイリー・レコード』が伝えるところによれば、昨夏にセルティックのU-17スコットランド代表DFリアム・モリソン(17)を引き抜くなど、スコットランド市場に注目するバイエルンが、ヒッキーの獲得に強い関心を示しているという。
なお、ヒッキーに関してはバイエルン以外に、ハーツがパートナー契約を結ぶマンチェスター・シティが獲得に興味を示しているようだ。