ヴェンゲルはバイエルン監督になるのか | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2019/11/10
ヴェンゲルはバイエルン監督になるのか

次期監督候補にヴェンゲル
ヴェンゲル本人は乗り気なようだが
バイエルンは監督候補にはしてないよう
しかし次期監督だ、という記事もあり微妙
70歳という年齢もあるか

バイエルン次期監督にベンゲル氏が最有力と英紙報道
日刊スポーツ : nikkansports.com

元アーセナルのアーセン・ベンゲル氏(70)は、解任されたニコ・コバチ監督に代わりにバイエルン・ミュンヘンの次期指揮官の最上位候補に挙がっていると6日付英紙ミラー電子版が報じた。ベンゲル氏は、この機会に前向きだと言われており、同クラブと話し合いをする準備があるという。
昨季もBミュンヘン監督に就任するという報道があったが、コバチ前監督が巻き返しを見せた。Bミュンヘンは、ベンゲル氏を今季終了までの短期的な監督として迎えたいと思っているが、同氏は一時的な契約を望んでいないことから行き詰まりを見せるかもしれない。
長期的な指揮官としては、パリサンジェルマンのトーマス・トゥヘル監督、アヤックスのエリック・テンハフ監督を候補に考えていると言われているほか、マッシミリアーノ・アッレグリ氏やジョゼ・モウリーニョ氏も候補にあるとした。(A・アウグスティニャク通信員)

名将ベンゲル、バイエルンの新監督就任に近づく
SPORT.es/スポルト

アーセン・ベンゲルは日を追うごとにバイエルン・ミュンヘンの新監督に近づいている。
バイエルン・ミュンヘンのスポーツ部門が当初、挙げていたオプションが失敗に終わった事からベンゲルの名前は有力候補へと変わりつつある。
噂にあがっていたPSGの監督、トーマス・トゥヘルは数日前に解任されたコヴァチの後任となる可能性を自ら否定している。
もう1人の有力候補だった元ライプツィヒの監督、ライプツィヒラ ルフ・ランゲニックもいかなる類の交渉の存在をも否定している。
「我々は今がバイエルンの監督になる時だとは考えていない。それ故、交渉を行う意味がない」
彼の代理人、マルク・コシチェはそのように語った。
バイエルンを率いる可能性を公に受け入れている唯一の名将が他でもないアーセン・ベンゲルである。
このフランス人指揮官は数ヶ月前に監督業の第一線に戻る意向を持つ事を明かしており、魅力的なオファーを待っている状態だった。
バイエルンはその選ばれしクラブとなるかもしれない。

ベンゲル氏にバイエルンCEO「監督を探している」
日刊スポーツ : nikkansports.com

アーセナルなどで監督を務め、吉本興業とマネジメント契約をしたアーセン・ベンゲル氏(70)が、Bミュンヘンの監督に就任するか否かについて、週明けにクラブと会談を持つことを「beINSPORTs」のインタビューで明かした。
Bミュンヘンは2日、MF長谷部とMF鎌田が所属するフランクフルトに1-5で大敗し、コバチ監督が退任した。現在はフリック氏が暫定監督を務めており、新監督が決まっていない。そこで白羽の矢が立ったのはベンゲル氏だという。
同氏は「水曜日に(BミュンヘンのCEOを務める)ルンメニゲから連絡があった。折り返したら、彼は車に乗って、(欧州CLの)オリンピアコス戦に向かっている最中だった。4~5分話したが、フリックを(暫定)監督に就任させたと言っていた。次の2試合を指揮するようだ」と、Bミュンヘンのチーム事情について話しを聞いた事を明かした。
さらに「彼は、『監督を探している、興味はあるか』と聞いてきた。私は決断出来なかった。それ(監督就任)について考える時間が必要だったからね」と、指揮官就任要請があったという。電話での回答はできなかったものの「日曜日までドーハにいるので来週、(ルンメニゲと)一緒に話し合うことを決めた」と会談することを発表した。
就任については明言を避けている。だが、悩んでいることがわかるインタビューとなっている。監督就任となれば17-18年シーズン以来の監督業復帰となる。

ヴェンゲル氏、バイエルン新監督就任に向け交渉へ。「来週話をする」
フットボールチャンネル

元アーセナル監督のアーセン・ヴェンゲル氏は、バイエルン・ミュンヘンの新監督就任に向けて週明けにクラブとの交渉を予定していることを明らかにした。『beINスポーツ』が同氏のコメントを伝えている。
バイエルンは先週末のフランクフルト戦に1-5の大敗を喫したあとニコ・コバチ監督を解任。ヴェンゲル氏は新監督の候補の一人だとも噂されたが、独紙『ビルト』はバイエルンが同氏を選択肢から外したと報じていた。
だがヴェンゲル氏は自らの言葉で現状について説明を行った。バイエルンのカール=ハインツ・ルンメニゲCEOと電話で話をしたというのは『ビルト』も伝えていた通りだが、そこで就任を断られたというのは事実ではなく、改めて交渉を行う予定を取り交わしたのだという。
「水曜午後にルンメニゲから電話があり、応答できなかったのでかけ直した。彼は(チャンピオンズリーグの)オリンピアコス戦に車で向かっているところだった。4分か5分くらい話をして、(ハンジ・)フリックを(暫定)監督に任命したと聞いた。今後2試合は彼が指揮を執る」とヴェンゲル氏は語る。
ヴェンゲル氏はバイエルンの新監督就任に関心があるかと尋ねられたが、即答は避けたとのことだ。「日曜夜までは私はドーハにいるので、来週話をすることを一緒に決めた。これが真実の話だ」と交渉の予定を明かしている。
ヴェンゲル氏は約22年間にわたって務めたアーセナル監督を2017/18シーズン終了後に退任し、その後はフリーとなっていた。ブンデスリーガ8連覇を目指すドイツ王者で新たな挑戦をスタートさせることになるのだろうか。

「アーセナルでの仕事は高く評価しているが…」バイエルン監督就任にウェンゲルが興味? CEOは接触を認める
SOCCER DIGEST Web

アーセン・ヴェンゲルは、指揮官のポストが空いているブンデスの強豪バイエルンとのコンタクトはないと話していた。だが、バイエルン側は接触を明かしたうえで、ヴェンゲルの就任はないと主張しているようだ。
ブンデスリーガ前節でフランクフルトに1-5と大敗したバイエルンは、11月3日にニコ・コバチ前監督の離職が決定。現在はコーチのハンジ・フリックが暫定的に指揮を執っている。6日に行なわれたチャンピオンズ・リーグ4節ではオリンピアコスを下し、決勝トーナメント進出を決めた。
同日、『beIN SPORTS』の番組でコメンテーターを務めていたヴェンゲルは、噂されるバイエルンとの接触について問われると、「クラブを率いる人たちのことを30年も前から知っているし、バイエルンとの話を拒むことはない」と述べた。
「ずっとずっと以前のことだが、バイエルンに行きかけたしね。私に言えるのはそれだけだ」
ヴェンゲルは、コメント時点でバイエルンとはまったく話していないともつけ加えた。だが、ドイツ紙『BILD』の報道として欧米スポーツチャンネル『ESPN』が伝えたところによると、バイエルン側はヴェンゲルとのコンタクトを認めたという。
記事によれば、6日午後にヴェンゲルから、バイエルンのカール=ハインツ・ルンメニゲCEOに連絡があり、監督就任に関心があることを伝えられたという。だが、バイエルンは同紙に「アーセナルでのヴェンゲルの仕事を高く評価しているが、バイエルン指揮官の選択肢ではない」と明かした。
2018年にアーセナルを去って以降、たびたび現場復帰希望を口にしているヴェンゲル。だが、ドイツの名門を率いる可能性は現時点では低そうだ。
また、現時点ではブンデスリーガの次節ドルトムント戦までフリック暫定体制が決まっており、『BILD』紙はそのままフリックが監督を務める可能性も除外はできないと伝えている。
現在、首位ボルシアMGに勝点4ポイント差の4位と苦しんでいる昨季王者バイエルン。果たして、どのような決断を下すのだろうか。

バイエルンがベンゲルの新監督就任を否定「監督としては考えていない」
SPORT.es/スポルト

バイエルン・ミュンヘンの新監督探しはまだ続きそうだ。バイエルンはアーセン・ベンゲルを新監督に据えることを拒否している。
独紙『Bild』によれば、バイエルンのCEOカール・ハインツ・ルンメニゲとベンゲル、クラブの重役らは電話で頻繁にコンタクトを取っており、ベンゲルはドイツ王者を指揮しることに前向きな姿勢を見せていたという。総会が行われる今月15日までには決断が下されると思われていた。
しかし、クラブは期日を待たずしてベンゲルの監督就任の可能性を滅している。
「バイエルンはアーセナルでのベンゲルの実績を高く評価しているが、監督としては考えていない」
バイエルンはベンゲルの他にも、トーマス・トゥヘル(PSG)やエリック・テン・ハーグ(アヤックス)を候補に考えていたが、彼らはいずれも就任の可能性を否定している。

ベンゲル氏が次期指揮官候補としてバイエルンと会談か、独報道
AFP BB

70歳のベンゲル氏は、beINスポーツ(beIN Sports)の直接取材で、バイエルンで仕事をすることに関して問われると答えをはぐらかした。同クラブは2日のフランクフルト(Eintracht Frankfurt)戦に1-5で敗れたことを受け、その翌日にニコ・コヴァチ(Niko Kovac)監督の退任を発表していた。
独誌スポーツ・ビルト(Sport Bild)によると、バイエルンのカール・ハインツ・ルンメニゲ(Karl-Heinz Rummenigge)社長がコヴァチ前監督の後任探しをしている中で、ドイツ語も流ちょうに話せるベンゲル氏とクラブの話し合いが行われたという。
1996年10月から2018年5月までイングランド・プレミアリーグのアーセナル(Arsenal)で指揮を執っていたベンゲル氏は、指導者としての仕事が懐かしい部分もあると明かしており、サッカーから距離を置いた日常を楽しんでいる一方で、試合に勝つことや選手を指導することの満足感が「懐かしい、それは当然のことだ」と述べた。
一方、別の候補者として、現在エナジードリンク大手レッドブル(Red Bull)のスポーツ・開発部門で責任者を務め、以前はRBライプツィヒ(RB Leipzig)でスポーツディレクター(SD)を務めた経験があるラルフ・ラングニック(Ralf Rangnick)氏の名前も挙がっていたが、同氏は興味を示していないと伝えられている。
ラングニック氏の代理人を務めるマルク・コジッケ(Marc Kosicke)氏は、ビルト誌に対して、「ラルフは応じられません。ラルフ・ラングニックが最も関心を寄せているのは、バイエルンからのオファーであるとは思えません」「従って、具体的な話し合いを持つことには意味はありません」と語った。【翻訳編集】 AFPBB

バイエルンがベンゲル氏からの申し出却下、「監督として考えられていない」
AFP BB

【AFP=時事】ドイツ・ブンデスリーガ1部のバイエルン・ミュンヘン(Bayern Munich)は7日、ニコ・コヴァチ(Niko Kovac)前監督解任によって不在となっている、正指揮官の座に就きたいというアーセン・ベンゲル(Arsene Wenger)氏からの申し出をはねつけたと明かした。
バイエルンの広報担当者は、独スポーツ通信社SIDに「ベンゲル氏は水曜日(6日)の午後、監督に就任する興味があることを意識させるため、カール・ハインツ・ルンメニゲ(Karl-Heinz Rummenigge)社長に電話をかけた」とコメントした。
「バイエルンはアーセナル(Arsenal)でのベンゲル氏の実績を高く評価しているが、彼は監督としては考えられていない」
思わしくない試合が続いていたバイエルンは、フランクフルト(Eintracht Frankfurt)に1-5で敗れたことが決定打となり、前指揮官のコヴァチ氏を解任。リーグ戦で10年ぶりの大敗を喫したバイエルンは、リーグ戦で4位となっている。
バイエルンが正式な後任を探す中、コヴァチ氏の下でアシスタントコーチを務めていたハンジ・フリック(Hansi Flick)氏が暫定指揮官に就任した。ウリ・ヘーネス(Uli Hoeness)会長は5日、正式な後任は11月23日までに発表する見通しだと明かしている。
しかしバイエルンは、パリ・サンジェルマン(Paris Saint-Germain、PSG)のトーマス・トゥヘル(Thomas Tuchel)監督やアヤックス(Ajax)のエリック・テン・ハーフ(Erik ten Hag)監督から公の場で断りを受けている。テン・ハーフ監督は4日、少なくとも今季中はアヤックスを指揮し続けるつもりだと明かしていた。【翻訳編集】 AFPBB News

ヴェンゲル氏のバイエルン監督就任はなし。本人は意欲見せるもクラブが断る
フットボールチャンネル

バイエルン・ミュンヘンはアーセン・ヴェンゲル氏を監督候補から外したようだ。7日付けの独紙『ビルト』が報じている。
ヴェンゲル氏が7日午後にバイエルンのカール=ハインツ・ルンメニゲCEOに電話でバイエルン監督就任に興味を持っていると伝えたようだ。
しかし同紙によると、バイエルンはアーセナル時代のヴェンゲル監督の手腕を高く評価しているようだが、今回はオプションに入っていないことを伝えた模様だ。なお、7日付けの英メディア『ミラー』ではバイエルンがヴェンゲル監督にオファーをする可能性が高いと報じていたばかりだった。
ちなみに『ビルト』では現在暫定で監督を務めているハンジ・フリック氏がこのまま正式監督に就任する可能性を報じている。フリック氏は6日に行われたチャンピオンズリーグの対オリンピアコスで初采配を振るいチームを勝利に導いた。
ハサン・サリハミジッチSD(スポーツディレクター)もオリンピアコス戦後「ハンジは現在のところ我々にとって正しい監督だと思っている」と今後もチームを率いる可能性について言及した。

ヴェンゲル氏のバイエルン新監督就任は消滅へ…独メディアが回答を得たと報道「オプションはない」
(Goal)

去就が注目されていたアーセン・ヴェンゲル氏だが、噂されたバイエルン・ミュンヘン新指揮官就任はなくなったようだ。ドイツ『ビルト』が報じている。
22年間率いたアーセナルから離れた後、フリーの状況が続いているヴェンゲル氏。先日には指揮官としてのキャリアを継続するか、または『FIFA』の役職につくかを近いうちに決断すると明かしていたが、未だ去就は決定していない。
そんな中、ニコ・コバチ監督が退任したバイエルンがヴェンゲル氏と接触したと複数メディアが報じ、本人も『beIN Sports』のインタビューで「トレーニングが私の人生だ。もちろん興味はある」と語るなど、ドイツ王者の次期指揮官最有力候補であるとの見方が強まっていた。
しかし、70歳知将がバイエルンを率いることはないようだ。『ビルト』は、バイエルンに対しリクエストを送り、以下のような回答を得たと報道。就任の可能性を否定した。
「アーセン・ヴェンゲルはカール=ハインツ・ルンメニゲ(CEO)と水曜日(6日)に電話で話し、バイエルンの監督に関心を示している。バイエルンはアーセナルの監督としての仕事を高く評価しているが、バイエルン・ミュンヘンの監督としてのオプションはない」
コバチ監督の退任以降はハンシ・フリック暫定監督が指揮を執っているバイエルン。同メディアは、ドイツ王者は、来夏にエリク・テン・ハーグ(アヤックス監督:契約は2022年まで)かトーマス・トゥヘル(PSG監督:契約は2021年まで)の招へいを目指しており、フリック暫定監督が今後も指揮を執る可能性があると伝えている。

バイエルン新監督にベンゲル氏浮上!英紙「最有力候補」と報道
(スポニチアネックス)

ドイツ1部バイエルン・ミュンヘンの新監督最有力候補に、2018年5月までイングランド・プレミアリーグのアーセナルを22年にわたって指揮したアーセン・ベンゲル氏(70)が浮上した。タイムズ、サンなど複数の英紙が7日までに報じた。
7日付の英紙タイムズは「ベンゲル氏がバイエルン・ミュンヘン次期監督の最有力候補」と報じた。ドイツ1部リーグで4位に沈むバイエルン・ミュンヘンは3日にニコ・コバチ監督(48)を解任。すでにクラブはベンゲル氏と接触しており、近く正式なオファーを提示する見通し。契約は今季終了時までの短期契約で、シーズン終了後にベンゲル氏に長期契約を提示するか、年齢の若い別の監督にオファーするかを、クラブ側が検討するという。
ベンゲル氏は就任に前向きで、すでにカール・ハインツ・ルンメニゲ社長(64)とも協議を開始。11月の国際Aマッチ期間に契約を交わす可能性が高い模様だ。
ベンゲル氏は5日、カタールメディア、ビーイン・スポーツにバイエルン・ミュンヘンの監督オファーに興味があるかを聞かれ「もちろん興味はある。監督業は今までわたしの人生だった。監督をしてきた者なら同じことを言うはず。試合に向けてチームを準備し、選手を育て、試合に勝利する。そして、満足感を得て、感情を共有する。それが恋しい」と語っていた。
ベンゲル氏はドイツ語も流暢に話すため、選手やスタッフと言葉の壁はない。就任が決まれば、アーセナル監督在任時代に火花を散らしたロンドンの宿敵トットナムと欧州チャンピオンズリーグ1次リーグ第6戦(12月11日)で早くも激突することになる。

名将ベンゲル、バイエルン監督就任の可能性に言及 「話し合いを拒否したことはない」
SoccerMagazine ZONE WEB/サッカーマガジンゾーンウェブ

バイエルン・ミュンヘンは3日にニコ・コバチ監督を解任したが、その後任監督はまだ決まっていない。一部では、前アーセナルのアーセン・ベンゲル監督の就任が噂されているがカタール資本の衛星放送「ビーイン・スポーツ」で解説を務める70歳のフランス人監督は、オファーがあれば前向きに考える姿勢を見せた。
ドイツ語も問題なく使いこなせることを明らかにしたベンゲル氏は、「バイエルン・ミュンヘンとの話し合いを拒否したことはない。なぜなら、私は30年にわたってあのクラブを率いてきた人たちを知っている。昔、昔、バイエルンに行く寸前だったこともあるんだ。今、私が言えるのは、それだけだ」と、ドイツ王者の首脳陣と良い関係にあることを匂わせた。
さらに「バイエルンで仕事をしてみたいか?」と追及されたベンゲル氏は、「現時点で、私は彼らと全く話し合いをしていない。引き受けるかは分からない」と言い、自身がどのような身の振り方をしたいか、考えを明かした。
「私は自分がやりたいことをやりたい。ピッチに戻るかどうか、まだ決めていないんだ。今、私は自分が取り組んでいることを幸せに感じている。だが、同時にピッチを恋しくも思っている。だから、非常に難しい判断になる。その判断は数日、もしくは数週間で下すことになるだろう」
バイエルンとドイツサッカーについて、最も素晴らしいと感じている点を問われると、「彼らは常に責任をもってプレーすることだ」と述べた。「バイエルンは常にポゼッションが高く、ボールを握ることを恐れない。相手のゲームを奪い、試合を支配する。歴史的にも彼らは常にそうしてきた。歴史的にも、ポジティブなサッカーをやりたがるクラブだ」と答えている。
トットナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督、現在フリーとなっているジョゼ・モウリーニョ氏、マッシミリアーノ・アッレグリ氏もバイエルンの新監督候補に名前が挙げられているが、ブンデスリーガ8連覇、UEFAチャンピオンズリーグ制覇を目指すクラブを、誰が率いることになるのだろうか。

バイエルン、ヴェンゲル氏にオファー検討?今季終了までの契約を提示か
フットボールチャンネル

ドイツ・ブンデスリーガのバイエルンが、元アーセナル指揮官アーセン・ヴェンゲル氏に指揮官就任オファーを提示するようだ。英メディア『ミラー」が現地時間の7日に報じた。
バイエルンは現地時間の3日、クラブを率いていたニコ・コバチ監督を解任した。新監督が決まるまではアシスタントコーチのハンジ・フリック氏が暫定監督として指揮を執ることになっている。
コバチ監督の後任候補にはヴェンゲル氏やジョゼ・モウリーニョ氏が挙がっている。モウリーニョ氏本人はプレミアリーグでの指揮を希望しているため、就任の可能性は低い。
同メディアによると、バイエルンがヴェンゲル氏にオファーを提示する可能性が高く、今季終了までの契約を提示することになるという。
ついにヴェンゲル氏が監督としてピッチに戻ってくるかもしれない。

ベンゲル氏が指揮官復帰に向け準備へ、コートのファスナーと再び対決も?
AFP BB

【AFP=時事】イングランド・プレミアリーグ、アーセナル(Arsenal)の前監督でフランス出身のアーセン・ベンゲル(Arsene Wenger)氏は、サッカーの指揮官に復帰して再びコートのファスナーに悪戦苦闘する準備を整えており、「水曜日の雨のストーク(Stoke)」が懐かしいと語った。
10月に70歳になったベンゲル氏は、アーセナルで3度のリーグ優勝と7度のイングランドFAカップ(FA Cup)制覇を成し遂げた後、昨季限りでガナーズ(Gunners、アーセナルの愛称)での22年間の政権に終止符を打った。
しかし、競技から離れていてもサッカーへの情熱が衰えたことはなく、この休養期間中にも「世界中から複数のオファー」があったといい、東京の新スタジアム建設に関するアドバイザーとして来日した今回、「今まで申し出を断っていたのは、家族に病人がいたからだ」「物理的に不可能だったり、自分が望んでいなかったりしたときも、常にオファーがあった」とAFPのインタビューで明かした。
1996年にアーセナルの監督に就任する前にはJリーグの名古屋グランパス(Nagoya Grampus)で指揮を執っていたことから、ベンゲル氏は日本代表を率いる話も浮上していたが、その可能性について問われると、「何でもあり得るだろう。私は日本にいるのが大好きだった。どのような可能性についても除外しない」と回答。来年早々にもベンチに復帰することを視野に入れているものの、具体的な行き先は決めていないという。
しかしながら、たとえそれがストーク・シティ(Stoke City)戦やボルトン・ワンダラーズ(Bolton Wanderers)戦のように、相手の本拠地がいてつくような雨の夜に見舞われる地域であっても指揮を執るのが懐かしいといい、「個人的には好きだった」「私もそうした地域(フランス北東部)の出身だから、雨の水曜日には慣れている。そう、あれは懐かしいね!」と語った。
「人々と触れ合い、同じ船に乗り、感情を分かち合い、勝ち負けを共有することが懐かしい」「自分は重圧に立ち向かうことがかなり得意なんだ。なぜなら、人生を通じてそうしてきたからね。だから、その状況が懐かしい」