バイエルン、フィルミーノを狙う | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2020/02/11
最終更新日:2020/02/15
バイエルン、フィルミーノを狙う

レヴァンドフスキの相棒として
リバプール所属でブラジル代表のフィルミーノ28歳を狙う
そのため90億円〜105億円用意するらしいが
リバプールの強力な攻撃陣の主役の1人を出すか?

バイエルン、夏にFWフィルミーノ獲得を希望か…移籍金は90億円に
2/10(月) 10:07配信
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

バイエルンはリヴァプールに所属するブラジル代表FWロベルト・フィルミーノの獲得に興味を示しているという。9日のイギリス紙『デイリーメール』が報じている。
バイエルンは同クラブに所属するポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキの相棒となれるフォワードを探しているとのこと。フィルミーノのプレースタイルはバイエルンにフィットするのではないかと同紙は分析している。
バイエルンは、フィルミーノ獲得のために7500万ユーロ(約90億円)を支払う用意があるとのこと。
バイエルンは、フィルミーノのほかマンチェスター・Cに所属するドイツ代表FWレロイ・サネに対する興味も報じられている。

バイエルン、100億超オファーでフィルミノ強襲か
2/10(月) 12:10配信
超WORLDサッカー!から

バイエルンがリバプールに所属するブラジル代表FWロベルト・フィルミノ(28)の獲得を画策しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。
近年、ポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキにチームのスコアラーとしての役割を託しているバイエルン。そのレヴァンドフスキのレベルに匹敵する代替選手、あるいは共存可能な選手を探しているという。そこで浮上したのが欧州王者のリバプールで主軸を担うフィルミノだ。
依然としてマンチェスター・シティに所属するドイツ代表FWレロイ・ザネ(23)の獲得に向けた動きを続けるバイエルンは、それと平行して、今夏のフィルミノ獲りを思案。ハンス・フリック監督もお気に入りのフィルミノに対して、7500万ポンド(約106億2000万円)を投じる準備がある模様だ。
フィルミノは2015年夏、ホッフェンハイムから推定移籍金2900万ポンド(現レートで約41億円)でリバプールに移籍。献身性も兼備した万能型ストライカーとしての絶対的地位を確立しており、近年のフットボール界で成功を収めるユルゲン・クロップ体制の重要なピースを担っている。
なお、2022年までリバプールとの契約を残しているフィルミノは今シーズンもここまで主力を張り、公式戦36試合に出場して10得点12アシストを記録。今のクロップ体制下において、最も代えの効かない選手の1人ともいえるブラジル人アタッカーだが、果たして…。

バイエルン、プレミア強豪から“ダブル獲り”!? 南野同僚フィルミーノには106億円を準備か
2/10(月) 16:10配信
SoccerMagazine ZONE WEB/サッカーマガジンゾーンウェブ

ブンデスリーガの強豪バイエルン・ミュンヘンは、今夏の大型補強に向けて準備を進めているようだ。英紙「ザ・サン」は、日本代表MF南野拓実の所属するリバプールのブラジル代表FWフィルミーノとマンチェスター・シティのドイツ代表MFレロイ・サネの“ダブル獲り”を画策していると報じている。
今季のブンデスリーガで、RBライプツィヒと熾烈な首位争いを繰り広げているバイエルンは、2020-21シーズンに向けて大型補強を計画しているようだ。ハンス=ディーター・フリック監督は、ポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキとともに攻撃の中核を担う選手として、フィルミーノが理想的な選手だと考えているという。
また、以前から獲得を目指しているシティのサネも引き続き狙っており、プレミアリーグの上位2チームから中心選手を引き抜き、欧州随一のアタッカー陣の形成を目指すようだ。
リバプールにおいてフィルミーノは自己中心的なプレーに走ることなく、セネガル代表FWサディオ・マネやエジプト代表FWモハメド・サラーの長所を引き出すプレーを示している。欧州王者にとっても攻撃の柱となる選手だが、バイエルンはリバプールが夏にライプツィヒのドイツ代表FWティモ・ヴェルナーの獲得に乗り出すと見ており、攻撃の中心である3トップのうち1人の放出に踏み切ると予想している。
実現すればフィルミーノにとっては、ポジション争いのライバルが増えることになる。そのため、バイエルンは最大7500万ポンド(約106億円)の移籍金を準備して、フィルミーノ獲得の可能性を探るようだ。
同紙によれば、リバプールは個々の選手とそれぞれの代理人との話し合いをスタートし、来季に向けてどのような考えを持っているかを聞き出しているという。様々なクラブの思惑が、複雑に絡み合う移籍市場。バイエルンはフィルミーノとサネの“ダブル獲り”というプランを、実現することができるのだろうか。

バイエルン、フィルミーノ獲得に105億円オファーか。レバンドフスキ依存脱却へ
2/11(火) 7:20配信
フットボールチャンネル

バイエルン・ミュンヘンはリバプールに所属するブラジル代表FWロベルト・フィルミーノに興味を持っているようだ。10日付けの英紙『サン』が報じている。
同紙によると、バイエルンはフィルミーノに対し7500万ポンド(約105億6000万円)のオファーを計画していると伝えている。なおフィルミーノはリバプールと2023年まで契約を結んでいる。
バイエルンのハンジ・フリック監督は32歳のロベルト・レバンドフスキをサポート出来る選手の獲得を熱望しているようで、28歳のブラジル人は理想的な選手と考えているようだ。
一方、リバプールはRBライプツィヒに所属するドイツ代表FWティモ・ヴェルナーに興味を持っている模様だ。仮にリバプールがヴェルナーを獲得できた場合、フィルミーノの放出の可能性も考えられる。
フィルミーノは2015年にホッフェンハイムからリバプールに加入した。昨季はチーム14年ぶりのチャンピオンズリーグ(CL)優勝に大きく貢献し、今季もこれまで公式戦36試合に出場し10得点12アシストを記録するなど中心選手として活躍している。

バイエルン、フィルミーノ獲得に105億円オファーか。レバンドフスキ依存脱却へ
2/11(火) 7:20配信
フットボールチャンネル

バイエルン・ミュンヘンはリバプールに所属するブラジル代表FWロベルト・フィルミーノに興味を持っているようだ。10日付けの英紙『サン』が報じている。
同紙によると、バイエルンはフィルミーノに対し7500万ポンド(約105億6000万円)のオファーを計画していると伝えている。なおフィルミーノはリバプールと2023年まで契約を結んでいる。
バイエルンのハンジ・フリック監督は32歳のロベルト・レバンドフスキをサポート出来る選手の獲得を熱望しているようで、28歳のブラジル人は理想的な選手と考えているようだ。
一方、リバプールはRBライプツィヒに所属するドイツ代表FWティモ・ヴェルナーに興味を持っている模様だ。仮にリバプールがヴェルナーを獲得できた場合、フィルミーノの放出の可能性も考えられる。
フィルミーノは2015年にホッフェンハイムからリバプールに加入した。昨季はチーム14年ぶりのチャンピオンズリーグ(CL)優勝に大きく貢献し、今季もこれまで公式戦36試合に出場し10得点12アシストを記録するなど中心選手として活躍している。