ミュラーと2年契約延長交渉 | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2020/03/31
最終更新日:2020/04/04
ミュラーと2年契約延長交渉

2021年6月まで契約のミュラー30歳
2年契約延長で交渉開始
ミュラーも納得しているようなのでスムーズに行くか

ミュラー、バイエルンと2023年まで契約延長か。来季でクラブ在籍20年目
3/31(火) 9:40配信
フットボールチャンネル

バイエルン・ミュンヘンはFWトーマス・ミュラーとの契約延長を考えているようだ。
30日付けの独誌『キッカー』はバイエルンが2021年6月30日まで結んでいるミュラーとの契約を延長する事で話を進めていると報じている。さらに同誌では2023年まで契約を延ばすことが両者にとって最適であると伝えている。
ミュラーは2000年、10歳の時にバイエルンの下部組織に入団した。そこから順調に成長し、2008年8月15日のハンブルガーSV戦でブンデスリーガデビューを飾る。そこから12シーズンで出場した試合は「521」を数え、195得点186アシストを記録している。
来季でバイエルン在籍20年目を迎えるミュラーは今後その数字をどこまで延ばすことが出来るだろうか。

バイエルン、ミュラーとの契約延長に動く! 2年の延長オファー提示か
4/1(水) 8:00配信
超WORLDサッカー!から

バイエルンが元ドイツ代表MFトーマス・ミュラー(30)との契約延長に動いているようだ。ドイツ『キッカー』が報じている。
2008年にバイエルンのアカデミーからトップチームデビューを果たして以降、公式戦521試合195得点188アシストを誇るミュラー。今シーズンの序盤は出場機会に苦しんだが、ハンジ・フリック新監督の就任後から徐々に存在感を高め、ここまで公式戦36試合に出場し10ゴール19アシストを記録している。
『キッカー』によれば、現行契約が2021年までとなっているミュラーに対し、バイエルンは2年間の延長オファーを提示。ミュラーもこれに納得しており、今後は詳細な契約内容についての話し合いが行われるようだ。