トリッソを狙うアーセナルやユヴェントス | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2020/04/11
トリッソを狙うアーセナルやユヴェントス

アーセナルやマンチェスター・ユナイテッド
がトリッソを狙っているがプレミア以外でも人気で
ユヴェントス、ナポリ、アトレティコも興味

アーセナルら5クラブがバイエルンMFに興味。2018年W杯の仏代表優勝に貢献
4/10(金) 8:20配信
フットボールチャンネル

バイエルン・ミュンへンに所属する25歳のフランス代表MFコランタン・トリッソに対し、アーセナル含む5クラブが興味を示しているようだ。9日に英紙『デイリー・メール』が報じている。
同紙によると、アーセナルやマンチェスター・ユナイテッド、ユベントスやナポリ、アトレティコ・マドリードの5クラブがトリッソの獲得を検討しているという。2022年6月まで契約が残っている選手だが、バイエルンが売却を考えているとの情報もある。
2017年7月に移籍金3700万ポンド(約50億円)でリヨンからバイエルンに加入したトリッソ。今季は公式戦24試合に出場し3得点5アシストを記録している。ただ、フル出場を果たした試合は少なくベンチ止まりの試合も多い状況となっている。トリッソは2018年ワールドカップに出場しており、優勝したフランス代表メンバーの一人だった。

出場機会減少のトリッソ、バイエルン退団へ…新天地はアーセナルか
4/9(木) 17:51配信
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

アーセナルはバイエルンに所属するフランス代表MFコランタン・トリッソの獲得に関心を示している。9日にイギリス紙『ミラー』が報じた。
トリッソは2017年7月にリヨンからバイエルンへと加入。運動量の高い同選手はチームの原動力として活躍することが期待されたが、結果を残すことができず、出場機会の獲得に苦しんでいる。
同紙によるとバイエルンは同選手の売却を図っており、今夏の移籍市場から交渉に応じるようだ。アーセナルが同選手の獲得に関心を示していると伝えられているが、その他にも、マンチェスター・Uやユヴェントス、アトレティコ・マドリード、また、ナポリなどの強豪クラブらも獲得に興味を示しているという。
トリッソ自身も出場機会を求めていることから移籍に前向きな姿勢をも背ている伝えられている。果たして同選手は新天地で再び活躍することができるのであろうか。