サリハミジッチ、2020年7月から取締役に | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2019/11/13
サリハミジッチ、2020年7月から取締役に

サリハミジッチが来年から取締役に
スポーツディレクターから昇進
カーン、サリハミジッチと見ていた選手が
どんどんフロント入り

バイエルン、サリハミジッチ氏の取締役就任を発表…任期は来年7月から
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

バイエルンは11日、現在スポーツディレクター(SD)を務めているハサン・サリハミジッチ氏が2020年7月1日よりクラブの取締役に就任すると発表した。
サリハミジッチ氏は2017年7月に現在のSD職に就任。以降はクラブ幹部として、トップチームから下部組織までクラブの強化に携わってきた。SD職としての契約は2020年6月30日までとなっていたが、満了後の7月1日からは新たに取締役としてクラブに貢献していくこととなる。
サリハミジッチ氏は1977年生まれの現在42歳。1998年にハンブルガーSVからバイエルンへ移籍し、2007年まで中心選手として活躍した。バイエルンではブンデスリーガ通算234試合に出場している。2007-08シーズンからはユヴェントスに所属し、2012年にヴォルフスブルクで現役を引退していた。

あわせて読みたい