ユヴェントスがチアゴを狙う | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2020/02/22
ユヴェントスがチアゴを狙う

ユヴェントスがチアゴ28歳を狙う
ポグバを獲得しようとしたがポグバが
だめらしくチアゴにターゲットを変更
移籍金を獲得するためには夏しかないというが

ユヴェントスがバイエルンMFチアゴに関心…ポグバ断念を想定しリストアップか
2/20(木) 21:12配信
(Goal)

ユヴェントスが夏の移籍市場に向けて、新たな司令塔獲得を検討しているようだ。
イタリア『Tuttosport』が伝えたところによると、ユヴェントスはバイエルンのスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラに関心を示しているという。
これまでマンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバにユヴェントス復帰のうわさも浮上していたが、本人はスペイン行きに前向きな姿勢を見せているという。そこでユーヴェは中盤の新たな軸として、チアゴに狙いを定めている模様。
チアゴは2021年夏までバイエルンと契約を残しているが、バイエルン側は高額の契約解除金が発生する今夏、同選手を手放す可能性が高いと見られる。また、ユヴェントスは他にもバルセロナのクロアチア代表MFイバン・ラキティッチも獲得候補に入れている模様。
果たしてユーヴェは今夏の移籍市場でどのような立ち回りを見せるのだろうか。新シーズンを前に、トリノの貴婦人は新たな大物を迎え入れる可能性が高いようだ。