ロッベンとリベリをアイントホーフェンに連れてきた | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2020/02/06
最終更新日:2020/02/11
ロッベンとリベリをアイントホーフェンに連れてきた

元バイエルンで全PSVの監督ファン・ボメル
昨夏リベリーとロッベンを連れてきたかった
真剣に検討してた、と

「ロッベンとリベリを連れてきたかった」PSV前監督が明かした昨夏のプラン
2/5(水) 21:33配信
(Goal)

PSVの前監督であるマルク・ファン・ボメル氏が、昨夏にあったプランをドイツ誌『シュポルト・ビルト』で明かしている。
ファン・ボメルは2018年にPSVの監督に就任。1年目はリーグ戦で2位となったが、今季は首位アヤックスに大きく引き離され、昨年12月に解任の憂き目に遭った。現在はフリーとなっており、ブンデスリーガも選択肢に入ると話している。
「ブンデスリーガは、監督、選手、子供のどのときでも、常に私を魅了してきた。土曜日の午後にフットボールをした後、(試合を見るために)友人と家へ走って帰ったことを覚えているよ」
また、昨夏に挙がっていたプランにも言及。ファン・ボメルはバイエルン時代の同僚でもあるアリエン・ロッベンとフランク・リベリの獲得を真剣に考慮していたと明かす。
「ロッベンとリベリをアイントホーフェンに連れてきたかったね。2人のような経験あるスター選手は、若いチームのクオリティを上げてくれるだろうし、模範になると思ったんだ」
結局、ロッベンは現役引退、リベリはフィオレンティーナへ新天地を求めた。2人が仮に加わっていれば、ファン・ボメル政権はまだ続いていたかもしれない。

  • Category

  • キーワードで選ぶ

  • 検索はここから

    月別リスト