レスターがコウチーニョに興味 | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2020/04/02
最終更新日:2020/04/04
レスターがコウチーニョに興味

レスターがコウチーニョに興味
ロジャース監督がリバプール監督時代に
コウチーニョと戦っていた

レスター、コウチーニョ獲得を画策か…ロジャーズ監督が再会を希望
4/1(水) 21:32配信
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

レスターはバイエルンに所属するブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョの獲得を希望している。1日にイギリス紙『エクスプレス』が報じた。
コウチーニョは今シーズン、バルセロナからバイエルンへとレンタル移籍を果たしており、公式戦32試合に出場し9ゴール8アシストを記録。本調子を取り戻していると複数メディアにより称賛されており、スペイン復帰の可能性もあるようだ。
しかし、同紙によると、レスターがコウチーニョの獲得に関心を示しているという。同クラブを率いるブレンダン・ロジャーズ監督は、かつてリヴァプール時代にコウチーニョの指導経験があり、再会を希望していると伝えられている。果たして同選手は、プレミアリーグ復帰を決意するのであろうか。

レスター・シティ コウチーニョ獲得に興味、ロジャースと再会か
4/1(水) 19:05配信
SPORT.es/スポルト

FCバルセロナは夏にフィリペ・コウチーニョを放出するために、新しいクラブを見つけることが難しいと感じていない。ブラジル人MFはまだプレミアリーグで名声があり、いくつかのクラブが関心を寄せている。
全てはチェルシーが先導しているように思えたが、現在レスター・シティが関心を強めているという。そして、彼らは予算を持っている。彼らは次のシーズンにチャンピオンズリーグに復帰することを望んでおり、もしそうなった場合にビックディールを成立させたいと考えている。
コウチーニョは彼らがとても好きな選手であり、彼がとっておきの切り札になると信じている。レスターの監督ブレンダン・ロジャースはかつてリヴァプールでコウチーニョと共に戦っていたため、それが獲得に優位に働くと考えている。
イギリス出身のロジャースはコウチーニョと良好な関係を築いており、ユルゲン・クロップ監督が就任するまではアンフィールドで彼を最大限に起用していた。
レスターはこの夏に、クラブのスター選手の一人であるジェームズ・マディソンが退団することを恐れている。彼にはマンチェスター・ユナイテッドから9,000万ユーロ(約107億円)のオファーが届いているという。
ロジャースはファイナルサードで最も効率的な選手であるマディソンがいなくなっても、コウチーニョがその解決策になると信じている。
その他のクラブはコウチーニョの獲得の内容がどのようになるか、わかっており、買取オプション付きのレンタル移籍になるとみられる。初期投資は選手の給与を含めて約3,000万ユーロ(約35億6,000万円)になる。
イングランドの報道によると、リヴァプールも彼をアンフィールドに連れ戻したいと考えているという、トッテナム、アーセナルとも関連付けられているが、コウチーニョはチェルシーを好意的に思っている。