公開日:2019/11/21

シャビ・アロンソがバイエルンに来た理由

2014年にシャビ・アロンソがバイエルンに来た理由
それはグアルディオラをよく知りたかったから
近くで見て勉強、将来を見据えたものだったか

シャビ・アロンソがバイエルン行きを決断した理由「彼の秘密を知ることに興味があった」
(Goal)

元スペイン代表MFシャビ・アロンソが2014年にバイエルン・ミュンヘンへ移籍した理由を明かしている。スペイン『アスレティック』が報じた。
アロンソは2014年にレアル・マドリーからバイエルンへと移籍。バイエルンから去ったトニ・クロースの代役として、当時のジョゼップ・グアルディオラ監督が熱望する形でドイツへとやってきた。アロンソはグアルディオラが移籍の大きな要因となったことを明かしている。
「私は彼の秘密を知ることにとても興味があった。自分たちよりも相手をよく知っているように感じたからね」
「容赦ない熱意を持っている。シーズンは長いが、ペップは最後まで疲れているようには見えなかった。警戒心が強く、常に準備ができていた。この熱意は、選手にも最も重要なときあと数メートルを足に伸ばさせてくれた」
また、ライバルチームのドルトムントを率いていたユルゲン・クロップにも言及。アロンソはレアル・マドリー時代、バイエルン時代で対戦しているが、「彼らはとても激しかったし、戦うのは楽しくなかったね」と認めている。
「クロップはケージの中に閉じ込めることを望んでいるようだった。捕まえようとされているようだったし、組織的な圧力があった。常にプレッシャーにさらされていたし、非常に重要な役割だったから楽しめてもいた。ドルトムントを打ち負かすというのは常に大きな挑戦だった」
なお、アロンソは2017年にバイエルンで現役を引退し、現在はレアル・ソシエダでB監督を務めている。