公開日:2019/11/21

トッテナム勢を一気に獲得か

トッテナムをクビになったポチェッティーノ
監督リストには載っている
このポチェッティーノ監督、そして
主力のソン・フンミン、さらに若手のパロットと
トッテナム勢を一気に獲得か

ソン・フンミン、トッテナム前指揮官と共にバイエルンへ? 4年半ぶりのドイツか
フットボールチャンネル

トッテナムに所属する27歳の韓国代表FWソン・フンミンが、バイエルン・ミュンヘンへ移籍するかもしれない。21日に韓国紙『朝鮮日報』が報じている。
19日にトッテナム率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督の電撃解任が発表された。2014年から指揮官を務めた同監督のもと、昨季はクラブ史上初のチャンピオンズリーグ決勝進出を果たすなど好成績を収めてきたトッテナムだが、今季はプレミアリーグで現在14位と低迷している。そういった経緯もあり、ポチェッティーノ前監督に代わってジョゼ・モウリーニョ氏が新指揮官に就任した。
解任される形になったとはいえ、ポチェッティーノ氏に対する他クラブの評価は高い。アーセナルやバイエルンなど複数のクラブが同氏に関心を示している。その中でもバイエルン行きが最有力とされており、ハンジ・フリック暫定監督に代わってポチェッティーノ氏が新指揮官になるかもしれない。
同紙によると、それに伴い冬の移籍市場でトッテナムの選手を連れてくる可能性があるようだ。バイエルンはブンデスリーガで優勝した経験が豊富な上、チャンピオンズリーグにも毎年のように参加している。FWキングスレー・コマンなどの攻撃陣が負傷していることもあり、ソン・フンミンが獲得候補に浮上しているようだ。2015年8月以来、4年半ぶりにドイツへ行くかもしれない。

バイエルン、トッテナムの17歳FWトロイ・パロットに関心か
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

バイエルンがトッテナムに所属するU-21アイルランド代表FWトロイ・パロットに関心を示しているようだ。19日、イギリス紙『デイリーメール』が伝えている。
現在17歳のパロットは、2017年夏にアイルランドのベルヴェディアからトッテナムに加入した。今夏のプレシーズンではトップチームに参加し、好パフォーマンスを披露。9月24日に行われたカラバオ・カップ3回戦のコルチェスター・ユナイテッド戦でトップチームデビューを果たした。さらに、代表では飛び級でU-21代表に選出されるなど、期待の若手ストライカーである。
バイエルンは、ドルトムントが2017年夏にマンチェスター・Cからイングランド代表FWジェイドン・サンチョを当時17歳で獲得して、現在中心選手として活躍を続けていることを参考にして、プレミアリーグの期待の若手獲得を画策しているという。
今年1月の移籍市場からバイエルンが狙っていたチェルシーのイングランド代表FWカラム・ハドソン・オドイの獲得は失敗に終わったものの、現在はパロットに関心を示している模様。パロットとトッテナムの契約は2021年6月までとなっていることから、長期契約を締結する前に獲得したいと考えているようだ。

キミッヒ、バイエルン就任噂のポチェッティーノを評価「トップの監督」
(Goal)

バイエルン・ミュンヘンのドイツ代表MFヨシュア・キミッヒが、マウリシオ・ポチェッティーノについて言及している。
キミッヒは19日に行われたEURO2020予選最終節北アイルランド戦(6-1)にフル出場。試合後には、トッテナムの監督を解任されていたポチェッティーノに関する質問も飛び、キミッヒはこのように語っている。
「僕が言えることはトッテナムが何年もトップにいるということだ。チームには一貫性が生まれたね。ポチェッティーノはトップの監督だが、彼が後任の候補者かはわからない。
バイエルンは今シーズン中にニコ・コバチ監督を解任。後任にはハンジ・フリック監督が就いたものの、来シーズン以降の有力な候補としてポチェッティーノの名前は以前から挙がっていた。前半戦はフリックが指揮を続けることが明かされているが、今後のクラブの動向には注目が集まりそうだ。